発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ミノキシジルの効果と初期脱毛

ミノキシジルは、広く普及しているAGA治療薬です。

市販でもミノキシジル5%の外用薬であれば、購入できる治療薬となります。

今回はミノキシジルの作用機序や効果、副作用や注意点などについて、詳しく解説いたします。

ミノキシジル

ミノキシジルとは

薄毛治療に用いられる、ミノキシジルについて詳しくご説明いたします。

ミノキシジル

もともとは高血圧治療の薬

ミノキシジルは、血管を拡張させる作用があるため、もともとは高血圧の治療に用いられていました。

ミノキシジルを投与された患者に、多毛の症状が現れたことから、発毛剤としての治験が開始されたのです。

現在では、プロペシア・フィナステリド・ザガーロと並ぶ、代表的なAGA治療薬として普及しています。また、女性の薄毛治療にも用いられています。

血流を改善して発毛を促進する

ミノキシジルは、血管を広げる作用があるため、血流が良くなります。

血流が良くなると、毛細血管までしっかりと栄養を届けることができ、髪の毛に必要な栄養素が行き渡ります。

さらに、毛母細胞を活性化させるため、発毛効果が期待できるのです。

内服薬と外用薬がある

ミノキシジルには、内服薬と外用薬があります。内服薬は、一般的にはミノキシジルタブレット(ミノタブ)と呼ばれており、外用薬はドラッグストアや薬局などの市販で購入することが可能です。

患者様の頭髪の状態や健康状態を確認した上で、飲み薬または塗り薬のどちらが適しているかを医師が判断し、処方いたします。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの内服薬・外用薬は、基本的には成分が同じのため、現れる効果に違いはほとんどありません。

ミノキシジルは効果を感じられるまでに4〜6ヶ月ほど時間がかかるので、それより早い段階で効果の有無を決めるのは時期尚早と言えるでしょう。

特に頭頂部は他の部位と比べて血管が少なく、薄毛の原因となる血行不良が改善されにくいため、半年服用を続けても効果を感じられないこともあります。

血管を広げ血流をスムーズにする

ミノキシジルには、血管を拡張させる働きがあります。血管が広がることで、血流が良くなり、髪の毛に必要な栄養素や酸素を行き渡らせることができるのです。

この作用によって、AGAだけでなく、ほとんどの脱毛症に効果が期待できると考えられています。

効果を感じるのは3ヶ月〜半年後

ミノキシジルは、使用後すぐに効果がみられる薬ではありません。早い方で3ヶ月ほど、一般的には半年程度経ってから、効果がみられることが多いです。

治療を開始してから、なかなか効果を感じないからといって、自己判断で治療を中断するのは避けましょう。AGA治療は、継続することがもっとも重要です。

ヘアーサイクル

ミノキシジルの内服薬と外用薬の違い

ミノキシジルの内服薬と外用薬は、基本的には同じ成分が使用されているため、効果に違いはほとんどありません。

しかし、体内(血管)から成分が作用するか、体外(皮膚)から成分が作用するかによって、効果の現れ方には違いがあります。

ミノキシジルの内服薬・外用薬の違いについてみていきましょう。

内服薬(タブレット)は効果が高い分副作用のリスクも高い

ミノキシジルの内服薬は、体内から成分を取り入れるため吸収率が高く、効果もその分高まると考えられています。

ただし、高い効果が見込まれる分、副作用の生じるリスクも高まるのです。

そのため、ミノキシジルの内服薬は、必ず医師の診察・処方の上で服用するようにしてください。

外用薬は厚生労働省に承認されており内服薬は未承認

ミノキシジルの外用薬は、厚生労働省に承認されており、市販でも購入ができます。

それに対し、ミノキシジルの内服薬は、日本では承認されていません。ミノキシジルは、血管を拡張して血流を良くする働きがありますが、その分心臓に負担がかかってしまいます。

心タンポナーデや狭心症などにつながる可能性があり、副作用のリスクが高いため、日本では承認されていないのです。

しかし、ミノキシジルの内服薬が、AGA治療に高い効果を期待できることも事実のため、医師の判断によって、処方しているクリニックもあります。

ミノキシジルの内服薬は、使用すること自体が悪いのではなく、医師の診断や処方なしに使用することが危険なのです。

そのため、ミノキシジルの内服薬を、個人輸入の通販サイトなどで購入するのは避けましょう。

ミノキシジルの内服薬は、必ずクリニックで医師の診察・処方を受け、正しく使用するようにしてください。

ミノキシジルの使用方法

ミノキシジルの使用方法についてご説明します。

【内服薬】飲み方・飲み合わせ

ミノキシジルの内服薬は、2.5mg・5mg・10mgの3種類があります。 基本的には、はじめに2.5mgを処方されることが多いですが、副作用の観点から、まずは2.5mgを半分に割って服用してみるほうが良いでしょう。

半分に割ったミノキシジルの錠剤を、1日1粒(1/2錠)ずつ飲んでいき、経過を確認します。

なお、ミノキシジルの服用方法については、患者様の頭髪の状態やお身体の健康状態を確認した上で、医師が判断いたしますので、まずは当院までご相談にいらしてください。

なお、ミノキシジルの内服薬は、血圧を下げてしまう可能性があるため、降圧剤との併用は禁忌となります。

【外用薬】塗り方

ミノキシジルの外用薬は、基本的には1日2回塗布していただきます。頭頂部・生え際のM字部分など、抜け毛が気になる部位に塗り、軽く頭皮マッサージするのが良いでしょう。

入浴後は血行が良くなっているため、ミノキシジルを塗布するのにも良いタイミングといえます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの主な副作用についてお伝えいたします。

【内服薬】

・動悸
・息切れ
・むくみ
・体重の増加
・頭痛
・めまい
・肝機能障害
・初期脱毛
・全身の体毛増加

ミノキシジルの内服薬には、上記のような副作用のリスクが挙げられます。

心臓への負担が大きくなる可能性があるため、ミノキシジルの内服薬を使用する場合は、少量ずつ様子をみながら服用するようにしましょう。

なお、ミノキシジルの内服薬は、厚生労働省に承認されていないため、日本語の添付文書はありません。

初期脱毛について

ミノキシジルを使用してしばらくすると、抜け毛が増えることがあります。これを初期脱毛といいますが、古い髪の毛を新しい髪の毛が押し出し、ヘアサイクルが正常に戻る過程で起こる症状のため、過度なご心配は必要ありません。

初期脱毛は、基本的には2週間程度で落ち着いていきます。

ミノキシジルを使用できない人

・低血圧の方
・高血圧の方
・心臓疾患をお持ちの方
・甲状腺機能障害をお持ちの方
・高齢で持病があり通院している方
・妊娠中や授乳中の方

上記に当てはまる方は、ミノキシジルを使用できない場合があります。

初期脱毛

市販の外用薬は濃度5%までしか購入できません

ミノキシジルが含まれた外用薬は、ドラッグストアや薬局などの市販でも購入可能です。

しかし、市販の場合は、濃度5%までしか購入できません。

ミノキシジルを濃度を上げると効果は絶大ですが、市販ではミノキシジル濃度5%以下までしか購入できないため、ミノキシジル6%以上は個人輸入で入手することになります。

ミノキシジル

hagelink.jp

効果を感じはじめるまでに半年ほどかかります

ミノキシジルは、すぐに効果を実感できる薬ではありません。

薄毛の進行具合にもよりますが、早くても3ヶ月ほど、平均的には半年ほどで、効果を感じ始めることが多いです。

そのため、すぐに効果がみられないからといって、使用を中断するのではなく、最低でも半年程度はミノキシジルの使用を継続するようにしてください。

薄毛の種類

アルコールと同時に摂取しないようにしましょう

ミノキシジル使用時には、アルコールを摂取しないようにしましょう。

一時的に血圧が下がりすぎる可能性があります。

ミノキシジルと併用するさらに効果がでる薄毛治療法

薄毛治療に用いられる、ミノキシジルと併用するとさらに効果がある治療薬についてご説明します。

【男性】プロペシア

プロペシアは、もっともスタンダードなAGA治療薬といえます。

世界で初めてAGA治療薬として承認され、60ヶ国以上で用いられています。

服用してから3ヶ月〜半年ほどで効果を感じることが多いです。

ミノキシジルと併用することで、より高い治療効果が見込まれます。

【男性】フィナステリド

フィナステリドは、プロペシアの後発品(ジェネリック医薬品)です。基本的にはプロペシアとほとんど同じ効果が見込まれます。

AGA治療の費用を抑えたい方におすすめです。

【男性】ザガーロ

ザガーロはプロペシアに次ぐAGA治療薬といわれています。プロペシアでは効果がないタイプのAGAに対しても、効果が期待できるという特徴があります。

効果を実感するのは、服用開始から、半年〜1年ほど経ってからのことが多いです。

【女性】パントガール

パントガールは、髪の毛の育成に効果が認められた、世界ではじめての女性用薄毛治療薬です。安全性も高く、服用した多くの女性に発毛効果がみられています。

【女性】ルグゼバイブ

ルグゼバイブは、パントガールに馬プラセンタをはじめとする、美容成分を加えたサプリメントです。

女性の薄毛だけでなく、美肌にも効果が期待できます。

個人輸入で手に入れる方法

個人輸入できるAGA治療薬には主にフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルが配合された薬などが簡単に手に入れることができ、今や個人輸入で購入するのが安価で経済的な方法となります。

AGA個人輸入

homelink.web.fc2.com

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

AGA治療薬について

AGA治療薬とは、抜け毛・薄毛といったAGAの症状を改善する薬のことです。主に男性型脱毛症の治療に用いられます。

AGAは進行性の脱毛症であるため、治療をしなければ薄毛・抜け毛は進行し続けます。また、セルフケアや市販の育毛剤を試すだけでは症状を改善させることが困難です。

そのため、薄毛治療には、AGA治療薬が必要不可欠になります。

AGA治療薬の種類

AGA治療薬は男性型脱毛症の治療に用いられる薬のこと。

AGA治療薬は大きく以下の2種類に分けられます。

外用薬(塗り薬)

ミノキシジル

内服薬(飲み薬)

AGA治療薬

AGA治療薬の外用薬は、主に頭皮に塗布するタイプの薬です。ミノキシジルという、毛母細胞を活性化させることで発毛を促進する効果のある成分を用いたものが主流です。フィナステリドが含有されている製品もあります。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも含まれていることの多い成分ですが、医療機関で処方される外用薬とは含有量に大きな違いがあります。

内服薬

内服薬(飲み薬)には以下のような薬の種類があります。

・ミノキシジル
・フィナステリド(商品名:プロペシア)
・デュタステリド(商品名:ザガーロ)

AGA治療薬で代表的な薬は3種類

様々な種類があるAGA治療薬ですが、代表的な薬は以下の3種類です。

・ミノキシジル
・フィナステリド
・デュタステリド

それぞれの効果や副作用等、詳しく説明していきます。

【発毛促進・攻めの薬】ミノキシジルの効果や副作用

ミノキシジルは発毛を促進する「攻め」の薬です。ミノキシジルという成分には、毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促し、成長因子を出させる作用があります。そして血行が改善されることで、毛細血管から毛乳頭へ栄養を行きわたり、頭頂部や生え際の発毛が促進されるというメカニズムです。

ミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬「降圧剤」として世に出回った薬剤。しかし副作用で多毛症が見られたため、AGAの治療薬として応用された薬になります。

ミノキシジルは内服薬と外用薬の2種類があり、内服薬ではミノタブともいわれるミノキシジルタブレットが販売されています。外用薬に比べて、内服薬であるミノキシジルタブレットの方が体内への吸収率が高く、より高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用には以下のような症状が見られます。

・動悸

・息切れ

・むくみ

・体重の増加

・頭痛

・めまい

・肝機能障害

・初期脱毛

・全身の体毛の増加

ミノキシジルの効果がでるまでの期間

ミノキシジルの内服薬は3~4か月間ほど使用し続けると、髪が生えてきたと実感できるようになります。

【抜け毛予防・守りの薬】フィナステリドの効果や副作用

フィナステリドは抜け毛を抑える「守り」として使われるお薬です。国内で有名なフィナステリドの薬には商品名:「プロペシア」が挙げられます。

「AGAの治療を行いたい」という方に使用される事が多い薬です。

AGAはよく男性ホルモンが原因と言われますが、AGAの原因は直接的には男性ホルモンではなく、男性ホルモンが変化したDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質です。

男性ホルモンの「テストステロン」は5α還元酵素と結合することで、DHTというホルモンに変化します。

そして、このDHTは毛根の毛乳頭にある受容体に取り込まれ、髪の成長を止めるように信号を出し、AGAが引き起こされます。

フィナステリドは5α還元酵素の働きを阻害するため、男性ホルモンがDHTに変換されるのを防ぎ、抜け毛を防ぐ効果があります。

男性ホルモン

フィナステリドの効果が出るまでの期間

フィナステリドは効果が見られるまでに、2~3か月程の期間を要します。3か月以上内服しているにも関わらず、効果がまったく見られない場合には、薬を変更したり追加することが望ましいため、医師に相談をしましょう。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用には、以下のような症状が見られます。

・性欲減退

・勃起機能障害(ED)

・肝機能障害

これらの副作用が見られた人は1%未満であり、危険性は低いとされています。

【抜け毛予防・守りの薬】デュタステリドの効果・副作用について

デュタステリドもフィナステリドと同様、抜け毛を抑える「守り」のための薬です。デュタステリドの薬で有名なものは商品名:「ザガーロ」と呼ばれている薬です。

クリニックフォアで処方しているデュタステリドはザガーロと成分は同一のものです。

先の通り、抜け毛の原因とされる「DHT(ジヒドロテストステロン)」は男性ホルモンが変化して生じます。

この薬はフィナステリドと同様に、男性ホルモンが DHTに変化するのを抑える薬です。

しかし、デュタステリドはフィナステリドよりもDHTへの変化を抑える効果が高いです。

DHT への変化の原因となっている 5α還元酵素 (リダクターゼ)には I 型と II 型とが存在します。

フィナステリドは、Ⅱ型のみに阻害効果がありますが、それに対して、デュタステリドは I 型と II 型の両方に有効です。

そのためデュタステリドはフィナステリドよりも、効果が高いとされており1.6倍もの増毛効果が期待できるとされています。

フィナステリドとディタステリドの効果の違い

デュタステリドの効果が出るまでの期間

デュタステリドの効果がでるまでの期間は、2~3か月程。他のAGA治療薬と同様に、効果が現れるまでには個人差があります。

もしも半年以上飲んでも効果が出ない場合には、お薬が合っていない場合もあります。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用には、以下のような症状が見られます。

・勃起不全

・性欲減退

・精液量の減少

副作用の症状はフィナステリドと、ほとんど変わりありませんが、デュタステリドの方が発生頻度が高いとされています。

AGA治療薬の違いと選び方

AGA治療薬には、ミノキシジルのような「発毛を促進する効果 (=攻めのお薬)」、フィナステリドやデュタステリドのような「抜け毛を減らす効果(=守りのお薬)」という違いがあります。

攻めの薬と守りの薬を併用するのが効果的な使い方

先の通り、ミノキシジルは発毛を促進する「攻めの薬」であり、フィナステリドやデュタステリドは抜け毛を減らす「守りの薬」。

そのため、「ミノキシジルとフィナステリド」や「ミノキシジルとデュタステリド」の様に、それぞれの特性を生かして攻めの薬と守りの薬を併用してAGA治療を行うが効果的な使い方とされています。

AGA治療薬に関するよくある質問

Q. ミノキシジルだけを使っても効果はありますか?

A. あります。

ミノキシジルだけを服用しても、発毛効果は現れます。

しかしフィナステリドやデュタステリドの様な、抜け毛を減らす薬と併用して使うのが、より効果的です。

Q. ミノキシジルやフィナステリドを女性が使っても問題ありませんか?

A. ミノキシジルは問題ありません。しかし、フィナステリドは使用できません。

ミノキシジルは、女性が使用しても問題ありません。男性と同様に発毛効果があります。

しかしフィナステリドを使用することはできません。

特に、妊婦または妊娠している可能性のある女性や、授乳中の女性がフィナステリドを使用するのは禁忌とされています。

Q. ミノキシジルとフィナステリドの飲み合わせは問題無いのでしょうか?

A. 問題ありません。

ミノキシジルとフィナステリドを飲み合わせたとしても、双方の効果に影響は生じません。

むしろ、AGA治療の観点からいえば、非常に効果的であり、クリニックフォアでは、セットでの治療を推奨しています。

Q. フィナステリドと亜鉛を摂取すると発毛効果は上がりますか?

A. より高い効果が期待できます。

亜鉛やビオチンは髪の栄養に必須の成分とされています。これらが不足していると、フィナステリドなどお薬の治療を行っても、効果が十分に期待できない場合があります。

特に普段の栄養バランスに不安がある方は、サプリの併用をお勧めいたします。クリニックフォアのスカルプケアサプリでは、亜鉛・ビオチンなどの栄養素を補給することができるため、AGA治療での併用が推奨されます。

個人輸入

AGA治療薬は病院やクリニックなどの医療機関を受診し、処方箋をもらう必要があります。

また、AGA治療薬は継続することによって効果が表れますので、長期にわたり高額な費用がかかることから、治療を途中で断念してしまう人も少なくありません。

個人輸入

そこで、個人輸入で購入することにより、安価で入手することができますので、個人輸入はとても経済的だといえます。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

AGA治療費の相場

AGA治療にかかる費用についての疑問、低く抑える方法ついてお答えします。

AGA治療の相場

AGA治療費の相場

AGA治療の費用は、月額15,000〜25,000円が相場です。

年間にすると180,000円〜300,000円程度です。

AGAクリニックを利用した場合の大まかな内訳は以下のとおりです。

・初診料・再診料
・検査料(血液検査・遺伝子検査・マイクロスコープ)
・薬代
・その他オプション

初診料・再診料

初診料は無料〜5,000円、再診料は1,000〜3,000円と設定しているところが多いです。
検査料(血液検査・遺伝子検査・マイクロスコープ)

検査は初診時、もしくは半年〜1年に1回ごとに治療経過や副作用を確認するために行なわれます。

検査にかかる費用は1回5,000〜15,000円が一般的です。

薬代

AGA治療薬には内服液と外用薬でいくつか種類があり、薄毛の進行レベルに合わせて処方されます。

多くの方が最初に行う内服薬は、月当たり5,000円程度から10,000円程度です。

副作用のリスクを下げるために、効き目の穏やかで低価格の内服液から処方するのがスタンダードな方法です。

多くのケースでは、6カ月から1年の服用で効果が表れます。

クリニックを利用すると費用が毎月の負担が大きいこともあり、最近は薬代を抑えるために個人輸入を利用している人も多いです。

その他オプション

患者さんの状況や希望に基づいて、育毛シャンプー、サプリメント、メソセラピーやHARG療法などを受けた場合は費用が加算されます。

AGA治療の保険

AGA治療は自由診療のため、原則として保険は適用されません。

診察はもちろんのこと、検査や薬代も全て自己負担となります。

AGA治療クリニックではなく、一般の皮膚科でAGA治療を受ければ保険負担になると勘違いされている方が多いようです。

病院によって、同じ治療が保険診療科自由診療か変わることはありません。

AGA治療費は全額自己負担です。

AGA治療はどのように進めるか

大まかにAGAの進行具合と使用される治療薬の区分けを説明したのが以下の通りです。

格安を謳う薄毛クリニックでは、治療状況や副作用の状態を注意深く検討することなく治療ステージを上げていくようなクリニックもあるのでご注意ください。

薄毛進行度 治療薬 備考
予防 フィナステリド(内服薬) 代表的な薬:プロペシア
軽~中度  
デュタステリド(内服薬) フィナステリドが効かない人の脱毛抑制薬
ミノキシジル(外用薬)

内服液と併用されることが多い

市販品(リアップ等)も多い

中度 ミノキシジル(内服薬) ほぼAGA専門医でしか取り扱われない内服薬
メソセラピー 育毛に必要な成分を頭皮に注入する治療法
HARG療法 幹細胞から抽出された成長因子を頭皮に注入
再生治療 PRP療法・SDHG療法
重度 自毛植毛  

AGA治療の費用相場

AGA治療に用いる以下の薬、及び治療方法の費用相場を説明します。

一般的に下に行くほど、薄毛症状が重い場合に必要になり、費用も重くなります。それぞれの治療法の費用相場を説明します。

費用相場は下記の通りです。

内服薬

処方費用相場

(1ヶ月分)

個人輸入

プロペシア錠(フィナステリド系)

9,000〜12,000円

7,507円~

フィナステリド錠(プロペシアのジェネリック)

6,000〜7,000円

 2,892円~

ザガーロ錠(デュタステリド系)

9,000円〜12,000円

3,953円~

ミノキシジル

約10,000円~

4,376円~

オーダーメイド処方

AGA治療クリニックによっては、患者の症状や体質に適した薬を調合した「オーダーメイド処方薬」などで治療を行います。

1カ月当たり15,000円から30,000円程度のが相場です。

患者さんの体質とAGAの症状に合わせたオーダーメイド処方薬を使用するので、多剤処方治療よりも発毛効果があります。

外用薬

よく知られているのがミノキシジル外用薬で、月当たり15,000~18,000円が相場です。
外用薬は、内服薬と併用することでより効果が期待できます。

ミノキシジル外用薬は、日本皮膚科学会のガイドラインの中でAGA治療の効果が最高のAランクと評価されている薬です。

育毛メソセラピー

発毛・育毛に必要な成分を直接頭皮に注入する治療法が、育毛メソセラピーです。

使用する薬剤や病院によって異なりますが、1回あたりの料金は50,000~80,000円になります。

クリニックなどでは、内服薬の処方と育毛メソセラピーを併用することが多いようです。

詳細な方法はクリニックによって異なりますが、針を使って頭皮に注射する方法や、レーザーなどを使用して注入する方法などがあります。

毛髪再生用ペプチド化合物を注入することで、頭皮の血液循環を促進して毛嚢を再活性化させます。

1回 66,000円
4回 220,000円(1回あたり55,000円)

HARG療法

HARG(ハーグ)療法とは、幹細胞(万能細胞)から抽出された成長因子を直接頭皮に注入して発毛機能の再生を試みます。

薄毛や脱毛の範囲によって費用は変わりますが、頭全体的に行う場合の相場は1回約15万円です。

細胞自体を活性化して成長因子の分泌し続けるので、継続的な発毛効果が期待されます。

1回で終了の方もいますが、薄毛や抜け毛の症状によって、月に1回、半年程度を目安にする病院もあるようです。

細胞再生治療

再生治療は自分の細胞を利用し「治る力」を高めて薄毛治癒です。
細胞再生医療とは、自分自身の細胞を利用し、本来備わっている「治る力」を高めて治癒していきます。

費用相場は1回15万円程度です。

再生治療は、衰えていく毛包(髪の毛を作る部分)を救って寿命を長くします。

つまり、毛包があるのが前提の治療です。

毛包が完全になくなってしまう前にAGA治療を開始することが大切です。

代表的な細胞再生治療はPRPとSDHG

代表的な再生治療であるPRP療法は、血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用します。

PRPとは濃縮した血小板のことで、傷を治す力に長けています。

自分の血小板から採取した成長因子を、薄毛が気になる部分に直接注入します。

成長因子によって細胞が活性化し、ヘアサイクルの乱れを改善させ発毛を促します。

SDHG療法(自己真皮毛包細胞移植)もよく知られている細胞再生治療です。

自分の健康な有毛部の頭皮を採取し加工した細胞を頭部の気になる箇所に注入する再生医療です。

PRP毛髪再生医療を1回143,000円で提供しています。

SDHG療法は1回 4cm×4cmで330,000円です。

植毛治療

植毛は発毛や育毛が難しくなった箇所に髪の毛を移植する治療方法です。

自毛植毛1,000本が90万円~100万円、人工毛植毛1,000本が30万円ほどが相場になります。

薄くなっていない箇所の髪の毛を薄毛部分に移植する自毛植毛と、人工的に作られた髪を植える人工植毛があります。

移植する範囲や部位によって価格が大きく異なります。

また、自毛と人工毛で大きく費用が異なり、当然本数によっても変わってきます。

頭頂部や前頭部に1,000本くらい植毛するのが一般的なようです。

短期的に気になった部分の髪を増やせるのが、大きなメリットです。

自毛植毛は高確率で生着

「自毛植毛術」は、自分の後頭部の毛の組織を脱毛部に移植する治療法です。

自毛植毛の生着率が82.5%以上という研究報告が紹介されています。

ただし、植毛を受けるには移植するのに十分な毛量があることが大前提です。
植毛部位以外はヘアサイクルが乱れたままなので、手術後も周りの部分が薄毛になる可能性があることは植毛のデメリットでしょう。

人工毛はトラブルが多いので推奨されない

化学繊維で作られた人工毛を移植する人工毛植毛術は多くのトラブルのせいで、アメリカでは実施が禁止されています。

日本皮膚科学会も人工毛植毛術を行わないよう呼びかけていますが、厚労省は禁止していません。

危険性を考えた上で、治療法として選択するかを判断する必要があります。

AGA治療費を安く抑える方法

AGA治療は効果が出るまでに最低でも半年はかかる長期の戦いになるので出費がかさみます。

そこでAGA治療費を安く抑える方法を、下記の通りです。

・ジェネリック薬を使う
・個人輸入を行う

AGA治療のよくある後悔の原因は費用ですので、AGA治療を継続させるためには費用面をできるだけ安く抑えることがポイントになってきます。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

ヘアサイクルを改善する方法

毛髪はずっと伸び続けているのではありません。ある期間成長した後、自然に抜け、しばらくすると新しい毛髪が生えてきます。このサイクルをヘアサイクルといいます。

いま生えている大多数の毛髪は、成長期であり伸び続けています。

通常のヘアサイクルでは成長期が2~6年と言われています。

しかし、頭皮環境悪化や血行不良、毛根の活力低下などが起こるとヘアサイクルが乱れ、成長期が短縮し、毛髪が十分に成長しないまま未熟な状態で脱毛してしまうため、薄毛になるのです。

ヘアサイクル

AGAの毛周期

ヘアサイクルは毛周期とも呼ばれ、発毛と脱毛を繰り返しています。

通常は2〜6年の周期で生え変わりますが、ヘアサイクルが乱れると周期が早まり、100日前後で抜けるようになります。

ヘアサイクルが乱れる原因は、ストレスや生活習慣、季節などさまざまです。

ヘアサイクルの乱れは薄毛を招く可能性があります。

そのため、ヘアサイクルの乱れの原因を明らかにして原因を取り除くことが薄毛の予防・改善につながります。

ここからは、正常なヘアサイクルと乱れたヘアサイクル、それぞれの生え変わりの流れについて見ていきましょう。

正常なヘアサイクル

正常なヘアサイクル

正常なヘアサイクルは、次の周期で発毛と脱毛を繰り返しています。

・成長期(早期)
・成長期(中期)
・成長期(後期)
・退行期
・休止期

髪の毛は、早期〜後期の成長期を経て退行期を迎えます。

退行期は毛乳頭の活動が弱くなり、毛球部が徐々に小さくなる時期です。

やがて休止期を迎えて髪の毛の成長は止まり、脱毛して新たな髪の毛が生え変わります。

正常なヘアサイクルで休止期を終えた髪の毛は、ブラッシングやシャンプー時の軽い力で抜け落ちます。

日頃、ブラッシングなどで多少の髪の毛が抜けるのは自然な現象です。

乱れたヘアサイクル

乱れたヘアサイクル

悪玉男性ホルモンの影響を受けたヘアサイクル
乱れたヘアサイクルは、次の周期で発毛と脱毛を繰り返します。

・成長期(早期)
・成長期(中期)
・退行期
・休止期

ヘアサイクルが乱れていると、後期成長期を迎えず、中期成長期からすぐに退行期へと移行。髪の毛が十分に成長できず、100日前後の周期で抜けてしまうため、一本一本が細く柔かくなっていきます。

ヘアサイクルの乱れは薄毛を引き起こす可能性があります。

薄毛を改善・予防するためには、ヘアサイクルを正常に戻すことが重要です。

なお、AGAはヘアサイクルが乱れることによって抜け毛が進行する脱毛症の1つです。

ヘアサイクルが乱れると短く細い抜け毛が増える

細い毛

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛が健康的に成長できません。そのため、短く細い抜け毛が増えるようになったら薄毛のサインかもしれません。

薄毛が気になる方は、抜けた髪の毛の状態を確認しましょう。

抜け毛が短く細い、あるいは全体的に白っぽい場合は、ヘアサイクルが乱れているかもしれません。

また、通常髪の毛は1日あたり50〜100本ほど抜けます。

多少の抜け毛は自然なことなので心配する必要はありませんが、1日の抜け毛の量があきらかに多い場合もヘアサイクルが乱れている可能性があります。

抜け毛が増えた原因

抜け毛が増えた原因には、脱毛症が関係していることが考えられます。主な脱毛症とその症状は次のとおりです。

中でも、男性の抜け毛・薄毛の原因で多いのがAGAで、日本人男性の約30%はAGAを発症していると報告されています。

前頭部や頭頂部の髪の毛が以前より薄くなっている場合は、AGAを発症しているかもしれません。

治療方法は脱毛症ごとに異なります。そのため、自身で判断せずまずは専門医に相談することをおすすめします。

ジヒドロテストステロン(DHT)

DHT

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンの一種です。男性胎児の外性器の生成に関与する役割を持つ他、海馬の内部で合成され、認知力や記憶力にも関与することが知られています。

一方で毛根の受容体に作用すると、毛母細胞の働きを弱める力を持っており、AGAの原因として重要なホルモンでもあります。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が結合して生成されます。

AGA治療ではフィナステリドやデュタステリドを用いて5αリダクターゼの活動を抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を減らす治療が一般的です。

ジヒドロテストステロンを抑制する方法

ジヒドロテストステロンを抑制する方法には以下の3点が挙げられます。

・亜鉛の摂取

・ノコギリヤシの摂取

・フィナステリド・デュタステリドの服用

それぞれ詳しく解説していきます。

亜鉛の摂取

亜鉛はジヒドロテストステロンを促進する酵素である、5αリダクターゼへの抑制作用があると言われています。

そのため、結果的にジヒドロテストステロンの生成が抑制されるとされています。

しかし亜鉛は過剰摂取をすると、急性亜鉛中毒や胃障害、めまいを引き起こすため注意が必要です。サプリメント等を用いる際には、摂取量を必ず守るようにしましょう。

ノコギリヤシの摂取

AGAサプリにしばしば含まれるノコギリヤシも亜鉛と同様に5αリダクターゼの抑制作用があると言われています。

ノコギリヤシ自体は成分では無く、その名の通りヤシの一種です。ノコギリヤシに含まれるβシトステロールとオクタコサノールという成分が、5αリダクターゼへの抑制作用があるとされています。

イタリアで行われた研究では、ノコギリヤシを摂取した約38%の人に薄毛の改善傾向が見られたとされています。

亜鉛などと同様にサプリメントでも売られています。

フィナステリド・デュタステリドの投薬

AGAは進行性の疾患であるため、しっかりと予防するには、医薬品であるフィナステリドとデュタステリドでの治療をおすすめします。

フィナステリド、デュタステリドは、亜鉛、ノコギリヤシと同様、5αリダクターゼを抑制し、結果的にジヒドロテストステロンの生成を減少させる作用があります。

当然、フィナステリド・デュタステリドは医療用医薬品であるため、亜鉛やノコギリヤシとは効果は比べるべくもありません。

また、デュタステリドはフィナステリドよりもジヒドロテストステロンへの変化を抑える効果が高いです。

DHT への変化の原因となっている 5α還元酵素 (リダクターゼ)には I 型と II 型とが存在します。フィナステリドは、Ⅱ型のみに阻害効果がありますが、それに対して、デュタステリドは I 型と II 型の両方に有効であるため、デュタステリドの方がフィナステリドと比較して、約1.6倍の薄毛改善効果が期待できるとされています。

ヘアサイクルの乱れは季節的な抜け毛も考えられる

ここまで、抜け毛の原因として脱毛症を紹介してきました。

しかし、季節的な要因によってヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えることもあります。

夏に受けた紫外線ダメージが関係しているといわれていますが、詳しいことはわかっていません。

冬は空気の乾燥によって頭皮も乾燥しやすく、春先に抜け毛が増える可能性もあります。

そのほかの季節の変わり目でも、ホルモンバランスの変化などからヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えることがあります。

ストレスをうまく解消する

過度なストレスはホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こします。ホルモンバランスや自律神経の乱れは、ヘアサイクルが乱れる原因の一つです。

そのため、適度にストレスを発散させて、ストレスを溜め込まない生活を送ることが重要です。

ストレスの要因はさまざまですが、大きく心理的要因と社会的要因の2つに分けられます。心理的要因とは性格によるもので、社会的要因とは仕事や仲間など人間関係によるものです。

趣味に打ち込んだり、睡眠を取ったり、適度な運動を行ったりすることで、ストレスの解消が見込まれます。

そのほか知人や家族、医師などに悩みを相談するのも、ストレスを発散させる方法の一つです。

栄養バランスの整った食事を心がける

栄養バランスが崩れるとヘアサイクルの乱れにつながります。

特に脂肪分の多い食べ物を好まれている方の場合、髪の毛に悪影響を与えているかもしれません。

髪の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質の一種です。

ミネラルの一種の亜鉛にはケラチンを生成する役割があり、タンパク質やビタミン、アミノ酸などはケラチンの生成を促します。

栄養バランスの整った食事を心がけることで、通常のヘアサイクルに戻し、髪の毛の成長を促進することができます。

十分な睡眠をとる

髪の毛の成長ホルモンは睡眠時間に分泌されやすいと考えられています。

睡眠不足は髪の毛の成長を妨げる原因の一つです。血行不良を招いてヘアサイクルの乱れにもつながります。

ヘアサイクルを整え、髪の毛の成長を促すためには、最低でも6時間以上は睡眠時間を確保しましょう。

発毛剤を使用する

発毛剤を使用するのもヘアサイクルを正常に戻す方法の一つです。

発毛剤は頭皮の血行を促進し、頭皮や髪の毛に栄養を行き届きやすくする作用があります。

髪の毛の成長を促し、ヘアサイクルを整えることが可能です。

日本皮膚科学会のガイドラインにおいても、市販の育毛剤によってAGAが軽度以上改善した方の割合が全体の3割以上と、その有用性が示されています。

丁寧にシャンプーする

シャンプーの仕方が誤っていると、頭皮環境の悪化とヘアサイクルの乱れを招く可能性があります。

頭皮への刺激によってヘアサイクルが乱れている場合は、シャンプーを丁寧に行うことで改善できるでしょう。

爪を立てて力強く洗うのではなく、指のはらを使って優しく丁寧にシャンプーしましょう。熱すぎない程度の温度でたっぷりのお湯を使い、頭皮への刺激を減らします。シャンプー剤をしっかりとすすぐのもポイントです。

また、髪の毛が濡れた状態のまま自然乾燥させると、髪の毛・頭皮が過度に乾燥してダメージにつながります。シャンプー後はドライヤーを使って手早く乾かしましょう。

AGAによるヘアサイクルの乱れは早期の治療が大切

AGAはヘアサイクルを乱して、抜け毛・薄毛を進行させる脱毛症です。

AGAは進行性の疾患なので、自然に治るだろうと期待してはいけません。

放置すると徐々に薄毛が進行していく可能性があります。

また、髪の毛が生え変わる回数には限界があり、ヘアサイクルの乱れによって短期間で脱毛と発毛が繰り返されると、やがて若い年齢のうちから一部分の髪の毛が生えなくなります。

そのため、改善を目指すのであれば早期に治療を開始することをおすすめします。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

 

毛生え薬のミノキシジルを処方箋なしで個人輸入する方法

 ミノキシジルの個人輸入は、厚生労働省のルールを守って行わなければなりません。

そのルールの1つが、一度に輸入する量の上限です。

個人輸入

本来なら、外用剤や処方せん薬という分類により、輸入の上限が決まります。

しかし、ミノキシジルには、成分自体に特別な決まりがあるのです。

以下、引用文より詳しく解説します。

 

ミノキシジルの含有量が5%を超えるもの(劇薬)は用法・用量からみて1か 月分以内、また、含有量が5%以下のものは用法・用量からみて2か月分以内であれば、税関限りの確認で通関可能です。
この範囲を超える場合は、薬監証明の取得が必要です。
出典:医薬品等輸入手続質疑応答集(Q&A)について 

f:id:participantlink:20190527010003g:plain

ミノキシジル外用薬の輸入量上限

・ミノキシジルの濃度1%~5%の場合

輸入量の上限 2ヶ月分
60ml入りの商品に換算したときの本数 2本

・ミノキシジルの濃度6%以上の場合

輸入量の上限 1ヶ月分
60ml入りの商品に換算したときの本数 1本

厚生労働省では、5%を超えるミノキシジルローションを劇薬に指定しています。

劇薬や処方せん薬は、一度に個人輸入できる上限が1ヶ月分までとされているのです。

例えば、10%のミノキシジルローションはここに含まれます。

1%や5%のミノキシジルローションであれば、2ヶ月分まで購入できます。

ミノキシジルローションの基本的な用量・用法は、1日2回、1mlの塗布です。

つまり、1日分の用量は2mlなので、1ヶ月(30日)分で60mlとなります。

多くのミノキシジルローションは、1本の内容量が60mlです。

ミノキシジル10%の商品なら1本、5%以下の商品なら2本までを1回の輸入量が目安となります。

個人宅でないと届かない

個人宅でないと商品が届かない理由を解説します。

個人輸入は、あくまで「輸入した本人が自分のために使う」ということで許可されています。

届け先が法人になると、個人が輸入したとみなされないため、輸入が許可されないのです。

ただし、利用する個人輸入の業者によっては、郵便局留めなら対応しています。

郵便局留めは自分の住所と氏名を使い、郵便局で本人確認をして受け取る方法です。

郵便局で荷物を預かってもらうだけなので、届け先を法人にするのとは扱いが異なります。

個人輸入で入手した医薬品は、転売はもちろんのこと、ほかの人へ譲ることも禁止されています。

個人宅に届けてもらい、個人で利用することを示す必要があるのです。

自宅に届けたくない場合、郵便局留めが利用できる個人輸入の業者を選ばなければなりません。

ミノキシジルの詳細

ミノキシジルとは、壮年性脱毛症における発毛と脱毛(抜け毛)の進行予防の効果が認められています。

ミノキシジルに発毛効果があることが分かったのは、1979年のことです。

その後、1988年にアメリカで厳密な臨床試験を経て有用性が確認され、医薬品としての発毛剤が誕生しました。

これまでに、世界90ヵ国以上で承認され使われています。

ミノキシジルが効果を発揮する壮年性脱毛症とは、AGAとも呼ばれ、ヘアサイクルにおける初期成長期に男性ホルモンが作用し、後期成長期毛と呼ばれる太い毛に成長せず、そのまま後退期毛を経て、休止期毛になることを繰り返すことにより、毛髪が薄く見える状態になる症状を言います。

ミノキシジルは薬の名前ではなく、成分の名前です。

ミノキシジルはアップジョン社(現Johnson&Johnson社)が開発し、高血圧症治療の内服薬の成分として1979年からアメリカで使用され始めましたが、治療中の患者に多毛が認められたことから、改めて外用の発毛剤の成分として開発が進められ、ミノキシジル配合の発毛剤が医薬品として承認されました。

ミノキシジルには、正常なヘアサイクルに戻す作用があります。

 

f:id:participantlink:20190725004521j:plain

ミノキシジル錠剤化のミノキシジルタブレット

血行促進効果があるミノキシジル、このミノキシジルを錠剤の形で固めたものをミノキシジルタブレットと呼んでいます。

ミノキシジルタブレットには2つのタイプの錠剤があります。それぞれの錠剤の違いはミノキシジルの配合量で、5mg配合のものと、10mg配合のものの2つが存在します。

ミノキシジルタブレットでのミノキシジルの服用量は1日10mgまでと規定されており、10mgの錠剤を用いることで最大限の量のミノキシジルを摂取することができます。

したがって、5mgと比較すると、10mgの方が効果も高いと言われています。

ただし、後述しますが価格も5mgよりも10mgの方が高くなっています。

海外からの個人輸入の値段

ミノキシジルタブレットですが、実は日本の法律では市販することが認められていません。

理由は詳しくは後述しますが、ミノキシジルタブレットにはさまざまな副作用が報告されているためです。

とはいっても優れた発毛効果を持つミノキシジルタブレットを服用したいというのは薄毛で悩む人の切なる願いでもあります。

ではどのようにこのミノキシジルタブレットを入手するのかというと、AGAクリニックのような薄毛治療専門のクリニックを受診すると、医師から処方してもらうことが可能です。

ただ、AGAクリニックを受診すると、投薬治療だけでも、月数万円近い費用が掛かる場合もあります。このような費用負担を許容できない人は別のルートでミノキシジルタブレットを手に入れています。それが個人輸入という方法です。

個人輸入と言うのはその名の通り、個人で育毛剤を輸入する方法です。

ミノキシジルタブレットは日本の薬局やドラッグストアでは販売が法律で禁止されていますが、海外のドラッグストアなどでは普通に販売されており、購入に医師の処方箋も必要ありません。

このようなミノキシジルタブレットが販売されている海外でミノキシジルタブレットを購入し、国内に持ち込んでそのミノキシジルタブレットを服用するというのが個人輸入です。

だからと言って、自分自身が海外に行く必要はありません。現在は個人輸入を代行する業者が多数存在しており、インターネットサイトを通じて個人輸入の代行を請け負ってくれているのです。

個人輸入代行サイトでミノキシジルの値段をチェックすると、その価格は5mgが100錠で2,980円、10mgが100錠で3,380円となっています。

ミノキシジルタブレットを処方してくれる代表的なAGAクリニックの料金は5mgが28錠で7,840円、10mgが28錠で9,900円です。

価格面では圧倒的に個人輸入に分があるのは明らかです。

oneclck.net

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

髪の毛の生え際を復活させる方法

人の印象を左右するのが生え際です。

見られやすい部分だからこそ、なんとかしたいと悩む方は多いと思います。

M字ハゲ

ここでは、後退してきた生え際への対処方法について解説していきます。

生え際の発毛は、頭頂部の発毛より難しいと言われています。

なぜ生え際の発毛は難しいかというと生え際の後退は放置すると進行するばかりだからです。

だからこそ、生え際の発毛が難しい原因や後退する原因を知り、正しいケアをすることが改善への近道です。

5αリダクターゼが多い

f:id:participantlink:20190617143301p:plain

AGAを発症すると、前頭部と頭頂部にその症状が現れやすくなります。

そもそも、AGAの原因物質であるジヒデロテストステロン(DHT)を生成するのには、5αリクターゼが影響しています。

5αリクターゼには、実はⅠ型とⅡ型の2種類があり、Ⅱ型5αリクターゼがジヒデロテストステロン(DHT)を生成すると言われています。

この5αリクターゼは、Ⅰ型は側頭部・後頭部に、前頭部から頭頂部にはⅠ型とⅡ型が存在しています。

ヘアサイクルを乱すⅡ型5αリクターゼが存在するのは前頭部から頭頂部にかけてであり、特に生え際には頭頂部の約2倍の高濃度のⅡ型5αリクターゼがあるといわれています。

そのため、生え際は特に5αリダクターゼの影響を受けやすく、ジヒドロテストステロン(DHT)によって毛母細胞は増殖が抑えられ、髪の毛の成長が止まってしまうのです。

血管が少ない

f:id:participantlink:20190617143419p:plain 

生え際は、頭頂部や後頭部に比べて血管が少ない場所になります。

血管は血液を運び、その血液によって栄養が運ばれます。

もともと血管が少ない生え際というのは、血行が悪くなるだけで栄養不足になりやすいのです。

栄養不足になった部分の髪の毛は細く薄くなっていきます。

そのため、生え際は発毛がしにくいのです。

皮膚が固くなりやすい

生え際は、顔の皮膚に近い場所です。

そのため、顔の表情の影響を受けやすくなります。

顔の表情が緊張すれば頭皮も硬くなりやすく、血行が悪くなります。

血行が悪ければ髪の毛への栄養は不足し、発毛がしづらくなります。

後退した生え際を発毛させる方法

後退したように見えても産毛が残っていれば発毛させる方法はあります。

まずは有効成分フィナステリドが配合されている内服薬と、有効成分ミノキシジルが配合されている外用薬を使用したAGAの基本の治療を行います。

ただし、頭頂部よりその効果は出にくいので時間がかかることを忘れてはいけません。
継続することが大切です。

長い期間をかけても内服薬・外用薬のみでは期待する効果が出なかった場合は、治療薬に加えて頭皮を改善するために頭皮メソッドを行っていきます。

血行が悪くなった硬い頭皮をケアすることは、栄養を行き渡らせるためにも大切です。

また、乱れた生活環境や食生活を改善することで、血液をサラサラにし、栄養が運ばれやすい血液を作り出すことができます。

食事だけでは摂りきれない栄養素はサプリメント等を使用すると効果的です。

治療薬

治療薬で使われる有効成分フィナステリドとミノキシジルですが、内服薬としておすすめするのはフィナステリドです。 

f:id:participantlink:20190617145907j:plain

フィナステリド

フィナステリド(プロペシア)は、5αリダクターゼを抑制する効果があります。

そのため、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されなくなります。

ミノキシジル

もともと血圧降下薬なので、動悸をはじめ、胸の痛み、むくみ、赤ら顔、体力の低下、性欲の減退、体毛の増加等の副作用がリスクが多少あります。

有効成分ミノキシジルが配合された外用薬は市販もされていますが、経口するミノキシジルタブレットの販売は認可されていないので、入手方法としては個人輸入を行うことで入手可能です。 

発毛剤

毛母細胞に作用し、脱毛後に新しく発毛させることを目的としているのが発毛剤です。

ミノキシジルは血管拡張作用のある成分です。

そのため、外用薬として使用することで頭皮の血行を良くし、毛根まで髪の毛の成長に必要な栄養を行き渡らせる効果があります。

髪の毛は毛母細胞の分裂によって発毛します。

細胞分裂は十分な栄養がないとできません。

栄養をしっかり届けることで、細胞分裂による成長を促します。

フィナステリドと併用することでさらにその効果はアップします。ただし、AGA発症から長期間経過してしまうと毛根自体が死んでしまうため、効果が出せない場合もあります。

これらを組み合わせることで、より効果的に毛根に働きかけ、発毛効果を短期間で実感できるようになるのです。

生活改善

生活を改善することは、髪の毛だけではなく、体の健康にとっても大切なことです。
ゴールデンタイムにはしっかり睡眠をとり、適度な運動をしてストレスを発散させる等意識することが大切です。

あわせて、食べ物や使用するシャンプーに気をつけ、頭皮マッサージを取り入れていくとより効果的です。

食べ物 

タンパク質が多い食べ物を摂ることが大切です。

特にイソフラボンにはジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する効果もあるので大豆製品は積極的に摂取するとよいです。

また、肉にはタンパク質も多く含まれるのですが、脂肪も多いのでできるだけ控えるべきです。

魚や海藻、野菜を多く摂ってミネラルもしっかり補給し、髪の毛に良いとされる亜鉛を多く含んだレバーや牡蠣もバランスよく食べることが大切です。

また、どうしても不足してしまう栄養分についてはサプリメントを活用すると効果的です。

シャンプー

頭皮を守るためには適度な皮脂が必要です。

洗浄力が高すぎると必要な皮脂を落としてしまう可能性があります。

しかし、洗浄力が弱すぎると頭皮を清潔に保てなくなる場合もあります。

おすすめなのが「アミノ系洗浄成分」です。アミノ酸は、人間の皮膚や筋肉、そして髪の毛を構成しているタンパク質の主な主成分です。

人の体に対してとてもよくなじみ、髪の毛や頭皮への刺激が強くなく、適度なうるおいを残しつつ、ダメージ補修効果も望めると言われています。

また、髪の毛を洗う際には頭皮を十分にすすぐことがポイントです。

頭皮マッサージ

頭全体をマッサージすることによって、頭皮にある毛細血管を刺激して血行を良くし、硬くなりやすい頭皮を柔らかくしてきます。

丁寧にマッサージをすることによって毛穴に詰まった皮脂汚れを押し出すこともできるので、入浴時などに行うとより効果的です。

また、頭皮をマッサージし毛根を刺激することによって、毛乳頭が栄養を取り込みやすくなるため、ヘッドスパもおすすめです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

 

ダーマローラーによる育毛効果

現代において、今や男性だけではなく女性にも挙げられる「薄毛」の悩みです。

男性はハゲてゆくイメージが強いのに対し、女性はハゲるというより、ボリュームが無くなり、透けていくというイメージがあるといわれています。

そこで「ダーマローラー」の登場です。

女性の方はご存じかもしれませんが、コロコロ転がして使用する道具です。

主に美容目的で使われるのですが、実はこちらの道具、発毛にも効果的です。

そんなダーマローラーとはどのようなものか、詳しい使い方や発毛のメカニズムをご紹介します。

ダーマローラー

ダーマローラーとは

ダーマローラーとは、別名「マイクロニードルローラー」とも呼ばれ、極細の針がたくさんついたローラーのことです。

発毛クリニックでも使われる育毛メソセラピーで、ご自身で出来ますが一応は医療行為となります。

ダーマローラー

美肌目的として使用されるダーマローラーは、皮膚の生成を促す治療法に用いられるため、深い層まで針が届くように0.5mm~2.0mmほどの長い針が使用されています。

しかしながら、発毛用のダーマローラーはそこまでの長さは必要ありません。頭皮に刺激を与えるだけでよいため、約0.25mm~0.5mmの長さで十分です。それにより、頭皮へのダメージも少なく、痛みもほとんどありません。

穴は2〜3時間程度で自然に塞がります。

ダーマローラーで生える仕組み

ここではダーマローラーが育毛発毛に有効な仕組みを教えます。

ダーマローラー

バリア機能を突破できる

実は、発毛クリニックで使う薬剤も市販の発毛剤もミノキシジルの成分が入ったもので根本の効果は一緒です。

では、何故効果に違いが出るのか。

それはバリア機能を突破出来るか出来ないかが関係してきます。

頭皮のバリア機能は、一般的には角質層と言われておりますが、この角質層が外部からの刺激をブロックしているので、毒素を体に取り込まずに生きていけます。

しかし、逆に言えばバリア機能があるからこそ育毛成分が入っていかないのです。

それをダーマローラーを使って物理的に突破すれば、単純な理論で発毛ができるのです。

頭皮本来の再生能力が活性する

そもそも髪の毛が育つのは、毛根部にある毛母細胞が主体となっており、皮膚への刺激は細胞の活性化に繋がります。

ダーマローラーのもう一つの効果として、ダーマ―ローラーを使い毛母細胞を刺激するだけじゃなく傷付いた箇所を修復しようとする回復機能を使って発毛させています。また、髪が生える3つのサイクル「毛周期」は、下記のとおりです。

ヘアーサイクル

成長期

毛が成長する時期。消失していた毛母細胞が再形成され、毛が一定の速さで成長し続けます。

期間は2~6年、髪全体の約90%です。

退行期

成長期が終わる頃になると、毛の本体である毛母細胞の働きが低下し、休止期に入る準備を始めます。

期間は1~1,5ヶ月、髪全体の約1%です。

休止期

毛の成長が止まった時期。すぐに抜け落ちるのではなく、しばらく毛包にとどまり、やがて自然に抜け落ちていきます。

期間は4~5ヶ月、髪全体の約10%です。

 

薄毛に悩んでいる方は、抜けていく髪に対してケアをされている方が多いことでしょう。

しかし、抜けていく髪は全体の約10%の休止期(成長が止まっている髪)なので、何もしなくても自然に抜けていきます。

従って、注目してほしいのは、残り約90%の成長期にある髪です。

正常な人の成長期は2~6年なのに対して、薄毛に悩む人の成長期は数ヶ月~1年です。これが、頭皮の薄くなる原因なのです。

ダーマローラーとは、サイクルを正常な状態に整え、発毛に効果的な方法です。

自宅でできるダーマローラーの使い方

ここでは、ダーマローラーの使い方を紹介します。

手順は、下記の3ステップです。

それでは、詳しくみていきます。

ステップ①ダーマローラーを消毒

ダーマローラーとは、頭皮を傷つけて発毛する方法です。

頭皮から雑菌や体液などの侵入を防ぐため、ダーマローラ―を使用する際にはしっかりと消毒(除菌洗浄)を行います。

洗浄方法は、消毒用アルコールにダーマローラーを浸しておくだけです。

なお、消毒用に使うアルコールは60%以上の濃度のあるものを使います。

ステップ②発毛したい部分に当ててコロコロ

ダーマローラーの使用方法は簡単です。

1、髪を洗い、頭皮の汚れを落とします。
2、軽くタオルドライをして、髪が濡れた状態のままにしてください。
3、ダーマローラーを気になる箇所に当て、同じ速度と圧力を維持しながら前方向に回転させます。

以上です。

なお、使い方は簡単ですが、注意点が2つです。

1つ目は、前方向にのみ動かすことです。

理由は、向きを変える瞬間に肌を傷つけてしまう可能性があるからです。

従って、前後にコロコロするのではなく、前方向にのみ動かしてください。

そして2つ目は、1か所につき約10回ということ。必要以上に行うと、逆に肌を傷つけてしまう恐れがあるからです。

上記の2点に気をつけて、正しく発毛しましょう。

ステップ③育毛薬を患部に塗ってマッサージ

ダーマローラーの使用が終わりましたら、発毛剤を塗布し、有効成分が浸透するように軽くマッサージをします。

ミノキシジル

使用する発毛剤は、ミノキシジル15%以上がおすすめです。

その理由は、下記の4つが挙げられます。

・血管拡張による血行促進が高い
・休眠している毛を活性化し多く発毛できる
・毛包細胞の増殖効果が高い

マッサージの際は、指の腹を使って頭皮全体を押し込むようにするのがポイントです。

約30秒行い、ミノキシジルを浸透させます。

以上が、発毛に効果的なダーマローラーの使い方です。

hagelink.jp

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

 

AGAは本当に治るかどうか

成人男性のうち3人に1人が悩まされるAGAは、デリケートな話題であるため、他者との情報交換や受診に対して抵抗がある人が多いのが現状です。

そこで今回は、AGAの発症のメカニズムや原因、治療法、セルフケアについて解説していきます。

「最近髪が抜けてきた」「髪のボリュームが少なくなった」など、髪に関する悩みを抱えている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で、男性型脱毛症とよばれるものです。

成人の男性に発症する脱毛症であり、20代以降の男性3人のうち1人がAGAを発症するといわれています。

AGA

ここでは、AGAの症状や発症のメカニズム、原因について解説していきます。

AGAでは、生える髪の毛の量よりも抜ける髪の毛の量の方が増えるため、上記のような症状を感じたらすでにAGAが進行している状態であることがあり、注意する必要があります。

また、AGAのタイプは進行の仕方から、額の生え際から進行する「M字型」、頭頂部から進行する「O字型(Vertex)」、前頭部全体から進行する「U字型(a)」の3タイプに分けることができます。

そして、AGAの進行度合いを評価する際には「ハミルトン・ノーウッド分類」というツールが用いることができます。

AGA進行パターン

ハミルトン・ノーウッド分類では、AGAの進行が13段階に分けることができます。

AGA進行パターン

・Ⅰ型    額の生え際が後退しはじめ、薄毛が見られる

・Ⅱ型    Ⅰ型がさらに進行した状態 額の生え際が後退し、切れ込みが深くなる

・Ⅱ型a    Ⅰ型がさらに進行した状態 額の生え際と切れ込みが共に後退する

・Ⅱ Vertex型    Ⅱ型の進行に加え、頭頂部にも薄毛が見られる状態

・Ⅲ型    Ⅱ型がさらに進行した状態 額の生え際の切れ込みがさらに深くなり、前頭部に髪の毛が残る状態

・Ⅲ型a    Ⅱ型がさらに進行し、額の生え際と切れ込みが全体的にさらに後退し、前頭部も薄毛になった状態

・Ⅲ Vertex型    Ⅲ型に加え、頭頂部にも薄毛が見られる状態

・Ⅳ型    Ⅲ型よりさらに額の生え際が後退し、頭頂部に薄毛が見られる状態

・Ⅳ型a    Ⅲ型よりさらに前頭部が後退し、薄毛の頭頂部と繋がる状態

・Ⅴ型    Ⅳ型がさらに進行し、額の生え際が頭頂部に向かい進行し、頭頂部の薄毛の範囲が広がった状態

・Ⅴ型a    Ⅳ型がさらに進行し、額の生え際と頭頂部が繋がり、薄毛の範囲がさらに広がった状態

・ⅤⅠ型    後退した額の生え際と頭頂部の薄毛が繋がり、側頭部と後頭部に髪の毛が残っている状態

・ⅤⅡ型    ⅤⅠ型がさらに進行した状態 側頭部にも薄毛が進行し、後頭部も襟足に近い部分に髪の毛が残っている状態

日本人は、生え際に加えて頭頂部の薄毛が進行しやすく、頭頂部の抜け毛が増えてきた・つむじが広がってきたという方は要注意になります。

AGAパターン

AGAのメカニズム

ヘアサイクル

AGAの発症には、男性ホルモンとヘアサイクルという2つの要素が影響しています。

ヘアサイクルは「毛周期」ともよばれ、髪の成長の周期のことをあらわします。

通常のヘアサイクルは1,000~2,000日程かけて1周することがわかっており、次の3つの期間にわかれます。

・成長期(2~6年):髪の毛が最も活発に育つ時期

・退行期(2~3週間):髪の成長が止まり、細胞の自然死により毛包が退縮する

・休止期(3~4ヵ月):毛包の活動が停止する

AGAでは、このヘアサイクルが極端に短くなってしまいます。

その原因は「DHT」という物質にあります。

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが体内の酵素によって生まれ変わってできた物質ですが、DHTが男性ホルモン受容体と結合すると、髪の成長を止めたり抜け毛を起させたりする脱毛因子が増加してしまうことがわかっています。

このように、DHTがヘアサイクルを乱してしまうことが、AGA発症のメカニズムです。

AGAメカニズム

薄毛になる原因

AGAの原因には、男性ホルモンバランスの乱れ以外に、遺伝やストレス、生活習慣の乱れなども関係していると考えられています。

まず、遺伝についてです。

AGA遺伝

AGAの原因となる「5αリダクターゼ活性度」「男性ホルモン受容体感受性」のうちどちらか一方、あるいは両方を親から引き継いだ場合、AGAを発症する確率が高くなることがわかっています。

特に、母方の親族にAGAの人がいる場合は、その遺伝の影響を受けやすいことが明かになっています。

ストレスや生活習慣に関しては、今のところ直接的なAGAの原因であるというエビデンスは明らかになっていませんが、ストレスによる頭皮環境の悪化がAGAに影響しているのではないかと考えられています。

AGAのセルフチェック

AGAセルフチェック

AGAのセルフチェック方法をご紹介します。

・10個の項目にいくつあてはまるかチェックしてみましょう。

・枕元やシャンプー時の抜け毛が増えた

・産毛のような細い髪が増えた気がする

・同年代の人と比べて自分は髪が少ないと感じる

・前頭部の生え際が後退しているように感じる

・頭頂部やつむじ地肌が見える

・脂っこい食べ物が好き

・ストレスが多い

・睡眠不足である

・タバコを吸う

・親族(特に母方の家系)に薄毛の人がいる

あてはまる数が多ければ多いほど、AGAの可能性が高まります。

少しでも当てはまったら、どんどん薄毛が進行してしまいますので、すぐに治療を開始してください。

初期の段階で対策できたら、症状の進行を抑えられる可能性があるからです。

AGAは早期発見・早期治療によって進行を止めたり遅らせたりすることができます。

ここからは、一般的なAGAの治療法について解説していきます。

内服薬治療方法

AGA治療の代表的なものに、内服治療があります。

「フィナステリド・デュタステリド」は、世界60ヵ国以上、日本でも厚生労働省に認可されている唯一のAGA治療薬です。

有効成分であるフィナステリドが、5αリダクターゼという薄毛を促進する物質の働きを抑えこみ、薄毛や抜け毛を予防する効果があります。

効果を実感するまでには時間がかかることがありますので、最低でも6カ月間程度、毎日内服を継続します。

メカニズム

患部に塗布する治療方法

外用薬も、AGAの治療にはよく用いられます。

代表的なものに、「ミノキシジル」があります。

ミノキシジルは、ヘアサイクルの初期である成長期及び休止期に作用し、ヘアサイクルを正常に戻す働きがあります。

また、血管を拡げ血流を改善する作用もありますので、髪にしっかりと栄養分がいきわたるようになります。

臨床実験により発毛効果が実証されており、国からの認可も受けているため、安心できる治療法です。

ミノキシジル

HARG療法

AGAの治療法には、HARGカクテルという薬剤を頭皮に直接注入し、髪の成長力を高めるHARG療法もあります。

薬物治療との大きな違いは、一定期間にわたって治療を受けることにより、自然に髪が生えること。

HARGカクテルが発毛組織に働きかけ、ヘアサイクルを正常化し、髪の成長を促してくれます。

また、HARGカクテルは髪の成長に欠かせないビタミンBやシステインなどの成分も配合しているため、発毛作用も期待できます。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーでは、薄毛や抜け毛に有効な成分を配合した薬剤を頭皮に直接注入することで、発毛を促していきます。

内服薬治療との併用により、効果を実感するまでの期間が短縮化できることがわかっています。

持病や副作用などにより内服治療に適さない人でも受けられるのも嬉しいポイントです。

・パピュール法

・ナパージュ法

・ダーマローラー法

・ノーニードル法

・フラクショナルレーザー法

の5つにわかれます。

植毛

植毛もAGA治療のひとつの選択肢です。

植毛には、自分の髪を移植する「自家植毛」と、人工の毛を移植する「人工植毛」の2種類があります。

自家植毛のメリットは次のとおりです。

・拒絶反応や炎症が起こりにくい

・メンテナンスを繰り返す必要がない

・仕上がりが自然

一方、自家植毛のデメリットは次のとおりです。

・費用が高額となりやすい

・発毛を実感できるまでに時間がかかる

・頭皮に傷が残る

また、人工植毛には、髪が生えてくるまで待たなくてよいためすぐに理想の髪型が手に入れられる、コスパが良いなどのメリットがある反面、皮膚トラブルを起こしやすかったり不自然な仕上がりとなってしまったりといったデメリットもあります。

自分の予算や理想の髪型に合わせた植毛方法を選択することが重要です。

AGAの治療法について解説してきましたが、AGAの進行を食い止めるための薄毛対策についても少し解説します。

副作用を理解した上で治療する

AGAには立派な治療法が確立されていますが、副作用もあります。

副作用の症状と、副作用出現時の対処法について正しく理解しておくことが重要です。

内服薬の場合、次のような副作用が起こる可能性があります。

・性欲減退

・勃起不全

・肝機能障害

・倦怠感

・食欲不振

内服中に副作用の疑いがある症状が出現した場合には、服用を中止し医師の指示を仰ぎましょう。

外用薬の場合の副作用は次のとおりです。

・かぶれ

・フケ

・赤み

・かゆみ

皮膚にアレルギー症状が起こる可能性があります。特に、治療を開始したての時期は注意が必要です。

AGAの治療費相場

AGAの治療では、継続することではじめて最大限の効果が得られます。

予算を踏まえ、継続できる治療法を選択しましょう。

それぞれの治療法にかかる費用の相場は次のとおりです。

・内服治療:月に10,000円程度

・外用薬治療:月に20,000円程度

・育毛メソセラピー:20,000円~50,000円程度

・自家植毛:100グラフト100,000円程度(総額500,000~1,000,000円になることも)

・人工植毛:100グラフト50,000円程度(定期的なメンテナンス費用も必要)

まずは、手の出しやすい内服や外用薬治療からはじめて、効果が不十分であった場合に他の治療法へとステップアップしていってください。

※AGA治療薬は個人輸入をすることで費用を抑えることが可能です。

AGA治療薬個人輸入

AGA個人輸入

個人輸入(輸入代行者)のAGA治療薬にはメリットが多くあります。

AGA治療薬に関するウェブサイトが数多く運営されているのは、こうしたメリットに魅力を感じている人が大勢いるからです。

インターネット上ではAGA治療薬のメリットが非常に強調されることがありますが、バランスの取れた見方が必要です。 ではどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

価格が安い

個人輸入(輸入代行者)のAGA治療薬でもっとも魅力的なのは価格でしょう。 クリニックで処方されるAGA治療薬は高価なことも多く、通院し続けるのが困難と感じることもあります。

しかし、AGA治療薬は半年や1年、さらにはそれ以上続けていくことがとても重要です。

髪の毛が生え変わるサイクルに影響を与えるAGA治療薬の場合、かなりの期間使い続けることが奨励されています。

長期間にわたって服用し続けるため、できるだけ低価格なAGA治療薬を探している方も少なくありません。そんな方にとって個人輸入(輸入代行者)の安価なAGA治療薬は大きなメリットがあるといえるでしょう。

誰にも会わずに購入可能

個人輸入(輸入代行者)のAGA治療薬の別のメリットは、誰かと顔を合わせることなく購入することができるという点です。

薄毛に悩んでいる方にとって、これは意外と重要なポイントかもしれません。 医師や受付の人と会わなければならないというだけでもストレスを感じる方は少なくありません。

そういった方にとっては、スマホやパソコンですべてが完結する個人輸入(輸入代行者)は非常に便利です。

しかも時間もかからないという利点もあります。

クリニックでAGA治療薬を入手する場合、クリニックの予約を入れ、医師の診察を受けるなどのプロセスがあります。

仕事をしている方であれば、クリニックに行くのが難しいこともあるでしょう。

しかし個人輸入(輸入代行者)のAGA治療薬であれば、パソコンやスマホから注文すれば後は自宅に届くのを待つだけです。

医師の処方箋が不要

あまり知られていないポイントですが、AGA治療薬は本来医師の処方箋がなければ入手できない薬です。

しかし医師から処方箋をもらうためにはクリニックに通院しなければなりません。

時間もかかりますし、そもそも医師がAGA治療薬を処方してくれるかどうかも定かではありません。

個人輸入(輸入代行者)であれば、処方箋がなくてもAGA治療薬の購入が可能です。

面倒くさいステップを踏まなくてもよいため、人気の購入方法です。

頭皮は清潔に保つ

自分でもできる薄毛対策に、頭皮の清潔を保つことがあげられます。

余分な皮脂や汚れは脱毛の原因となってしまいますので、毎日シャンプーを使って地肌をしっかりと洗うように心がけましょう。

その際、地肌を傷つけないように、爪ではなく指の腹で洗うことを心がけてください。

薄毛対策のためには、正しい方法で髪を洗い、頭皮を清潔な状態に保つことが大切です。

ここでは髪の洗い方について、シャンプーの前のケアから、髪を乾かすところまでの、基本な髪の洗い方を解説します。

正しい髪の洗い方

ブラッシングで汚れを浮き上がらせる

髪を洗う前はクッション部分のついたブラシで、頭皮をマッサージするように髪を梳かしましょう。シャンプー前のブラッシングには、下記のようなメリットがあります。

・ホコリや砂など大きな汚れをあらかじめ取り除く

・髪の絡まりをほどいて洗髪中の摩擦を防ぐ

・頭皮の皮脂や汚れを浮かび上がらせる

大きな汚れは事前に落とし、マッサージで汚れを浮かび上がらせることで、シャンプー中の頭皮と髪へのダメージを防ぐ役割があります。

ぬるま湯でしっかり予洗い

シャンプーの前には、37度前後のぬるま湯で、髪と頭皮をしっかり予洗いしましょう。時間は3分程度が目安です。 実は予洗いをしっかりやれば、それだけで頭皮の汚れの7~9割は落とせてしまいます。事前に汚れを落とせれば、シャンプーの時間を短くしながら、しっかり汚れを落とすことも可能です。

シャンプー液はよく泡立ててから使う

シャンプー液はそのまま頭皮に付けるのではなく、よく泡立ててから使います。 手に出したシャンプー液に水を少し加え、空気と混ぜるようにして泡立てましょう。なお髪が短い場合、半~1プッシュが適量です。 液体のまま付けてしまうと、汚れ落ちが悪いだけでなく、頭皮に負担がかかり、さらにすすぎの時間も長くなってしまいます。

指の腹で頭皮をマッサージするように洗う

しっかり泡立てたシャンプー液で、頭皮をマッサージするように優しく洗います。このとき、爪ではなく指の腹を使うのがポイントです。 また、シャンプーは“頭皮”を洗うことが目的です。

・後頭部:耳の後ろから襟足まで

・側頭部:耳の上からこめかみまで

・頭頂部:つむじ周辺

・前頭部:生え際周辺 上記のブロックを意識し、洗い残しのないようにしましょう。

シャンプーの倍の時間をかけてしっかりすすぐ

すすぎは、シャンプーの1.5~2倍程度の時間をかけて入念に行いましょう。頭皮に泡やぬるつき、べたつきが残っていなければ問題ありません。 すすぎが不十分だと、汚れとシャンプー剤が頭皮に残ったままとなり、炎症や臭い・ふけ・かゆみ・薄毛の原因に繋がります。

必要に応じてトリートメントする

必要に応じてトリートメントも活用しましょう。 トリートメントは、髪の摩擦を防ぎ保護する役割があります。なお頭皮にはつけず、髪のみに添付します。 トリートメントのすすぎ残しもトラブルの原因となるため、念入りに洗い流します。

洗髪後は髪をしっかり乾かす

洗髪後は、タオルで髪から水分が落ちない程度に拭き取り、その後、ドライヤーでしっかり乾かします。ドライヤーをかけるときは、頭皮から10~20cmほど離し、一カ所に熱風が集中しないよう、満遍なく乾かしていきます。 熱風が一カ所に集中すると、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

AGA・薄毛対策には、シャンプー選びも大切

シャンプーは、年代や悩みによっても適したものが異なるため、自分の頭皮にあったものを使うことが大切です。もし、既に薄毛や抜け毛に悩んでいるなら、下記を意識してシャンプーを選んでみましょう。

・頭皮に優しく汚れを洗浄できるか
・抜け毛やフケ・かゆみを抑えられるか

これらを踏まえた洗浄成分が入ったシャンプーとしては、「アミノ酸系シャンプー」が一般的です。

 アミノ酸系シャンプーは人の皮膚のたんぱく質を構成する成分と同じアミノ酸が使われているため、頭皮の水分を残しながら洗浄できます。

薄毛が気になり出したらまず育毛剤で予防

薄毛が気になり出したら、まずは育毛剤を使ってみるという方法もあります。

育毛剤は、今ある髪を健康に保つ効果があるため、髪のハリやコシを増すことで薄毛を目立ちにくくしたり、髪が丈夫に育ちやすい環境を作り出すことが可能です。

市販のものですので、診察も必要なく、お手軽な値段のものを選べるのも、試してみやすい理由の一つです。

ドラッグストアやネットショップで購入が可能です。

「髪のボリュームがなくなってきた」「髪が細くなってきた」という人は、まずは育毛剤からトライしてみることをおすすめします。

育毛剤と似たものに発毛剤があります。

育毛剤と発毛剤の違い

発毛剤と育毛剤はどちらも薄毛対策に使われるものですが、使用目的や効果が若干異なります。

発毛剤は、ミノキシジルが含まれているものが多く、髪の毛包を活性化させ、髪が抜けてしまった地肌から再度髪を生やす作用があります。

内服薬は抵抗があるが、抜け毛や薄毛をなんとかしたいという人におすすめになります。

発毛剤

まとめ

AGAは進行性の脱毛症のため、薄毛や抜け毛が気になり始めたのに放置していると、薄毛がどんどん進行して頭皮がはっきりと見えるようになってきます。

また、反対にちょっとした抜け毛で過剰にAGAかどうか心配してしまい、精神的に不安な状態で生活をしている人も多いです。

AGAは適切に治療をすることで発毛を実感することができますので、最近薄毛になってきたと感じている方は、すぐに治療を開始してくて薄毛を克服しましょう。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

 

薄毛治療の効果が出るまでの期間

成人男性に多くみられる進行性の脱毛症です。男性ホルモンの影響や遺伝が主な原因で、思春期以降に額から頭頂部にかけて毛髪が薄くなります。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが5αリラクターゼという酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、毛乳頭内の受容体に結合して発毛や毛髪の成長を妨げます。

AGAは、成人男性の3人に1人にみられる一般的な症状で、進行の防止には発症早期からの治療が必要です。

AGAの特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。

AGA進行パターン

「額の生え際から後退していくタイプ」、「頭頂部から薄くなるタイプ」、これらの「混合タイプ」などがあります。

AGAを発症する最も大きな要因は男性ホルモンの作用です。

この男性ホルモンには体毛を増加させる働きがある反面、頭髪の伸びを抑制する働きがあるためAGAの主要因として位置づけられています。

毛髪には「ヘアサイクル」と呼ばれる仕組みがあり、 「成長期」→「退行期」→「休止期」という過程を繰り返します。

そして、毛髪の太さや長さは、「成長期」の長さによって決まり、成長期が長ければ、毛髪は太く長く成長し、成長期が短ければ、うぶ毛のような細く短い状態で抜け落ちます。

AGAの場合、毛髪の本数が減るのではなく、「成長期」が短くなることにより、毛髪が太く成長する前に抜けてしまうため、徐々にボリュームが減り、地肌が見えるようになってしまうのです。

AGAは、治療を開始してから効果が出るまで時間がかかります。

AGA治療を開始するのであれば、薬の効果や効果が出るまでの期間、副作用を理解したうえで、3か月から1年程度の視野を持って取り組む必要があります。

今回は、AGAの治療期間や効果がでるまでの期間について解説します。

AGA治療期間

AGAの治療期間

AGA治療は最低でも6ヶ月続けないと効果が実感できません。

AGA治療薬の服用は最低でも6ヶ月間続けてください。

そのうえで、効果が見られない場合は再度治療方針を検討してください。

また、6ヵ月はあくまで目安であり、AGA治療の効果は早い人で3ヶ月、遅いと1年かかる場合もあります。そのため、AGA治療は根気強く、継続する必要があります。

効果が出ない場合も、早期に服用を止めるのはおすすめできません。

服用を止めると、薄毛が再度進行する可能性があります。

AGA治療の効果がでない場合は複数の薬剤を組み合わせる

6ヶ月経過しても効果が感じない場合は、薬の併用や治療方法を見直す必要があります。

下記が事例になります。

・プロペシア(フィナステリド)からザガーロ(ディタステリド)に切り替える

・外用薬から内服薬に切り替える(ミノキシジルの場合)

・服用量を増やす(ミノキシジル内服薬の場合、5mgから10mgへ )

・メソセラピーHARG治療を検討する

・光治療LED治療を検討する

・自毛植毛を検討する

費用は下記の通りになります。

ハゲ改善種類

全ての薬を試したにも関わらず、どれも効かない、効果が弱くなってきた、副作用があるという場合は自毛植毛いう選択肢もあります。

AGA治療をしている人の中には効果が出てきたからもう大丈夫と服用を止める人がいます。

抜け毛が減り、髪の毛が増えたのはAGA治療薬によって薄毛の進行を抑え、発毛を促しているからであってAGAが治ったわけではありませんので、薬の服用を止めると再びAGAが進行してしまいます。

もちろん、効果が十分に出ている場合、薬の種類を2剤から1剤などと減らし、薬の服用量を0.5mgから0.1mgなどと減らすことは可能です。

AGA治療薬における効果が出る目安

プロペシア(フィナステリド)    内服薬    3ヶ月〜1年

プロペシア


ザガーロ(デュタステリド)    内服薬    3ヶ月〜1年

ザガーロ



ミノキシジル    内服薬    3ヶ月〜1年

ミノキシジル内服薬

早ければ3ヶ月程度で効果が現れます。

ただ、あくまでも単剤での目安のため、より効果を高めたい場合や早く効果を実感したい場合は、薬を組み合わせて服用すると良いでしょう。

例えば、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジル外用薬/内服薬、あるいはザガーロ(デュタステリド)とミノキシジル外用薬/内服薬などは併用が可能です。

作用機序の異なる薬剤を組み合わせることで、脱毛抑制・発毛促進の両方へのアプローチできます。

DHT産生を抑制して抜け毛を予防

DHTはAGA(男性型脱毛症)患者様の頭皮脱毛部分に、多量に存在することが確認されており、5α-還元酵素によってテストステロン(男性ホルモン)から作られます。

このDHTから脱毛シグナルが出ると髪は長く太く成長をする前に抜け落ちてしまい、細く短い毛が多くなり、薄毛が目立つようになります。

フィナステリドとディタステリドは、この5α-還元酵素を阻害し、DHTの産生を抑制することで抜け毛を予防します。

DHT産生を抑制

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアはフィナステリドという有効成分を含む医薬品です。

フィナステリドは、頭皮のヘアサイクルを乱す作用のある男性ホルモンの働きを抑えて、抜け毛を減らします。

ヘアサイクルが整い、健康な髪が残ります。

効果を感じる期間

日本皮膚科学会が策定した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年度版」 によると、フィナステリド(1mg/日,0.2mg/日)を用いた414 名の日本人男性を対象とした臨床試験において、下記のデータが得られています。

フィナステリド効果

1年間服用:1mg/日投与で58%が改善
2年間服用:1mg/日投与で68%が改善
3年間服用:1mg/日投与で78%が改善

1年継続すると、6割近くの人が効果を実感できると示されています。

長期的に服用するほど効果を得られる確率が上がります。そのため、1年は服用を継続すると良いでしょう。

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロはデュタステリドを有効成分とする医薬品です。

デュタステリドは、フィナステリドと同様に、男性ホルモンを抑制してヘアサイクルを正常化させて抜け毛を減らします。

ただ、フィナステリドよりデュタステリドの方が男性ホルモンへの作用の範囲が広いため、より高い効果を示すといわれています。

ディタステリド効果

効果を感じる期間

デュタステリド 0.5mg/日と、フィナステリド1 mg/日を用いた917名の男性被験者を対象とした国際臨床試験において、投与6ヶ月後の効果を比較すると全毛髪数・毛直径の増加についてデュタステリドの方が優れた効果発揮します。

つまり、ザガーロ(デュタステリド)では投与半年後に毛髪量が増えていることが十分に期待できるのです。

より早く効果を実感したいのであれば、フィナステリドよりデュタステリドを選択する方が、確立が上がるといえるでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは頭皮の血管を広げ、毛根に栄養が行き渡るよう働きかけて発毛を促進します。

ミノキシジル効果

抜け毛を減らすプロペシア(フィナステリド)や、ザガーロ(デュタステリド) とは作用機序が異なり、ミノキシジルは発毛効果があります。

また、ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

効果を感じる期間

300名の男性被験者を対象とした日本での臨床試験において、24週間後に脱毛部 1 cm2 内の非軟毛数の増加数は1%ミノキシジル外用薬の塗布群が平均21.2本増加、5%塗布群が平均26.4本有意に増加した事例があります。

ミノキシジル外用薬についても「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年度版」で臨床試験のデータが公開されています。

つまり、ミノキシジル外用薬を使用後、半年間で、1 cm2あたりの毛が平均20本以上増加すると期待できるのです。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルにはタブレットタイプの内服薬(ミノタブ)と、塗り薬タイプの外用薬があります。

どちらも主成分は同じですが、内服薬に比べて外用薬は効果が限定的です。

頭皮に塗布する都合上、外用薬の作用が及ぶのは毛細血管のみです。

それに対して、内服薬は毛細血管の先にある細動脈にまで作用が及びます。

ミノキシジルの内服薬のミノタブは、外用薬よりも高い効果が期待できます。

これは飲み薬として体内に吸収されたミノキシジルが、頭皮にある細動脈を拡張させるためです。

細動脈の血流が良くなると、その先の毛細血管にまで栄養が行きわたるようになります。

発毛をつかさどる毛乳頭細胞に十分な栄養が供給され、髪の毛の成長が促進される仕組みです。

ミノキシジル外用薬は細い「毛細血管」を拡張するのに対し、ミノタブは毛細血管よりも太い血管細動脈を広げます。

ミノタブは外用薬と比べて血液が流れやすくなるため、発毛効果も実感しやすいと言えます。

原則として、ミノキシジルによる治療は外用薬(通称「塗りミノ」)から始めます。
これは内服薬と比べて、外用薬の方が副作用のリスクを抑えられるためです。

ただし、外用薬で十分な治療効果を得られる人は限られます。

ミノキシジル外用薬を使用して4ヶ月が経過したら、ミノタブへの切り替えを検討してください。

初期脱毛の期間を終えて、発毛効果を実感できるようになるのはミノタブを飲み始めて4ヶ月目以降が目安です。

ミノタブの服用をやめると、薄毛の進行が再開する可能性があります。

AGAはヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長期が短くなるために引き起こされる脱毛症です。

ミノタブによってヘアサイクルが正常化しても、服用を中断すると元に戻る可能性が高いです。

そのため、ミノタブはやめずに服用し続ける必要があります。

なお、ミノキシジルの継続使用による耐性(飲み続けると効果が薄れること)は報告されていません。

ミノタブは、厚生労働省の認可を得ていないため、ミノタブを入手するには医療機関で処方してもらうか、個人輸入で入手する方法しかありません。

効果を感じる期間

発毛の効果が実感できるまでの期間は半年程度が一般的ですが、効果を感じる期間は、用法や用量によってや差がでてきます。

ミノキシジルタブレットは、厚生労働省による認可を受けていない薬であるため用法や用量に統一した決まりはありません。

ただ、ミノキシジルタブレットの発毛効果は非常に高いとされていますので、塗ミノで効果が出ない場合はミノタブを医師から処方されることもあります。

ミノタブは、一錠あたり2.5mg・5mg・10mgを含有したものが流通しています。

1日に服用できる量は通常2.5mgまでで、循環器系が健康な方でも5mgは多いです。

10mgもありますが、非常に効果が強い反面、副作用も出やすくなります。

2.5mgでも効果を実感できる可能性は高いので、まずは2.5mgから飲み始めます。

効果や副作用・リスクを考慮して、必要な場合にのみ5mgと増量することをおすすめします。

また、副作用リスクを抑えるために飲み始めは錠剤を半分に割り、さらに濃度を薄めた上で服用するのも飲み方の一つです。

プロペシア(フィナステリド)だけの場合

プロペシア(フィナステリド)は、AGA治療薬として有名ですがプロペシア(フィナステリド)のみを服用してAGAを完治させられるのでしょうか。

プロペシア(フィナステリド)の効果や併用できる薬について見ていきましょう。

そもそも、プロペシア(フィナステリド)はAGAを完治させる薬ではないです。

プロペシア(フィナステリド)は、薄毛の原因であるDHT (ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する薬であり、AGAを完治させる薬ではありません。

プロペシアはDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制して、薄毛の進行を抑えます。

そのため、プロペシア(フィナステリド)はAGAの進行を食い止められますが、AGAを完治させる薬ではありません。

基本的にAGAは進行性の症状のため、プロペシア(フィナステリド)によるAGA治療は「薄毛の進行を抑える治療」であり、完治させる治療ではない点を覚えておきましょう。

プロペシア(フィナステリド)によるAGA治療をおこなう場合は、薬で薄毛の進行を抑えつつ健康的な生活習慣を送って、発毛を促進させる必要があります。

プロペシア(フィナステリド)には発毛効果がない

AGA治療薬のプロペシア(フィナステリド)には、発毛効果はありません。

プロペシア(フィナステリド)の効果は、ヘアサイクルを乱す作用のある男性ホルモンの働きを抑えてヘアサイクルを正常化させることです。

より効果的な発毛効果を目指すのであれば、プロペシア(フィナステリド)による内服治療と同時にミノキシジルの併用をおすすめします。

ミノキシジルには、頭皮の血流を改善し毛乳頭細胞を刺激することで新しい髪の毛の成長を促進させる効果があります。

プロペシア(フィナステリド)で薄毛の進行を抑えつつ、ミノキシジルで発毛を促進させることでより効果的な発毛効果を期待できます。

プロペシアとミノキシジルの効果の違い

AGA治療の途中経過について

プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルなどのAGA治療薬は、すぐに効果が出るわけでありません。ここでは、一般的なAGA治療の途中経過を解説します。

AGA治療途中経過

治療開始から1ヵ月

AGA治療を開始してから1ヵ月ほど経過すると、「初期脱毛」が起こる可能性があります。初期脱毛は、AGA治療薬によってヘアサイクルが正常化して、寿命を迎えつつある髪の毛が抜け落ちる症状です。

そのため、初期脱毛はAGA治療薬の効果によってヘアサイクルが整えられてきている証拠であり、薄毛治療の過程における一時的な現象です。

AGA治療薬の効果が現れている証拠のため、過度に心配する必要はありません。また、初期脱毛が起こる可能性には個人差があるため、初期脱毛が起きなくてもAGA治療薬の効果が出ていないわけではありません。

3ヵ月〜6ヵ月

AGA治療を開始して3ヵ月から6ヵ月ほど経過すると、初期脱毛の症状も徐々におさまり少しずつAGA治療薬の発毛効果を感じ始める方が多くなってきます。

頭皮から産毛が生え始め、髪の毛が以前よりも太く密度が濃くなるなど、AGAの治療効果を感じられる場合が多いです。

発毛効果が目に見え始め、周囲からも外見的変化を気付かれやすくなるでしょう。

また、毛髪以外の体毛も濃くなる場合もあるため、ムダ毛処理が煩わしいと感じるかもしれません。しかし、AGA治療薬が効いている証拠のため、治療を止めずに続けることが大切です。

6ヵ月〜1年

AGA治療を受けて6ヵ月から1年が経過すると、多くの方が発毛を実感します。発毛効果が現れると周りからも髪の毛が増えたと言われることが多くなり、新しい髪型にチャレンジできるため周りの目が気にならなくなります。

そのため、薄毛で悩んでいた気持ちが楽になるでしょう。

ただし、AGAが完治したわけではないため、治療をやめてしまうと再び薄毛が進行する場合があります。

薄毛改善の効果を継続させたい場合は、AGA治療を継続する必要があります。

1年以上

AGA治療を1年から2年以上続けると、ほとんどの方が発毛効果を実感されます。

AGA治療薬の効果もほぼ出現した時期なので、場合によっては減薬を検討してもよい段階に入ります。
しかし、AGAは完治のない症状のため、薄毛改善の効果を維持したい場合は、「休薬」ではなく「減薬」という選択をする必要があります。

AGA治療で効果が出ない場合の原因

AGA治療で効果が出ない原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

AGA治療を始めて間もない

ヘアーサイクル

AGA治療を開始してから、半年間は治療を継続してみましょう。

髪の毛には成長サイクルがあり、下記のようなサイクルを繰り返しています。

髪の毛が伸びる成長期(2~6年)→成長が止まる退行期(2~3週間)→抜け落ちて新しい毛を準備する休止期(3~4ヶ月)

通常、髪の毛は2~6年の成長期を通して新しく毛に生え変わります。一方で、AGAを発症すると、ヘアサイクルが短くなり、髪の毛が半年から1年程度で抜け落ちてしまいます。

AGA治療薬によって、ヘアサイクルを正常化させるには半年から1年の期間が必要です。治療を開始してから、すぐに正常なヘアサイクルになるわけではないので頭に入れた上で、AGA治療を行って頂ければ幸いです。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

ミノタブとフィナステリド併用した場合の発毛効果

的に病院やAGAクリニックなどでもそうですが、薄毛治療の基本はミノキシジルとフィナステリドの併用が一般的ですね。個人的には経験上ミノタブだけでもかなり効果は高いと考えていますが、やはりフィナステリドとの併用が効果が高いとされています。

なので、もしミノタブだけで効果がいまいち感じられない、もっと効果を加速させたいという場合は、ミノタブと同時にフィナステリドも併用するといいでしょう。

フィナステリドの効果効能とは

ミノタブが”最強の毛生え薬”ならば、フィナステリドは”最強の抜け毛防止薬”と言ったところでしょうか。基本的にフィナステリドは脱毛症状がひどい場合に治療に用いられる医薬品で、いわば攻めというよりは守りの薬です。

 

f:id:participantlink:20190926094639p:plain

 

AGA(男性型脱毛症)による脱毛原因と言われるジヒドロテストステロン、一般的にはDHTと呼ばれますが、これはそもそも男性ホルモン(テストステロン)と還元酵素(5αリダクターゼ)が結合して生成される脱毛因子です。

フィナステリドはこのうち還元酵素(5αリダクターゼ)の作用し、これをブロックすることによって男性ホルモン(テストステロン)との結合を阻害するので、結果的にDHTの生成を防ぐ働きがあるというわけです。

ちなみに還元酵素(5αリダクターゼ)には1型と2型がありますが、フィナステリドでブロックできるのは2型のみです。すべての還元酵素をブロックできるわけではないので、100%脱毛対策に効果があるとは言い切れません。 

 

f:id:participantlink:20190809160310j:plain

フィナステリドの副作用とは

そんな抜け毛対策に有効的なフィナステリドですが、ミノタブ同様医薬品のため軽微ながら副作用はあります。主にカラダの気だるさやめまいがそれに当たります。どれも風邪薬程度の軽微なものなので、そこまで心配する必要はありません。

発売当初は(未だにネット上の一部でも)精力減退や勃起不全(ED)、性機能障害や乳房が出てきて女性化するなどといった怖い噂が流れていましたが、どれもプラシーボ効果によるものだと実験でも証明されており、プロペシアを販売している製薬会社も公に実験データを公表しています。

また、ごくまれに実際にそういった症状を実感している方は、効果を高めようと用法容量を守らずに大量摂取しているということがわかりました。普通にしっかりと用法を守って服用すれば、そんな重篤な副作用の心配をする必要はありませんので安心してください。 

フィナステリドの副作用より怖い危険性

フィナステリドには副作用よりも注意しなければならないことが一つだけあります。それは、女性の服用は絶対NGという点です。

さらに怖いのは、服用だけではありません。とくに今後妊娠する可能性がある女性、または妊娠中の妊婦さんはフィナステリドの錠剤を触るだけでもNGとされています。皮膚からでも成分がカラダに入る危険性が指摘されています。

というのも、フィナステリドは女性のお腹の中の胎児が男の子だった場合、その胎児に性機能障害が出る可能性があると言われているんですね。もし子供を身ごもっていない場合でも、今後妊娠する可能性が少しでもある方は触らないようにしましょう。

これは女性の問題だけではありません。例えば旦那さんが使用しているフィナステリドを、奥さんが知らず知らずの間に触ってしまう危険性だってあるわけです。フィナステリドを使用する男性陣は、自分だけでなく家族や周りの女性への配慮も忘れないよう注意しましょう。 

フィナステリドを手に入れるには

さて、そんなフィナステリドですが、注意点さえ守ればミノタブを併用することで薄毛治療に役立つ心強いアイテムになります。

フィナステリドと言えば日本ではプロペシアやプロペシアジェネリックが有名ですね。専門医のいる病院やクリニックなどで処方してもらうことができます。

ただ、時間がなく金銭的コストも抑えたいという方も多いと思います。そういった方は、ミノタブと同様に個人輸入代行を利用して購入することもできます。

プロペシアもありますが、同じ有効成分で出来た低価格なジェネリック医薬品である、フィンペシアやフィンカー、エフペシアなどが一般的には人気です。

 

 

oneclck.net

 

100錠入りで3,000円程度と、非常に安いです。効果も普通にプロペシアと差異ありません。1ヶ月分あたりのコストで言うとたったの1,000円なので、ミノタブだけでは効果がいまいちという方はこちらも併用するといいでしょう。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

最強薄毛治療薬アボダートの効果

アボダート(Avodart)は、デュタステリドを有効成分とするAGA(男性型脱毛症)に効果的な薬です。しかし、日本では製造販売の承認がないため、海外からの個人輸入が必要です。この記事では、アボダートと日本で製造販売される同じ成分の薬や、個人輸入について紹介します。

アボダートの効果

前立腺肥大症

(1) 肥大した前立腺を縮小します。
(2) 男性における男性型脱毛症にも有効です。他の脱毛症を改善する効果はありません。
アボダートの主成分デュタステリドは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素をブロックし、前立腺肥大症の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を阻害します。

DHTは前立腺を肥大させて尿道を圧迫します。これにより、排尿困難や残尿感、頻尿といった症状を引き起こします。

また、DHTは頭髪の成長を妨げて髪の寿命(ヘアサイクル)を短くしてしまう作用もあります。AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛をも引き起こします。

デュタステリドはDHT抑制作用により、前立腺肥大症およびAGAを治療する効果があります。AGA治療薬としては従来の薬(フィナステリド)よりも高い効果を発揮します。

前立腺肥大症に対する効果

アボダートは日本国内で前立腺肥大症の治療薬として処方されているアボルブの海外版であり、名前が異なるだけでアボルブと同一の医薬品です。

アボダートの主成分デュタステリドは、前立腺を肥大させる男性ホルモン(DHT)を強力に抑制する作用があります。DHTを減少させ、肥大した前立腺を縮小させます。アボダートは、前立腺肥大に伴う排尿困難や残尿感、頻尿を改善する効果が期待できます。

前立腺肥大症への効果を示した臨床データ

アボダートが前立腺肥大症を治療する効果は、日本でアボルブの開発時に行われたデュタステリドの臨床試験で証明されています。

前立腺肥大症の患者を対象としたデュタステリドの臨床試験では、プラセボとの比較が行われました。プラセボとは、薬効成分を含まない偽薬のことです。試験では服用するグループを分けて、それぞれ長期服用による効果が測定されました。

1年間にわたる投与が行われ、前立腺体積や最大尿流率の推移が測定されました。被験者に対しては、自覚症状についてのアンケートも実施されました。いずれも、アボダートがプラセボに比べて前立腺肥大症の症状を有意に改善する結果となっています。

前立腺体積と最大尿流率の改善を示す測定値

試験の結果、前立腺の体積においては投与前に比べ、デュタステリドのグループで平均33.8%の体積減少が確認されました。プラセボのグループでの体積減少は平均10.8%です。減少した割合においては、デュタステリドがプラセボのおよそ3倍の数値となりました。

最大尿流率に関しても、およそ改善を示す数値に3倍の差が確認されました。プラセボのグループが平均0.7ml/秒の改善であったのに対して、デュタステリドのグループでは平均2.2ml/秒の改善が認められています。

自覚症状の改善レベルを示すアンケート結果

自覚症状の改善レベルを示すアンケートは、IPSS(国際前立腺症状スコア)という基準を元に算出されました。IPSSの内容は、以下に挙げる7つの自覚症状の発症頻度を0〜5の6段階で自己採点するというものです。平均スコアが低いほど、症状が軽いと判断されます。

排尿後に残尿感がある

排尿後、2時間以内にトイレに行きたくなる
排尿の途中で尿が切れる
排尿を我慢するのがつらいと感じる
尿の勢いが弱いと感じる
排尿時にいきむ必要がある
夜寝てから朝起きるまでトイレに行く回数
IPSSを用いたアンケートにおいては、自覚症状のスコアがプラセボで平均3.7ポイントの減少でした。これに対し、デュタステリドでは平均5.3ポイントの減少となりました。
さらに海外では、α1遮断薬タムスロシン(ハルナール)との併用療法における臨床試験も行われました。試験では、IPSSスコアが早期の段階から飛躍的に改善していることが示されています。

前立腺肥大症への効果が出る期間

アボダートが前立腺肥大症の症状を緩和する効果を実感できるまでの期間として、一般的に6ヶ月を要します。効果の有無を判定するためには、アボダートの服用開始から最低6ヶ月以上の期間が必要です。

アボダートは、DHTの産生を防ぐことで前立腺肥大を改善する薬です。前立腺へ直接的に強く作用するわけではありません。単剤で治療する場合は、根治するまでに時間がかかります。

排尿困難や残尿感、頻尿といった症状を早く緩和したい場合には、α遮断薬タムスロシン(ハルナール)との併用療法が有効です。タムスロシン(ハルナール)は、前立腺を縮小させる作用があります。

前立腺肥大症に効かなかった場合

アボダートを6ヶ月以上服用して症状の改善が不十分だった場合、2つの選択肢があります。より効果が強力な前立腺縮小薬としてクロルマジノンに切り替えるか、外科手術による前立腺摘出となります。

クロルマジノン(プロスタール)は、1年間の服用によって45〜50%の体積減少が見込めます。ただし、血栓症や肝機能障害といった重篤な副作用のリスクを伴います。明確にではありませんが、16週以上にわたっての服用はしないよう注意喚起されています。
クロルマジノンを服用する場合は適時デュタステリドと切り替え、リスクを防ぎながら治療を行います。

外科手術は、薬による治療がいずれも効かなかった場合や緊急度が高い場合に行われます。緊急度が高いのは、完全に排尿ができなくなるような重症(尿閉)の場合です。

AGAに対する効果

アボダートは、日本国内のAGA治療薬ザガーロと同量のデュタステリドを含んでいます。薬品名と適応疾患が異なるだけで効果は同じです。

アボダートは強力なDHT抑制作用により、AGA(男性型脱毛症)を治療する効果もあります。主成分のデュタステリドは、従来のAGA治療薬(フィナステリド)よりも強力かつ広範囲にわたってDHTを抑え込みます。

アボダートを服用すれば、フィナステリド(プロペシア)で十分な改善が見られないような薄毛に対しても、治療効果が期待できます。

AGAへの効果を示した臨床データ

アボダートがAGA(男性型脱毛症)を治療する効果は、日本でザガーロの開発時に行われたデュタステリドの臨床試験で証明されています。

AGA患者を対象として行われた臨床試験では、1年間にわたってフィナステリドとデュタステリドの比較が行われました。結果として、デュタステリドを使用したグループの毛髪量および毛髪の太さが、より明確に改善されています。

増毛効果を示すデュタステリドの臨床成績は、フィナステリドの1.6倍です。
直径2.54cm円(およそ500円玉の大きさ)内の毛髪量においては、フィナステリドが56.5本の増加でした。それに対し、デュタステリドは89.6本も増加しています。

育毛効果を示すデュタステリドの臨床成績は、フィナステリドの1.5倍です。
毛髪の太さにおいてはフィナステリドが4(×10³μm)の増加でした。それに対して、デュタステリドは5.8(×10³μm)の増加となっています。

これらの数字から、デュタステリドはフィナステリドよりも優れた薄毛改善効果を発揮すると考えられます。
臨床試験における投与量(0.5mg)と同量のデュタステリドを含んだアボダートにおいても、同等の効果が期待できます。

アボダートがAGAを改善する仕組み

アボダートの主成分デュタステリドは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きをブロックします。5αリダクターゼの働きが阻害されることで、AGAの原因となるDHTの産生量が減ります。

5αリダクターゼには1型と2型があります。このうちAGAと深く関係しているのは2型です。従来のAGA治療薬フィナステリドは2型の5αリダクターゼに対してのみ作用するのに対し、デュタステリドは1型の5αリダクターゼにも作用します。加えて2型5αリダクターゼに対する作用においてもデュタステリドの方が強力です。

5αリダクターゼをブロックしてDHTの産生を防ぐことで、毛髪の健康状態が回復します。これは、DHTによって縮められていたヘアサイクルが正常に戻るためです。ヘアサイクルが正常になると、AGAを発症している部位の抜け毛や軟毛化が抑えられます。こうした仕組みによって、薄毛の進行をくい止める効果が発揮されます。

アボダートは長期服用によって薄毛の改善効果も期待できます。DHTの産生量をデュタステリドが抑えることで、新たに生えてくる毛髪は健全に成長します。抜け毛や軟毛が多かった部位においては、健全な太い毛髪の割合が徐々に増えていきます。毛髪の見た目が全体的にボリュームアップすることで、結果として薄く見えていた部分が目立たなくなっていきます。

アボダートと一緒にミノキシジルを使用すれば、上記の効果に加えて毛根の活性化による発毛効果が上乗せされます。2剤の併用によって、単剤よりも効果的な薄毛治療が可能です。

アボダートは生え際の薄毛にも効果がある

前頭部の生え際は頭皮が固くて血管が少なく、育毛効果が出にくい部位です。特に両サイドがM字に後退するタイプの薄毛は、AGA治療薬フィナステリドや発毛剤ミノキシジルをもってしても治療は困難です。

M字など後退した生え際が改善するうえで、アボダートの服用のみでは不十分な場合があります。後退した生え際を改善するには、ミノキシジルとの併用や生活習慣の改善など、他の薄毛対策を適切に組み合わせることが大切です。

アボダートで皮脂は減る

アボダートやザガーロなどのデュタステリド製剤は、皮脂腺の活動を抑えて皮脂の分泌量を減らす効果が期待できます。頭皮における皮脂の分泌量が多すぎる場合、デュタステリドの働きによって減らせます。

デュタステリドは、皮脂腺に多くある1型5αリダクターゼを阻害します。デュタステリドと皮脂量との関係性を示す臨床データはありません。とはいえ、皮脂の分泌はDHTによって増加することは確認されています。そのため、DHTの産生量を抑制することで皮脂の増加を防ぐことは、理論上可能です。

AGAへの効果が出る期間

アボダートの効果が実感できるまでの期間は、服用開始から平均6ヶ月が目安です。デュタステリドのようなAGA治療薬の薬効は、髪の成長速度にも左右されます。そのため、抜け毛の減少やボリュームアップを実感できるまでの期間には個人差があります。

早い人だと、3ヶ月ほどで薄毛部位に産毛が増えるなどの変化がみられます。ただし、より明確な効果を実感するには、そこから更に3ヶ月が必要です。

アボダートは長期服用で耐性がつく?
デュタステリドのようなAGA治療薬は、薄毛の改善を望む間はずっと継続服用する必要がありますので、年単位での長期服用が基本となります。アボダートの長期服用において心配されるのは、耐性がついて効果がなくなるのでは、という点です。

アボダートを年単位で長期服用しても、体に耐性はつきません。デュタステリドを長期服用した場合の有効性および安全性は、臨床試験によって確認済みです。

AGAに効かなかった場合

アボダートは効き目がすぐには実感できない薬です。なかなか効果を実感できなくとも、最低6ヶ月は服用を続けましょう。
デュタステリドのような内服型のAGA治療薬は、1年以上の服用によって効果が出てくるようなケースもあります。

デュタステリドより強力なAGA治療薬は認可されていません。そのため、デュタステリド製剤がAGAに効かない場合、内服薬以外の治療方法に切り替えなければなりません。

服薬以外の治療手段としては、薬効成分を直接頭皮に注射するメソセラピーおよびHARG療法といった手段があります。そのほかの選択肢としては、外科手術による植毛などが挙げられます。

アボダートを個人輸入

国内未承認薬であるアボダートを入手するには個人輸入で簡単に手に入れる方法があります。同成分のザガーロは高額になりますが、アボダートは安価で経済的にAGA治療ができます。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ハゲやすい人の特徴と対策

今や成人男性の3人に1人が薄毛に悩んでおります。いわゆるハゲです。
今回は、ハゲやすい人の特徴やその対策についてご紹介していきます。

 

f:id:participantlink:20200426092811p:plain

遺伝

f:id:participantlink:20200426092938g:plain

薄毛の遺伝子、アンドロゲンレセプターはX染色体にあります。
男性のX染色体は母親から受け継でいるため、薄毛の遺伝子は母方からということが言えます。
ただ、当然ですが母親は女性であるために薄毛であるかどうかの判別がしにくいのです。
心配な方は母方の祖父か母親の兄弟を参考にすると良いでしょう。
他にはAGAの原因のDHT(ジヒドロテストステロン)を作る元である5aリダクターゼの活性力が強いという遺伝子があり、それは父母関係なく遺伝します。
この両方が揃ってしまうと、かなり薄毛になりやすい素質の持ち主ということになるでしょう。

神経質な性格

f:id:participantlink:20200426093040j:plain

ハゲている人には神経質な人や真面目な性格の人が多いと言われます。
人は強いストレスを受けると血管は収縮して血流が悪化します。
そうなると、毛母細胞や毛乳頭に必要な栄養が行き届かずに抜け毛や薄毛に繋がります。
神経質な人や真面目な人はおおらかで無神経な人に比べるとストレスを感じやすいので、注意が必要です。

睡眠不足

f:id:participantlink:20200426093223p:plain

夜遅い時間までスマホやパソコンなどをしていると脳は活動的な状態なので、そのまま眠りについても、あまり脳は休めていません。
そうなると、本来つくられるはずの成長ホルモンが分泌されにくく毛母細胞の分裂が活性化されません。
髪は夜に眠っている時に作られるものなのです。

過度の飲酒や喫煙

f:id:participantlink:20200426093521p:plain

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる特徴があります。
血管を委縮させるということは、血行が悪くなって髪に必要な栄養分が行き届かなくなり、抜け毛や薄毛の原因になるということです。

f:id:participantlink:20200426093700p:plain

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドとい毒性のある物質に変化します。
このアセトアルデヒドはAGAの原因であるDHTの増加につながります。
アセトアルデヒドを無害化するために大量のアミノ酸やビタミンを消費し、髪の成長に必要な栄養を横取りして使ってしまうのです。

脂っこい食べ物が好き

f:id:participantlink:20200426094010p:plain

とんかつ・から揚げ・天ぷらなどの揚げ物や、焼き肉・ラーメン・クリーム系のパスタなどを好んで食べる人は薄毛になるリスクが高まります。
脂っこい食べ物は血管を狭くし、血行を悪くするので、頭皮や髪への栄養補給が滞る可能性が高まります。
皮脂の分泌も過剰になるため、毛穴が詰まりやすくなって抜け毛や薄毛の原因となります。

ヒゲ・体毛が濃い

f:id:participantlink:20200426094132j:plain

ヒゲや体毛が濃い人は男性ホルモンが多い→ハゲやすい
このようなイメージをお持ちの方は多いかと思います。
しかし、男性ホルモンの分泌が多いからといってハゲるわけではありません。
AGAを発症している人が男性ホルモンの分泌が過剰であればハゲるリスクは高まります。
つまり、AGAの症状がない方はヒゲや体毛が濃くてもハゲる可能性は低いと考えられます。

髪を洗いすぎる・あまり洗わない

f:id:participantlink:20200426094246p:plain

皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まるのは問題ですが、かといって皮脂を取り過ぎてしまうのも頭皮や毛髪にとっては良くありません。
1日に何度も髪を洗ったり、洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまい、場合によっては頭皮が炎症を起こしたり髪が傷んだりしてしまいます。
これとは逆に、何日も洗わなかったり、洗浄力が弱すぎるシャンプーを使用している場合も皮脂が毛穴に詰まってしまい、抜け毛や薄毛の原因になります。

ハゲやすい人におすすめの薄毛対策

いくつかのハゲやすい人の特徴に当てはまってしまった方への対策をご紹介します。
今からでも遅いことはありません!
少しずつでも対策することで進行を遅らせたり、改善することも可能です。

生活習慣の見直し

f:id:participantlink:20200426094524j:plain

•血流の改善のために毎日の生活でできることはたくさんあります。
•睡眠不足を解消して、質の良い眠りを心がける
•好き嫌いや過食に気を付け、バランスの良い食事内容を意識する
•甘いものや辛いもの、脂っこい食べ物は控える
•喫煙、禁酒をする

以上が理想ですが、難しいようならできる限り控えるように努力しましょう。

頭皮環境の見直し

f:id:participantlink:20200426094814j:plain

過剰な皮脂は良くありませんが、少なすぎるのも頭皮や髪の毛の保護といった観点から見ると悪条件となります。
洗浄力が強すぎないシャンプーで1日1回洗えば十分です。
爪を立てたりせずに、指の腹を使って頭皮を動かすようにやさしくマッサージしながら洗いましょう。
また、スタイリング剤は頭皮に付けず髪だけに付けるようにしましょう。

ストレスの緩和

f:id:participantlink:20200426094952p:plain

ハゲになりにくいタイプの性格の人はストレスの元になっている問題を「気にするな!」と言いますが、神経質な人や真面目な性格の人にしてみれば無理な相談です。
少しの間だけでも、ストレスの存在を忘れるような何か楽しいことに夢中になったり、軽い運動などで気分転換し、気を紛らわすのも一つの方法です。
特にスポーツは精神的にも肉体的にも発毛に関して良い効果が期待できます。

ハゲやすい特徴以外にも、こんな生活習慣の人は要注意です。

パーマ・ヘアカラー

f:id:participantlink:20200426095101p:plain

パーマやカラーリングなどを頻繁に繰り返していると髪が細くなったり、頭皮が炎症を起こしたりすることがあり、薄毛の原因になる場合があります。

帽子・ヘルメットを被る

f:id:participantlink:20200426095635p:plain

帽子やヘルメットを長時間被っていると、頭皮や毛髪に悪影響があるとデータで発表している団体もあります。

スマホ・パソコンのやり過ぎ

 

f:id:participantlink:20200426095222j:plain

同じ姿勢で長時間スマホやパソコンの画面を見続けることで血行不良になる、眼精疲労や肩こりが起こる。
それらの解消にビタミンやアミノ酸が消費されることになり、髪への栄養が不足して抜け毛や薄毛の原因となる。

ハゲやすい人の生活習慣を参考に普段の生活の見直しをしましょう。

心当たりのあった方は、今後のご自分のためにも早めの対策をすることで改善できます。
きっと、やってて良かったと思える時が訪れるはずです。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジル16%まで取り扱っているフォリックス

フォリックスとは、アメリカフロリダ州のサファイアヘルスケア社が販売している外用薬です。

フォリックスには「Follics FR02」「Follics FR05 」「Follics FR07 」「Follics FR12 」「Follics FR15 」「Follics FR16」といった複数の種類が存在しますが、それぞれ発毛成分「ミノキシジル」の配合量が違います。

数字が高いほど、ミノキシジルの配合量が高いという表記がされています。

ミノキシジルは日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインにおいても、AGAに対して治療効果が最も認められている推奨度「Aランク」(強く勧められる)に分類されている医薬品です。

もともとは、高血圧の内服薬として1979年にアメリカで開発されてきました。しかし、服用中の患者さんに「多毛」という副作用が見られたため、AGA治療薬として応用されはじめたのです。

そして1988年、ミノキシジル配合の医薬品として多くの発毛剤や治療薬が承認されました。高い発毛効果が期待できるため、世界90カ国もの国で使われており、日本でも多くのAGAクリニックで扱われています。

フォリックス

 

フォリックスの効果

フォリックスは、皮膚に直接頭皮する外用薬です。

直接頭皮に塗ることで、皮膚からミノキシジル成分を吸収させ、頭皮の毛細血管を拡張します。

頭皮の血管が広がると血液の流れが良くなり、血液を通して必要な栄養素が毛包へと行き届きやすくなるのです。そのため、高い発毛効果が期待できるといわれています。

フォリックスの服用方法

フォリックスのは、1日2回の服用がおすすめです。

1日2回頭皮に塗り込むことで、頭皮中のフォリックスの濃度が安定し、高い発毛効果が実感できます。1ミリリットルで十分に全頭皮にしみわたりますので、出しすぎに注意しましょう。

目安としては仕事に行く前の朝と、帰宅後、シャンプーをした清潔な状態の夜にフォリックスを塗布します。

フォリックスの効果が出るまでの期間

フォリックスに含まれる成分ミノキシジルは、毛細血管を拡張し頭皮の血行を改善します。

すると、毛髪を作る毛乳頭や毛母細胞が活性化するため、太くてコシのある髪の毛が生えてくるのです。

大正製薬が販売するミノキシジル5パーセントを配合した「リアップX5プラス」における臨床データでは、3週間の使用で6割近くのユーザーに軽度の改善が見られたと報告されています。

しかし、発毛への効果は、髪の毛が生える周期「ヘアサイクル」が大きく関わっていますので、健やかな髪の毛を作り続けるためには、最低でも半年かかります。

ヘアサイクル

フォリックスの副作用

フォリックスを服用すると「皮膚トラブル」「顔や体の発毛」「初期脱毛」といった副作用を感じる場合があります。

皮膚トラブル

フォリックスの成分ミノキシジルには、頭皮がかゆくなったり、赤みがでたりといった皮膚のトラブルを引き起こす副作用があります。

また、まれにフケがでることも。ひどくなると、接触皮膚炎といった炎症につながります。

しかし、育毛剤タイプに配合されているミノキシジルは、メーカーの臨床試験で「5パーセントまでならかぶれはほとんど起きない」と表示されています。

そのため、厚生労働省によりミノキシジル5パーセント配合の商品の販売が定められています。

5パーセント以上のミノキシジルを配合したフォリックスなどの海外の治療薬は、より効果を実感するために、高濃度になっているのです。

顔や体の発毛

発毛効果の高いフォリックスは、誤って手についたまま体や顔を触ると、触れた箇所が発毛してしまう場合があります。必ずフォリックスの使用後は、水で綺麗に薬剤を洗い流いましょう。

初期脱毛

フォリックスの使用開始時には、一時的に髪の毛が抜けるといった症状も現れます。

しかし、これはフォリックスの効果がないということ、ではありません。

フォリックスを使用し始めるとで、髪の毛が正常なヘアサイクルに戻すために、不要な髪の毛を押し出す「休止期脱毛」といわれるものです。

休止脱毛期は約1~3ヵ月継続するといわれています。AGAが進行してしまったと勘違いして、フォリックスの使用を中止しないようにしましょう。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

確実に痩せるリベルサスでのダイエットでお腹が凹む

自力でダイエットをしてもなかなか痩せられない、食事制限がつらすぎるといった方向けにリベルサスダイエットというものがあります。

一般的に「痩せるホルモン」と呼ばれているGLP-1の経口薬であるリベルサスは、服用することで食欲がおさえられるため、体重減量の効果が認められています。

リベルサス内服薬は、2型糖尿病に使われている薬です。
2型糖尿病の治療薬にはいくつかの種類があり、リベルサスはGLP-1受容体作動薬というグループに含まれています。

リベルサスでのダイエットについて、詳しく紹介しいきます。

凄いダイエット

リベルサスとは

リベルサスは、GLP-1受容体作動薬の一種で、減量に有効とされる成分「セマグルチド」が含まれています。
血糖値を下げるインスリンの分泌を促進するほか、胃腸の動きを調整し食欲の抑制が可能です。血糖値を低下させるはたらきがあるため、糖尿病の治療薬として使われています。
GLP-1受容体作動薬は、注射を使ってGLP-1を投与するものがほとんどですが、リベルサスは口から飲める(経口投与できる)ことが特徴です。

リベルサス

リベルサスの主な特徴

リベルサスの特徴には、次のものがあります。
・自然に食欲を抑えられる
・太りにくい体質になれる
・自宅で治療を続けられる
・注射が苦手な方でも摂取しやすい
リベルサスの服用によって自然に食欲が抑えられ、空腹感も少なくなります。食事量が減ることでダイエットの効果が期待できます。
内臓脂肪の燃焼や基礎代謝の向上も見込めるので、体質を改善できる可能性が高いです。
ハードな運動や厳しい食事制限は必要なく、適度な運動と食習慣の見直しでダイエット効果を見込めます。

「2型糖尿病治療薬」の承認を受けている

リベルサスは、「2型糖尿病治療薬」として製造販売の承認を受けています。日本では2020年に承認を取得し、2021年2月から販売が開始されました。
食事や運動療法で効果が出ない2型糖尿病患者は、リベルサスで血糖値のコントロールができます。飲める糖尿病の治療薬として、新しいGLP-1受容体作動薬です。
リベルサスは国内で販売が認められているため、有効性があり、服用リスクの少ない医薬品と言えます。

リベルサスのダイエット効果が期待できる仕組

リベルサスのダイエット効果が期待できる仕組みは次の通りです。
・GLP-1がインスリンの分泌を促す
・血糖値をコントロールして食欲を抑制する
・胃腸の動きをコントロールして消化速度を緩やかにする
・脂肪分解や代謝を促す
リベルサスに含まれるGLP-1はインスリンの分泌を促進し、血糖値をコントロールすることで食欲を抑えます。GLP-1の服用により、食事量を抑えることが可能です。
胃腸の動きを緩やかにするはたらきがあるため、食べ物の消化速度が遅くなり、通常よりも少ない量で満腹感を感じられるようになります。
さらに脂肪分解や代謝を促進する効果も期待でき、基礎代謝が向上して脂肪の燃焼につながります。

リベルサス効果

リベルサス服用方法

空腹時にコップ約半分の水とともに、3mg錠、7mg錠、14mg錠のいずれかを1錠ずつ服用します。お茶やコーヒー、服薬ゼリーなどでの服用は控えてください。
錠剤は割ったり噛んだりせずに、そのままの状態で飲み込みます。
リベルサスを飲んだ後は、30分~2時間程度、食事や水分の摂取を控える必要があります。どうしても水分を摂取したい場合でも、最小限に抑えなくてはいけません。
服用当初は意識障害が起きやすいので、最も少ない3mg錠からの服用をはじめます。
徐々に効果に応じて3mg錠→7mg錠→14mgという流れで錠容量を増やしていきます。

リベルサスに関してよくある質問

ここからは、リベルサスの利用にあたってよくある質問に対して回答します。
保険適用の可否や効果を期待できる時期、禁忌の人の特徴などについてお答えしますので、ぜひ参考にしてください。

Q1.リベルサスは保険適用されますか

リベルサスは治療用途によって、保険適用を受けられるか扱いが変わります。
糖尿病治療薬としては保険の対象ですが、肥満治療の場合は自費診療となります。
そのため、ダイエットを目的としたリベルサスの処方は、保険が適用されません。

Q2.服用後いつから体重が減少し始めますか

リベルサスは早ければ服用後3ヵ月程度で、体重減少の効果が現れます。
ただし服用を途中でやめてしまうと、食欲低減やインスリンの分泌促進などの効果はなくなってしまいます。
治療中止後にリバウンドする可能性があることに注意が必要です。

Q3.リベルサスとDPP4阻害剤の併用は可能ですか

リベルサスとDPP4阻害剤は、原則として併用はできません。
DPP4阻害剤とは、食事の際に分泌されるインスリンを調整して血糖値を下げる飲み薬です。
リベルサスとDPP4阻害剤は、どちらもGLP-1受容体を媒介とする血糖値の低下作用を有しています。
両剤を併用した時の臨床試験はいまだ実施されておらず、有効性や安全性は確認されていません。

Q3.リベルサスはどこで手に入りますか?

リベルサスの購入方法としてあげられるのが、いずれかの方法です。

①内科

糖尿病の場合は処方してくれます。糖尿病ではない場合は基本的には処方してくれません。
仮に処方されたとしても糖尿病でないと保険は対象外で高額になります。

②個人輸入

個人輸入であれば、糖尿病でなくても安価に手に入ります。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果

ミノキシジルタブレットとはミノキシジルを配合した内服薬であり、男女ともに服用できる薄毛治療薬として効果が発揮します。

ミノタブ効果

薄毛は頭皮の血行不良により、発毛に必要な栄養が毛乳糖細胞まで十分に運ばれなくなることが原因の1つです。

ミノキシジルは頭皮の血行不良に対処する目的で処方され、服用により血管(細動脈)が拡張され頭皮の血流改善を目指せます。これにより血行不良で薄毛化していた頭皮環境を対処でき、もとの健康的な髪が生える頭皮環境に戻す効果を期待できます。

服用の際は1日1錠を決まった時間に服用し続ける必要があり、最低でも3ヶ月〜半年の継続を想定して服用しましょう。服用の過程で薄くなっていた髪が抜け落ちる初期脱毛が起きる場合がありますが、初期脱毛はあくまでも一時的な症状です。

正しく服用を継続すれば健康的な髪が生える頭皮環境を目指せるため、ミノキシジルタブレットとても発毛には効果が高いですので、正しく服用し、髪を生やしていきましょう。

ミノタブ

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、ミノキシジル成分を含んだ錠剤(内服薬)のことを指します。元々はファイザー社が開発した降圧剤でしたが、発毛に効果があることが判明しました。
主成分のミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮の血行が促進されます。その効果によって毛細血管から毛乳頭に酸素や栄養を送り、発毛を促します。外用のミノキシジル配合薬に比べ内服方の方が吸収率が高く、より高い発毛効果を期待できます。
ミノキシジルはすでに特許権が満了を迎え、利益が見込めないため、製薬会社が日本でミノキシジルタブレットを今後AGA治療薬として申請することはない為、入手が困難ですが、個人輸入で安価に入手することが可能です。

ミノキシジル内服薬と外用薬

ミノキシジルには内服薬と外用薬がある。
ミノキシジルタブレットとミノキシジルローションの内服薬、外用薬があり、併用も可能です。ミノキシジルローションは日本皮膚科学会が男性型脱毛症(AGA)治療ガイドラインで推奨度Aにしています。ミノキシジルタブレットを内服することで外用剤よりも高い発毛、育毛効果が期待されます。

ミノキシジルタブレットと併用できる発毛剤

ミノキシジルタブレットは、外用薬と比べて高い発毛効果が見込めます。
また、プロペシアやザガーロと併用すると効果的です。
ミノキシジル外用薬とも併用が可能となります。

ミノキシジルタブレットの初期脱毛

ミノキシジルタブレット服用後2週~3か月間で一時的に抜け毛が増えることがあります。これが「初期脱毛」と言われています。
初期脱毛は一時的なもので自然軽快します。また治療がうまくいっている証拠でもありますのでご安心ください。また初期脱毛の症状には個人差があります。

ミノキシジルタブレットの用法・用量

通常は1日~10mgを1日1回~3回服用する。
剤型は2.5mg錠、5mg錠、10mg錠。

ミノキシジルタブレットの効能・効果
ミノキシジル(Minoxijil)
ミノキシジルタブレットの有効成分
ミノキシジル(Minoxijil)

ミノキシジルタブレットは臨床のAGA治療で高い発毛効果を有しています。
早い方で服用後3か月から、遅い方でも服用後6か月でほとんどの方の発毛・育毛に効果があります。

ミノキシジルタブレットの飲み方・服用方法

ミノキシジルタブレットは臨床上1日1~2回、1回~10mgを服用します。
食事の影響はないので時間を決めて、飲み忘れないようにすることが肝要です。
ミノキシジルタブレットの服用する用量は調節が難しいので、医師と相談しながら用量を調節することをお勧めいたします。

ミノキシジルタブレットの副作用

多毛、眩暈、動悸、浮腫など。
ミノキシジルタブレットは元々降圧薬として開発されたので、血管拡張によるめまいや動悸等副作用と高い効果が期待できますが、余計な部分にも毛が生える多毛等があります。
最も多い副作用は多毛です。眩暈などは服用後しばらくすると多くの方が自然軽快しますが、改善しない場合は医師とご相談ください。
浮腫などの副作用も知られていますがほとんどは女性で男性では稀です。

ミノキシジルタブレットの使用上の注意点

血圧を下げる効果があるため、過度なアルコール摂取や入浴をすることにより気分が悪くなる恐れがあります。また正常時よりも血圧が下がる可能性があるので低血圧の方も注意が必要です。
水分を摂取する等してください。

ミノキシジルタブレットのネット通販・個人輸入代行

ミノキシジルタブレットを個人輸入で安価に入手が可能で、髪を生やしているほとんどの方はミノタブを個人輸入で入手しております。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

 


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村