発毛剤の真実

ミノキシジル・フィナステリド・ディタステリドのジェネリックでハゲ治療

ハゲる食べ物ワースト10

ハゲる食べ物につて、高カロリー・高脂質な食べ物は抜け毛が増え、薄毛進行のリスクが高まるので、ラーメンやファストフード、揚げ物などの高脂質な食べ物はできるだけ控えるよう心がけましょう。

また、高カロリーという点ではチョコレートやケーキなどの糖質の多い食べ物にも注意が必要です。 糖分の過剰摂取は血中の中性脂肪を増加させます。

今回は、髪の毛や頭皮に悪い影響を与えてハゲてしまう食べ物を見ていきます。

下記がハゲる食べ物ワースト10になります。 

1位 ラーメン

f:id:participantlink:20190422235904j:plain

大量の脂肪分が1番の原因です。
脂質だけでなく塩分やカロリーも非常に高い食べ物になります。
血行を鈍らせ皮脂を過剰分泌させるラーメンはハゲる食べ物ナンバー1です。

2位 スナック菓子

f:id:participantlink:20190422235945j:plain

塩分の高い食べ物は、血中塩分濃度を下げるために心臓へ負担がかかり血行不良を招きます。
血行不良はハゲにとっての大敵なので、血行を鈍らせる食べ物はハゲを進行させます。
さらに大量の添加物と脂質が合わさり最悪です。

3位 コンビニの食品

f:id:participantlink:20190423000009j:plain

コンビニは手軽で便利ですが、お弁当、おにぎり、パンなどコンビニの食品には、大量の防腐剤や添加物が含まれています。

4位 ファーストフード

f:id:participantlink:20190423000033j:plain

ハンバーガーやフライドポテトは脂質や塩分も多く含まれているヘゲる食べ物です。
生産性とコストを重視したファーストフード店の食べ物には、大量の添加物が含まれてます。 

5位 インスタント食品

f:id:participantlink:20190423000102j:plain

カップ麺やカップスープは食品添加物の多い食べ物です。
添加物はハゲる食べ物の定番です。
健康を害するだけでなく、酷い血行不良を招きます。

6位 お酒

f:id:participantlink:20190423000128j:plain

お酒を飲むと、アルコールを分解する役目を担う肝臓に負担がかかります。
肝臓は髪の毛の主成分となるたんぱく質の合成を行う器官でもあります。
アルコールの分解に精一杯になり、タンパク質の合成が鈍ってしまいます。

7位 肉の脂身

f:id:participantlink:20190423000156j:plain

脂身の多い肉はハゲる食べ物なので避けるのが懸命です。
特に肉の脂身は動物性脂肪になるので、植物油よりもハゲるリスクの高い食べ物です。

8位 コーラ

f:id:participantlink:20190423000217j:plain

コーラに含まれているリンは、薄毛・抜け毛の原因になる成分です。
一般的には350mlの飲料水の中にはリンが10mg前後含まれていると言われていますが、コーラの場合はなんと40~70mgも含まれており、非常に多量のリンを含んだ飲料水です。
また、甘味をつけるために使用されているのが、ショ糖と言う糖分です。
ショ糖を分解するために大量のビタミンB2・ミネラルが消費され、髪の毛に栄養が回らなくなってしまいます。
ビタミンB2が大量に消費されると皮脂が過剰に分泌され、毛穴が塞がってしまい毛髪が育たない環境が出来てしまいダブルパンチとなります。

9位 甘い食べ物

f:id:participantlink:20190423000250j:plain

甘いものといえば、ケーキやアイスクリーム、チョコレートなどが最初に思いつくのではないでしょうか。
高脂肪で高コレステロールのものは髪に悪影響を及ぼします。

10位 コーヒー

f:id:participantlink:20190423000320j:plain

コーヒーに含まれるタンニンには、亜鉛の吸収を妨害する働きがあります。
亜鉛は髪に必要な栄養素です。
まあ、カフェインにより睡眠障害や意を荒らしてしまう事で消化機能や吸収能力が低下してしまい、必要な栄養も十分に吸収できず弱った髪の毛を作る原因になります。

上記が髪に悪い食べ物ですので、ハゲ克服するには控えた方が良いです。
逆に髪に良い食べ物には下記の通りです。

髪に良い食べ物

f:id:participantlink:20190520154405p:plain


・髪の基本成分のケラチンのもとになる上質アミノ酸を含むタンパク質が多い食品

肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品、カキ

・甲状腺の働きを助け、髪の発育を促進するヨードを多く含む食品

わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類

・血行をよくして抜け毛を防ぐビタミンE、Aを多く含む食品

にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜、玄米、胚芽米、小麦胚芽油、ごま、ナッツ類、紅花油

・ビタミン、特にA、C、E、Fなどを多く含む食品

レモン、オレンジ、キンカン、さくらんぼ、いちごなどの柑橘類

・血液の凝固力を下げコレステロールを防ぐエイコサペンタエン酸を多く含む食品

いわし、ぶり、さばなどの背の青い魚

・頭皮の新陳代謝を促進するビタミンBを多く含む食品

玄米、小麦胚芽油、豚肉の赤身、レバー、マグロ

・髪のツヤや張りをよくするコラーゲンを多く含む食品

長いも、れんこん、納豆

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

薄毛になる習慣

M字部分の頭皮が気になる場合は、耳の真ん中から頭頂部まで垂直に結んだ線と、M字の一番奥まった所(角額)までの距離が2cm以上だと薄毛だと判断できます。

頭頂部は、つむじ周辺の頭皮が透けている部分が親指と人差し指で作った丸より広い、つむじの渦がぼやけている、地肌の色が赤や茶色だと薄毛になっている可能性が高いです。

薄毛

薄毛になる習慣について、具体的に以下の点を挙げて説明します。

食生活の乱れ

食生活の乱れ

栄養不足: 鉄、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンDなどの不足は、毛髪の健康に悪影響を与えます。
高脂肪・高糖分の食事: 過剰な脂肪や糖分の摂取は頭皮の健康を損ない、毛髪の成長を阻害することがあります。

慢性的なストレス

慢性的なストレス

ホルモンバランスの乱れ: ストレスはコルチゾールなどのホルモンの分泌を増加させ、毛髪の成長サイクルに悪影響を与えます。
血行不良: ストレスによる血行不良が頭皮に影響し、毛髪への栄養供給が滞ります。

睡眠不足

睡眠不足

健やかな生活のためにきちんとした睡眠が必要なことはもはや説明不要でしょう。睡眠には心身の疲労を回復させる役割があり、睡眠時間が足りないなどの「量的」問題や、なかなか寝付けないなどの「質的」問題が蓄積すると生活に支障が出るだけでなく、健康を害する恐れが生じることが分かってきました。生活習慣病やうつ病などが睡眠障害から生じると言われており、正しい睡眠を知ることが非常に重要であると言えます。

頭皮ケアの不十分

頭皮ケアの不十分

不適切なシャンプー使用: 頭皮に合わないシャンプーや過度な洗髪は頭皮を乾燥させ、毛髪に悪影響を与えることがあります。
頭皮の汚れの蓄積: 過剰な皮脂や汚れが毛穴を詰まらせ、毛髪の成長を妨げます。

喫煙

喫煙

喫煙は血管を収縮させ、毛髪の成長に必要な栄養素の供給を妨げます。
毒素の影響: タバコに含まれる有害物質が毛根に悪影響を与える可能性があります。

アルコールの過剰摂取

アルコールの過剰摂取

栄養吸収の妨げ: アルコールの過剰摂取は体内のビタミンやミネラルの吸収を妨げ、毛髪の健康に悪影響を与えます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

過剰なテストステロン: テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで、毛包が縮小し、薄毛が進行することがあります。

遺伝的要因

遺伝的要因

薄毛になる習慣について、具体的に以下の点を挙げて説明します。薄毛の遺伝子を持つとされるX染色体は、母方の祖父母や曽祖父母の遺伝子情報も引き継ぎます。
具体的な確率としては、母方の祖父が薄毛の場合で約75%、母方の祖父と曽祖父ともに薄毛の場合で約90%というデータがあります。
一般的に、薄毛の遺伝子は母親の遺伝子(X染色体)から引き継がれるといわれています。
母方に薄毛の人がいるからといって必ずしもAGAになるということではありませんが、母方に薄毛の人がいない人に比べるとAGAを発症する確率は極めて高いといえます。
母方に薄毛の人がいなくても、稀に父親の薄毛が遺伝するケースもあります。
血のつながった兄弟でもAGAが同じように発症するわけではありません。AGAの要因は必ずしも遺伝だけというわけではなく、個人差があります。
大切なのは、AGAの症状が見られたら早めにアクションを起こすことです。

予防と対策

バランスの取れた食事: 栄養豊富な食事を心がける。
ストレス管理: リラクゼーションや運動を取り入れ、ストレスを適切に管理する。
質の高い睡眠: 睡眠時間を確保し、睡眠の質を向上させる。
適切な頭皮ケア: 頭皮に合ったシャンプーを使用し、適度な頻度でシャンプーを行う。
禁煙: 喫煙をやめることで血流を改善し、毛髪の健康を維持する。
節酒: アルコールの摂取を控える。これらの習慣を見直し、改善することで、薄毛の進行を遅らせることが期待できます。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

ミノキシジルで攻めてとフィナステリドで守る併用効果の威力

薄毛は人によって頭頂部であったり、生え際であったりと場所が全然変わってきますが、ミノキシジルとフィナステリドを併用することでその多数の薄毛タイプをカバーすることができます。

例えば、頭頂部の薄毛では、血管の詰まりによる血流不足が原因のことが多いと言われていますが、頭頂部は最も血管が集まる場所です。

そんな時はミノキシジルが効果的です。

血管を拡張することで、血流不足を改善することができるからです。

元々血管が多い場所ですから、その作用が一番期待できます。

では、前頭部の薄毛はどうなのかというと、これは原因がわかりにくいんです。

血流不足になりがちな場所ではあるのですが、DHTも発生しやすい場所なのでミノキシジルが有効かフィナステリドが有効が判断がつかない場合が多いです。

フィナステリドとミノキシジルの併用

こういう場合に併用しておけば、前頭部の薄毛にも対応できるということになります。

どういうタイプの薄毛にも対応できるということから、調べてみると実は、日本でも日本皮膚科学会が治療データに基づいて推奨している発毛法となっています。

さらに海外の話になりますが、アメリカ医薬品局(FDA:日本の厚生労働省にあたるHHSに属している医薬品から食品、医療機器までを一括で管理している機関)でも併用は認められていることから、まさしく世界共通の発毛法といえます。 

f:id:participantlink:20190621023139p:plain

フィナステリドの効果

フィナステリドの効果は、5aリダクターゼを抑えて脱毛を防ぐことです。

DHTの生成を防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻してくれるため、成長期が長くなります。

これに伴って髪自体も太くコシが出るため、頭皮が透けて見えることがなくなるのです。国内の臨床実験によると、1年で58%、2年で68%、3年で78%と飲み続けるほど改善効果が得られるという結果が出ました。

フィナステリド効果

DHTは一度生成されるとヘアサイクルに影響を及ぼすため、途中でフィナステリドの服用をやめてしまうと効果が半減すると考えられます。

フィナステリドによる5aリダクターゼの抑制は、脱毛のメカニズムを改善するものなのです。 

f:id:participantlink:20190621024354p:plain

ミノキシジルの効果 

ミノキシジルの効果は、フィナステリドとは全く異なります。もともと、ミノキシジルは高血圧患者の治療のために開発された薬品でした。

投与した患者に発毛効果が見られたために、薄毛治療薬として開発が進んだ背景はフィナステリドと似ています。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は毛根部分の血管を拡張し、血流を促進することです。

髪の毛は毛乳頭から栄養を受け取り、毛母細胞が分裂することによって成長します。

毛乳頭自身は血液によって運ばれてくる栄養を取り入れているため、血流が悪いと十分に栄養が髪に行き渡らず、成長できなくなるのです。

血管拡張作用のある薬はほかにもありますが、ミノキシジルはとりわけ発毛に効果的であることで知られています。

なお、ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

ミノキシジル外用薬と内服薬

外用薬は頭皮に直接塗布するものですが、頭皮から浸透して残留する時間はそれほど長くなく、効果は一時的です。

対して、内服薬は血流に溶け込むため、持続的な作用が期待できます。 

f:id:participantlink:20190621024519j:plain

フィナステリドとミノキシジルの併用効果 

5aリダクターゼを抑制し、ヘアサイクルを改善することで脱毛を改善するフィナステリドと血管を拡張して血流を促進してくれるミノキシジル。

この2つは相性がよく、併用することで相乗効果が期待できます。

フィナステリドによって正常に戻ったヘアサイクルで、ミノキシジルが髪の成長を強力にサポートしてくれるのです。

この場合、ミノキシジルは外用薬ではなく内服薬がいいです。

通常、医療において同じ効果のある薬を重複して使用することはほとんどありませんが、フィナステリドとミノキシジルはメカニズムが全く違うため、体への負担が小さいと考えられています。

実際にAGA専門クリニックや育毛サロンで2つを併用して治療を進めているところも多いです。

もし、現在片方だけ使用していて効果が感じられていないなら、併用を試してみる価値があります。 

f:id:participantlink:20190621024502p:plain 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

治療費の相場

AGA(男性型脱毛症)は、日本人男性の3人に1人は発症すると言われている脱毛症です。

薄毛は、中年男性特有の症状というイメージがありますが、AGAは年齢を問わず誰でも発症する可能性があります。

早い方では20代前半で症状が進行するため、若くして薄毛症状が顕著な方は、早期に対策する必要があります。

AGAは一度発症すると自然治癒は困難と言われていますが、適切なAGA治療を受けることで薄毛の改善が見込めます。

薄毛の進行

薄毛治療の選択肢は5つ

薄毛改善を目指すにあたり、治療の選択肢には以下5つの方法があります。

・内服薬
・外用薬
・注入療法
・自毛植毛
・光・LED治療

ここからはそれぞれの治療法の特徴を詳しく解説していきます。

内服薬

内服薬

AGA治療で処方される内服薬は次の2種類に分けられます。

・薄毛の進行を予防するもの
・新たな髪の発毛を促すもの

どのお薬を処方するかは症状に合わせて医師が判断します(複数の内服薬を処方される場合もあり)。

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療のガイドライン2017年版」では、もっとも高く推奨されている治療法の一つです。

AGA治療の内服薬は、一度服用したからといって劇的に毛髪が変化するわけではありません。まずは乱れたヘアサイクルを正常化することからはじまるため、効果を実感するまでには長期にわたる服用が必要です。

外用薬

外用薬

薄毛部位に塗布し発毛を促す外用薬は、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療のガイドライン2017年版」ではAの「行うよう強く勧める」に評価されています。

複数の臨床試験で発毛の有効性が確認されており、かつ男女どちらの薄毛治療にも使用できます。

注入療法

注入療法

注入治療は毛髪の成長因子を含む薬液を頭皮に直接注入する治療法です。

注入治療を単体で実施するよりは、内服薬や外用薬による治療とセットで行われることが多いです。お薬の効果を補助することで、治療効果を実感できるまでの期間を短縮することが期待できます。

治療を行うクリニックや使用する薬液によっては「HARG療法」「メソセラピー」とも呼ばれます。

自毛植毛

自毛植毛

自毛植毛とは、自分の毛髪を薄毛部位に移植する植毛術のことです。

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療のガイドライン2017年版」では、推奨度Bの治療法と評価されています。

1回の治療で完了し、生着した毛髪が半永久的に生え変わり続けるのが大きなメリットです。近年はメスを使用しない技術が普及し、従来の方法に比べ頭皮に負担の少ない治療ができるようになりました。

自毛植毛の生着率は82.5%程度とされており、内服薬や外用薬で十分な効果が得られない場合に推奨されます。しかし、治療範囲によって数百万単位の費用がかかるため、気軽に受けられる治療とは言い難いでしょう。

光・LED治療

光・LED治療

光・LED治療とは、高輝度LEDの光を毛乳頭細胞に照射する治療法のことです。

頭皮の血流を改善し、毛母細胞の発達を促すことが期待できます。

副作用が少ないので、持病や体質などで投薬治療が受けられない方に適しています。

治療に伴う痛みがないため、身体への負担もかかりません。

また、内服薬や外用薬との併用で相乗効果が期待できます。

光・LED治療はクリニックでの治療だけでなく、専用の機器を購入して自宅でセルフケアを行うことも可能です。(機器の購入には医師の診察が必要です)

薄毛治療の費用相場

治療法ごとの費用相場は次の通りです。

内服薬の費用相場

3,000〜15,000円/月

外用薬の費用相場

10,000〜15,000円/月

注入療法の費用相場

20,000〜60,000円/回

自毛植毛の費用相場

300,000〜2,000,000円/回

光・LED治療の費用相場

5,000〜10,000円/回

まとめ

AGA治療ではまず、内服薬や外用薬による治療から開始するのが一般的です。

お薬には複数の種類があり、症状に合わせて医師が処方するため費用相場にはある程度の開きがあります。(1種類のみの場合もあれば複数組み合わせる場合もあります)

注入療法は投薬治療の補助として使われることが多い治療法です。

費用相場は1回20,000〜60,000円ですが、効果を高めるためには半年〜1年ほど継続することが推奨されます。

自毛植毛の費用は移植の範囲に応じて数十万〜数百万円と大きく変化します。

光・LED治療はほかの治療法に比べて1回あたりの単価は手頃ですが、治療に用いられる機器は国内でまだ認可を受けていません。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

AGA治療の初期脱毛の期間

AGAの治療薬には、プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)とミノキシジルがあります。

どれも初期脱毛の症状が起こり得ます。

しかし、初期脱毛が発生するのには、きちんとした理由が存在するのです。
発毛剤を使い始めてしばらくすると、髪が抜ける症状が出てきます。

初期脱毛

どうして初期脱毛が起こるのかというと、発毛剤の使い始めに起こる初期脱毛は、使用開始後の約1~2週間に発生して一か月前後ほど続くことが多いです。

特に、髪を洗った後は排水口に抜けた髪が詰まるほど、大量の抜け毛が起こります。

髪にはそれぞれ休止期、成長期、退行期というヘアサイクルがあります。

 

f:id:participantlink:20190512233649j:plain

発毛剤の多くは、この乱れてしまった髪のサイクルを正常化し、健康的な発毛をサポートする効果があります。

発毛剤を使用し始める事で初期脱毛が発生するのは、乱れたヘアサイクルが正常化するためです。

 

f:id:participantlink:20190512233759j:plain

 

一時的に抜け毛の量が増えて、驚く人もいますが時間が経てば自然と抜け毛の量は落ち着くことがほとんどで、症状が落ち着く頃は徐々に新しい髪が成長しているのです。

初期脱毛は発毛剤の効果が出てきている証拠でもあります。

この初期脱毛が起きている時期に正しいヘアケアを心がけることで、さらに発毛しやすい頭皮環境に導くこともできるのです。

そこで、以下が発毛のポイントになります。 

洗髪の際は優しく

初期脱毛の時期は新しい髪が生えてくる大切な時期でもあります。

この時、頭皮を傷めたり生えたばかりの髪に刺激を与えたりすると、健康な髪まで抜けてしまう原因になってしまいます。

そこで、シャンプーを使う際はゴシゴシとこすらずに、頭皮をマッサージするよう揉み込んで洗います。

また、シャンプーは直接頭皮へつけず、泡立てた状態で髪につけると頭皮への刺激を最小限にできます。 

最低でも4カ月以上発毛剤を使い続ける

中には初期脱毛に驚いてしまい、脱毛剤の使用を中止したくなります。

この初期脱毛は抜けるべき髪なので、時期が過ぎれば抜けた箇所から健康な髪が生えてきます。

そのため、発毛剤は最低でも4か月以上継続的に使用するのが重要です。 

睡眠をしっかりとる

健康的な髪を作るには、頭皮へ必要な酸素や栄養素を行き渡らせる必要があります。

睡眠不足が続くと、血流が悪くなって頭皮が硬直してしまう原因になってしまいます。

そのため、夜はぐっすり熟睡できるような環境作ることが重要です。

夜にしっかりと入浴して体を温め、心身ともにリラックスすることで入眠がスムーズになります。

また、目に光が入ると脳が働いたままで熟睡できなくなるので、眠る一時間前からスマートフォンやパソコンを触らないようにするのも大切です。

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

プロペシアとミノキシジルタブレットの併用効果

AGA(男性型脱毛症)の治療で使用される最強の発毛剤(育毛剤)として有名な成分が「ミノキシジルタブレット」になりますが、一般的な皮膚科や内科では処方されることはありませんので知らない人の方が多いかもしれません。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、発毛を促進させるためのAGA治療薬として、特に薄毛の症状がひどい方にAGAクリニックで処方される内服薬で、その発毛(育毛)効果の高さから多くの方が薄毛の悩みを克服しているのです。
後ほど詳しく解説しますが、AGA治療薬で有名なプロペシア(フィナステリド)単品だけでの発毛効果はそれほど期待できません。
なぜなら、プロペシアは(フィナステリド)あくまでも薄毛を食い止める「守り」の治療薬になるからです。
そのため、劇的に髪の毛を増やしたいと言う場合は、発毛効果の高いミノキシジルタブレットという「攻め」の治療薬が必須となってくるのです。  

f:id:participantlink:20200627153931p:plain

今回はAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)と併用した方が良いミノキシジルタブレットについて解説していきたいと思いますので、プロペシア(フィナステリド)を飲んでいるけど、思うように薄毛が改善していないと言う方にプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルタブレットの併用がかなり効果的になります。

ミノキシジルとは

f:id:participantlink:20190712234015j:plain

ミノキシジルとは、「発毛・育毛」効果の高い成分のことで、もともとは高血圧症の治療薬として使用されていた成分になります。
1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧症の治療薬として使用されていましたが、その副作用に「全身の多毛症(Hypertrichosis)」を頻繁に起こしてしまうことが分かり、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施されました。
その結果、頭部の脱毛症に有効と言うことが明らかとなったのです。
現代ではミノキシジル配合の発毛剤や、ミノキシジルタブレットなどがAGA治療に使われていて、外用薬内用薬共に高い効果があることからほとんどのAGAクリニックで取り扱いがあります。
つまり、ミノキシジルは「医薬品成分としての発毛効果が認められている」と言うことです。
ミノキシジルは、正式に厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、AGA(薄毛)改善の治療薬として幅広く使用されているのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、発毛(育毛)になります。
具体的に言いますと、細胞分裂を活性化させて髪の毛を成長させる効果があるります。
もう少し詳しく説明しますと、ミノキシジルは直接髪の毛の毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を早める働きをすると言うことです。
現在日本では、ミノキシジルを配合した発毛剤として「リアップX5プラスネオ」60ml本体価格 : 7,752円と高額で発売されています。

f:id:participantlink:20200627155342j:plain

リアップX5プラスネオはミノキシジル含有量5%の発毛剤で、最低でも4ヶ月の連続使用を要すると言われております。

リアップX5プラスネオは高いと感じている方は、ミノキシジル5%配合している商品でカークランドという安価な商品があります。

カークランドは2本セットで3,240 円となりますので1本あたり1,620円となりますので、リアップX5プラスネオとカークランドの1本当たりの価格を比べると、

リアップX5プラスネオ(7,752円)- カークランド(1,620円)= 5,623円

カークランドのほうがリアップⅩ5プラスネオより5,623円安くなりますので経済的です。

どちらもミノキシジル5%になりますので、全く同じ効果となります。
ちなみに、ミノキシジル5%で効果がでてない方は、ミノキシジルを16%配合した世界最高濃度の発毛剤「フォリックスFR16 」を使えば効果が期待できます。

ミノキシジルの濃度が高いほど効果も高くなっていきます。

現在のところミノキシジル16%が世界で最もミノキシジルの濃度が高い商品になります。

どうしても髪を生やしたいと思っている方には必須商品になります。

基本的に人間の髪の毛には「毛周期(ヘアサイクル)」があり「成長期→退行期→休止期」の様になっていて、2~6年の期間をかけて成長し、やがて退行期を迎えて成長が止まります。
そして休止期を迎えて仮眠の毛は抜け落ち、再び新しい髪の毛が生え成長期になります。f:id:participantlink:20190713003416j:plain

しかし、AGAの場合はこの毛周期が「DHT(ジヒドロテストステロン)」に狂わされるため、全うに成長することができなくなってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結合することによって生成される強力な脱毛ホルモンのことです。
このDHTが大量に生成されることで、AGAとなり髪の毛が失われ薄毛になってしまうのです。
つまり、DHTさえ抑制することができれば脱毛を防止するができます。
そこで活躍してくれるのが5αリダクターゼの働きを阻害してくれる成分「フィナステリド」です。 

f:id:participantlink:20190713002957p:plain

フィナステリドを主成分としたプロペシアを継続して服用することで、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので脱毛ホルモンであるDHTが生成されなくなります。
その結果、AGAの進行を防ぐことが可能となるのです。
また、DHTが抑制されることで正常なヘアサイクルに戻りますので、髪の毛は太く長く成長することが可能となります。
しかし、フィナステリドはあくまでも薄毛の進行を食い止める成分になりますので、発毛や育毛を促進させる効果のある成分ではありません。
そのため、発毛・育毛を促進させるためにミノキシジルが必要不可欠と言う訳なのです。
AGAクリニックでは、ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)の併用を推奨していて、ほとんどのクリニックでは2種類の内服薬を処方しています。

ミノキシジルが攻めの役割で、フィナステリドが守りの役割です。 

f:id:participantlink:20190713002642p:plain

ミノキシジルとプロペシアの併用が最強

ミノキシジルは上記でも言いましたように「発毛成分」になります。
一方プロペシアはAGAの進行を食い止める治療薬になります。
AGAの改善と言う意味では、プロペシアを服用すれば薄毛の進行を食い止めることはできますが、失ってしまった髪の毛を取り戻すことはできません。
しかし、ミノキシジルの効果をもってすれば、発毛を促進させて髪の毛の成長を早めてくれるので、薄毛が改善されるようになります。
つまり、ミノキシジルとプロペシアの併用は最強と言うことです。
これはAGA治療の専門医も言っていることで、よりAGAに効果的な方法は、ミノキシジルとプロペシアの併用処方になります。
AGA初期段階であれば、プロペシアの処方だけの場合もありますが、進行具合によってはプロペシアとミノキシジル(外用)、さらに進行している場合はプロペシアとミノキシジルタブレットの処方となります。
プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制し、ミノキシジルで発毛因子を刺激し、発毛を促し育毛を促進させることで薄毛が回復していくのです。
このように、双方の効果を同時に得ることで薄毛の悩みから解放されるのです。
プロペシアを服用しているけど一向にAGA(薄毛)が改善されないと言う場合は、ミノキシジルとの併用が効果的です。

併用

最強の育毛剤「ミノキシジルタブレット」が効果絶大

ミノキシジルは、上記で外用薬の育毛剤「リアップX5」をご紹介しましたが、外用薬よりも圧倒的に効果が高いのが服用タイプの「ミノキシジルタブレット」になります。
そのため、ほとんどのAGAクリニックではフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットの併用を推奨していて、AGA治療で処方される内服薬は基本的にこの2種類になります。
ちなみにですが、ミノキシジル外用薬は頭頂部にしか効果を発揮しませんが、ミノキシジルタブレットの場合は頭頂部にも前頭部にも発毛(育毛)効果を発揮してくれます。
つまり、AGA治療に最強のコンビはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットと言うことです。
ただし、同じAGAでも前頭部の薄毛の場合は、頭頂部の薄毛とは原因が異なりますので注意が必要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もあるのです。

ミノキシジルタブレットを服用しても思うように薄毛が改善しない場合もある

どういう事かと言いますと、AGAの原因はDHTになりますが、このDHTを生成する5αリダクターゼは実は2種類あるのです。
5αリダクターゼには1型と2型が存在し、頭頂部に多いのが2型5αリダクターゼで、前頭部に多いのが1型5αリダクターゼになります。
そして、フィナステリドが効果を発揮するのは頭頂部に多い2型5αリダクターゼだけになります。
つまり、前頭部の脱毛はフィナステリドでは完璧に防止できないと言うことです。
そのため、同じAGAでも前頭部の薄毛は改善しにくいと言われているのです。
ですから、ミノキシジルタブレットを継続して服用しても、脱毛を防止できなければ劇的な薄毛改善には期待できないと言うことなのです。
しかし最近は、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方の働きを阻害しくれる成分「デュタステリド」が登場し、厚生労働省の認可を受け実際に日本国内でも発売されるようになったのです。
ですからAGAでも頭頂部だけが薄毛の方の場合は「フィナステリド+ミノキシジルタブレット」で、前頭部が薄毛、もしくは前頭部も頭頂部も両方が薄毛と言う場合は「デュタステリド+ミノキシジルタブレット」が最強のコンビと言うことになります。
いずれにしても、劇的にAGA(薄毛)を改善するためには、発毛を促進させてくれるミノキシジルタブレットは必要不可欠と言うことになります。

ミノキシジルタブレットは前頭部にも効果を発揮してくれる

上記でも軽く触れましたが、ミノキシジルタブレットはAGAの中でも最も改善しにくいと言われている前頭部の薄毛にも効果を発揮してくれます。
つまり、額の生え際部分がハゲているいわゆるM字ハゲにも発毛効果があると言うことです。
ミノキシジルの外用薬であるリアップX5は、前頭部にそれほど効果を発揮しませんので諦めている方も多いと思いますが、服用タイプのミノキシジルタブレットでしたらM字ハゲ改善にも十分に期待できるのです。
ミノキシジルは毛母細胞を直接刺激し、髪の毛の発毛や育毛を促進させてくれます。
ミノキシジルタブレットは、体内で吸収され血液によって全身に運搬されますので、外用薬では効果を得にくい前頭部にもしっかりと有効成分が届きます。
そのため、生え際には効果を発揮しないと言う根拠がないのです。
要するにミノキシジルタブレットを服用することで額の生え際部分のハゲ対策も完璧にできると言うことです。

ミノキシジルタブレットは認可されていない

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛促進効果があります。
しかし、これだけ発毛効果があるにも関わらず「AGA治療薬として認可されていない」のが現状になります。
つまり、ミノキシジルタブレットは、あくまでも「高血圧症の治療薬」と言うことです。
そのため、原則として医師の処方のみでしか入手することができませんでしたが、最近では個人輸入でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルタブレットを入手するには

ミノキシジルタブレット通称「ミノタブ」を入手する方法は2パターンあります。
①AGAクリニックで処方してもらう
②個人輸入代行サイトで入手する
基本的にミノキシジルタブレットを手に入れる方法は上記の2つになります。

①AGAクリニックで処方してもらう 

AGAクリニック

一般的には、ミノキシジルタブレットの入手方法は「AGAクリニックで処方してもらう」方法になります。
上記でも言いましたが、ミノキシジルタブレットはAGA治療薬として世界的に認可されていない薬で、基本的には高血圧症の治療薬になるため扱いが非常に難しくなります。
そのため、しっかりと専門医の診察を受けて、あなたの薄毛にはミノキシジルタブレットが必要だと言う医師の診断が必要になります。
そして初めて処方してもらえるのが基本的にミノキシジルタブレットの入手方法になります。
しかもAGAクリニックでは、しっかりと血液検査等を行い、あなたの薄毛の細かい原因まで徹底的に調べてから、症状に合った治療薬を処方する必要があります。
その分どうしても料金が高額になってしまいます。

②個人輸入代行サイトで入手する 

AGA

ミノキシジルタブレットの入手方法の2つ目は「個人輸入代行サイト」を利用するかたちになります。
個人輸入代行サイトも複数ありますが、全国的に有名で比較的安心できると言えばやはりオオサカ堂です。
ちなみにですが、オオサカ堂では海外正規品の医薬品を格安で販売していて、代行手数料も送料も全て無料になりますので意外と多くの方が利用しています。
特にプロペシアの価格は激安で、皮膚科や内科では最低でも10,000円はしますが、オオサカ堂でしたら半額以下の3,000円代での購入が可能となります。
オオサカ堂は設立20年以上になる個人輸入代行サイトの中でも老舗になりますので、信頼と実績があり多くの方が利用しています。
そのため、安全ではあると思いますがご利用の際は自己責任になります。

oneclck.net

AGA治療の基本はプロペシアとミノキシジルの併用

AGA治療と言えば、「プロペシアの内服療法」が一般的に認識されていますが、実はプロペシアだけでは改善しない場合があります。
なぜなら、プロペシアは脱毛ホルモンであるDHTの生成を抑制し脱毛を防止するための治療薬であり、発毛を促進させる効果には期待できないからになります。
もちろんプロペシアの服用だけで薄毛が改善したと言う方も居ますが、このようなケースは早期治療をはじめた方で、もともとハゲではなく若干の薄毛だった場合になります。
完全にハゲてしまっている場合は、プロペシアでDHTを抑制してもすでにハゲてしまっているためあまり意味がありません。
つまり、プロペシアはあくまでも「現状維持」と言うかたちの薬であると言うことになります。
現状細く弱々しくなっている髪の毛でも残っているのなら、DHT生成を抑制し、太く長い健康な髪の毛に成長させることは可能ではありますが、髪の毛が残っていない状態だとプロペシアだけで完全復活することは難しいと言えます。
ちなみにですが、AGAクリニックではなく皮膚科に相談した場合は基本的にプロペシアの処方しか行いません。
一方AGAクリニックに相談した場合はプロペシアとミノキシジルの両方の処方を行います(状況によります)。
これは、プロペシアでAGAの原因であるDHTを抑制することと、ミノキシジルで発毛を促進させることが目的になるからです。
だからAGAクリニックに通院しているほとんどの方が早い段階で薄毛を克服しているのです。
つまり、プロペシアにはプロペシアの役割があり、ミノキシジルにはミノキシジルの役割があると言うことです。
以上のことから、プロペシアとミノキシジルの併用がAGA治療の基本中の基本になると言うことが分かります。

プロペシアの特徴と役割について

改めてAGA治療薬であるプロペシアの特徴と役割について解説しておきたいと思います。
AGAと言われる男性型脱毛症がなぜ起こってしまうのかと言いますと、「男性ホルモンであるTH(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することによってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合することでヘアサイクルが乱れ脱毛が起こる」と言うことになります。
以上のことからAGAの原因を作っているのはDHTと言うことが分かりますね。
そしてこのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させてしまう5αリダクターゼになります。
つまり、5αリダクターゼの働きを阻害することができれば、脱毛を防止することができると言うことになります。
その役割を担ってくれるのが、プロペシア(フィナステリド)なのです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害してくれますので、DHTの生成を抑制させることができます。
プロペシアはDHTを減らし、毛根を守ってくれる薬になりますのであくまでも現状維持のための治療薬と言うことになります。
そのため、プロペシアを服用することで今以上に髪の毛が減ることはないのです。
また、薄毛の症状が軽い場合はプロペシアを服用すれば薄毛が復活する場合もあります。
これがプロペシアの特徴と役割になります。

ミノキシジルの特徴と役割について

ミノキシジルは、プロペシアとは逆に「発毛効果」のあるAGA治療薬になります。
ミノキシジルは、皮膚科や内科で処方されることがないためその存在自体を知らないと言う方の方が多いと思います。
ミノキシジルと一口に言っても、服用タイプのミノキシジルタブレットと、外用タイプの育毛剤があります。
主にAGAクリニックで処方されるのは服用タイプのミノキシジルタブレットで通称「ミノタブ」になります。
ミノキシジルは、もともとは高血圧の治療薬として開発された医薬品なのですが、服用した患者に「全身の多毛症」と言う副作用が見られたため育毛剤としての研究が進み、AGA治療に利用されるようになりました。
それを外用の育毛剤として開発されたのが大正製薬から販売されている「リアップX5」なのです。
他にもロゲインなども有名ですが、人気はテレビCMでお馴染みで安心感のあるリアップX5になります。
ミノキシジルの特徴は、血管を拡張させ毛根への血流を改善させることで髪の毛の成長に必要な栄養素を届きやすくすることになります。
血行不良は薄毛の原因の一つになります。
また、ミノキシジルはただ血管を拡張させるだけではなく、ミノキシジル特有の発毛を促進させる効果がありますので、その他の高血圧治療薬とは訳が違います(ミノキシジル以外の高血圧治療薬全てに発毛効果はありません)。
実際の研究でミノキシジルは毛乳頭細胞に直接作用し、発毛に必要な成長因子を分泌させることで髪の毛の成長を促進させることが明らかとなっています。
つまり、ミノキシジルは脱毛を防止する守りのプロペシアとは全く逆の効果を発揮する薬で、攻めの薬と言うことになります。
ちなみにですが、ミノキシジルは内服薬(ミノキシジルタブレット)と外用薬(育毛剤)とがあると言いましたが、発毛効果育毛効果共に効果が高いのは服用タイプのミノキシジルタブレットになります。
リアップX5などの育毛剤タイプのミノキシジルは効果が弱い分副作用の心配は少なくなりますが、リアップX5では効果がない場合もあります。
育毛剤だと薄毛の状態によっては物足りない場合もありますが、薬ばかり飲みたくないと言う方や、副作用を気にされる方はまずはリアップX5のような育毛剤タイプとの併用から試してみると良いと思います。

プロペシアとミノキシジルを併用した方が良い3つの理由

それではプロペシアとミノキシジルを併用した方が良い3つの理由をご紹介していきたいと思います。

理由①プロペシアだけでは髪の毛は生えないから併用が良い

上記で説明した通り、プロペシアは発毛を促進させる効果のある治療薬ではなく、脱毛を防止する役割の治療薬になります。
そのため、プロペシアに発毛効果は期待できないと言うことです。
プロペシアを服用することで弱っている髪の毛が、健康な状態となり太く長く成長をはじめますので、多くの方はプロペシアを飲むと髪の毛が生えると勘違いしていますが、実際はプロペシアに発毛効果はありません。
初の服用タイプの育毛剤ということで注目されましたので「プロペシア=発毛(育毛)効果」と思われている方が多いと思いますが、期待して服用するとガッカリしてしまう場合がほとんどです。
ちなみにですが、プロペシアの発毛率はほんの数%しかありません。
臨床試験で全体の約6割の方がプロペシアで薄毛が改善したというデータがありますが、これは軽度改善や中程度改善のケースも含まれています。
つまり、プロペシアの服用で劇的に髪の毛が増えた人ばかりではなく、ちょっとだけ髪の毛が増えた場合でも一括りにして「改善」としているのです。
このような発表があると、多くの方の薄毛が改善したかのように受け取ってしまうと思いますが、実際はそうではなく劇的に改善した人はほんの数%になります。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

理由②ミノキシジルだけでは脱毛を防げないから併用が良い

プロペシアは脱毛を防止する役割で、ミノキシジルは発毛を促進させる役割と言うことは理解していただいていると思います。
ミノキシジルは服用タイプの方が効果は高いのですが、外用タイプの育毛剤でもプロペシアよりも圧倒的に発毛効果が高くなります。
そのため「ミノキシジルだけでも十分髪の毛が生えるんじゃないの」と考える人が居ます。
少しでも治療費を安く抑えたいという理由から、上記のような考えに至るケースが多いのですが、ミノキシジルは発毛効果はあるけど脱毛を防止する効果がないと言うことを忘れないでください。
そもそもAGA(薄毛)の原因は、ヘアサイクルを乱してしまうDHTにあります。
つまり、このDHTを抑制しない限り髪の毛はなくなるまで抜け続けると言うことです。
しかもミノキシジルではこのDHTの生成を抑制することはできません。
ですから、ミノキシジルで髪の毛の成長を促しても、結局後ろからDHTがやってきて髪の毛を抜け落ちさせてしまうのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用して発毛を促した方が良いのです。

理由③プロペシアとフィナステリドの併用でお互いの欠点を補える

プロペシアは脱毛を防いでくれますが発毛を促す効果がありません。
ミノキシジルは発毛を促進させるけど脱毛を防ぐ効果はありません。
お互いに欠点がある治療薬ではありますが、それぞれを併用することでお互いの欠点を補うことが可能となります。
また、それぞれの役割を効率よく発揮できるようになりますので、AGA治療においてプロペシアとミノキシジルの併用は基本中の基本であり最強と言えるのです。
そのため、AGA治療をはじめるならプロペシアで抜け毛を防止しながら発毛効果の高いミノキシジルを併用した方が良いのです。

以上3つがプロペシアとミノキシジルを併用した方が良い理由になります。お互いの欠点を補いながらそれぞれの役割を全うできるため、AGA改善までの道のりが最短になります。一刻も早く薄毛を改善したいと言う方は、このプロペシアとミノキシジルを併用した方が良いでしょう。

薄毛予防の場合はプロペシア単独でも効果あり

今現在薄毛ではないけど、将来的にハゲたくないと言う方は予防目的でプロペシアの服用をしましょう。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因であるDHTを生成してしまう5αリダクターゼの働きを阻害してくれる効果があります。
つまり、薄毛の進行を食い止める効果に関してはプロペシアは最強と言うことです。
そのため今現在は薄毛ではないけど、
①親族に薄毛の人が居る(特に母方の祖父に注意)
②最近抜け毛が増えてきた(シャンプー時に髪が抜ける)
③最近と薄くなってきた気がする
このような状況の方は、薄毛予防のためにプロペシアを単体で服用してみても良いと思います。
ハゲてからでは手遅れになる場合もありますので、ハゲる前に手を打つ人も少なくありません。
ただし、既にある程度薄毛になっているケースで、AGAが進行している場合はプロペシア単体では物足りない場合もありますので、ミノキシジルを併用した方が良いでしょう。
自分の頭部の状態をチェックしても自分で判断できないと言う場合は、AGAクリニックの無料カウンセリングなどを活用して相談してみるのもおすすめです。

プロペシアとミノキシジルの併用でAGAが改善しない場合の対処法

プロペシアとミノキシジルを併用しているにも関わらずAGAが一向に改善しないと言う場合は正直焦りますよね・・・
このような場合に考えられることは「栄養不足」もしくは「睡眠不足」になります。
まず、プロペシアは脱毛防止効果、ミノキシジルは血管拡張で血流改善になりますが、抜け毛を防ぎ血流を改善したところで髪の毛の成長に必要な栄養素が不足していると期待通りに髪の毛が成長しない場合もあります。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養素をしっかりと摂り入れる必要があるのです。
それから睡眠不足の場合も髪の毛の成長に悪影響を及ぼしますので要注意です。
なぜなら、髪の毛は寝ている間に成長しているからになります。
睡眠不足の状態だと、どれだけ効果のある薬を飲んでいたとしても効果を最大限発揮できない場合があるのです。
プロペシアとミノキシジルを併用しているにも関わらず思うように改善しないと言う場合は、髪の毛の成長に必要な栄養素と睡眠時間をしっかりとるようにしてみてください。
それでも薄毛が改善しない場合は、プロペシアがきかない体質のかのうせいがありますので、以下の記事を参考にしてみてください。

ミノキシジルタブレットを個人輸入

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を服用しているにも関わらず、一向にAGAが改善しない、薄毛が治らないと言う方も少なくはありません。
なぜなら、フィナステリドもデュタステリドも脱毛を防止するための成分で、発毛や育毛を促進させる効果には期待できないからになります。
そのため、劇的な薄毛改善を求めるならば上記で紹介しましたミノキシジルの力が必要不可欠となるのです。
特にミノキシジルタブレットの発毛効果は絶大で、リアップX5などの育毛剤と比較しても圧倒的な発毛効果があります。
しかし、ミノキシジルタブレットはもともと高血圧症の治療薬であると言うことと、服用量によっては副作用のリスクが高まってしまいますので、まずは専門医の判断を得ることが安全に服用するための秘訣になります。
ミノキシジルタブレットに発毛効果があることは世界的にも認められていますが、AGA治療薬としては全世界で認可されていませんので専門医の判断が重要になります。
そのため、ミノキシジルタブレットの服用を検討していると言う方は、個人輸入で手に入れることをおすすめします。

まとめ

以上のようにミノキシジルは非常に発毛(育毛)効果の高い成分で、AGA治療には欠かせないものとなります。
しかし、皮膚科や内科ではミノキシジルタブレットの処方は一切ないのでその存在を知らない人が多いのも事実になります。
もし、プロペシアやザガーロを飲んでいるけどそれほど薄毛が改善していないと言うことでしたら、ミノキシジルタブレットを併用することで薄毛を改善することが可能になります。  

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

AGAによる薄毛の原因と対策

成人男性の3人に1人が悩むAGAによる薄毛の原因と対策について、見ていきます。

AGA

効果的な薄毛治療を行うためにも、まずは原因を把握することが大切です。

そこで、代表的な薄毛の原因についてみていきます。

男性ホルモンによるもの

男性ホルモン

AGAは男性ホルモンを起因とする脱毛症の一種です。

しかしながら、男性ホルモンそのものが直接的に薄毛を引き起こすわけではありません。今一度、その発症メカニズムを整理しておきましょう。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼ(5α還元酵素)と結びつくことにより、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換されます。

このジヒドロテストステロンが毛包のホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に結合することで、頭髪のヘアサイクルが乱れてしまうのです。

結果、ヘアサイクルの成長期が通常よりも短くなり、成長の途中で毛が抜け落ち、また、細く抜けやすい髪の毛しか育たなくなります。

なお、テストステロンおよび5αリダクターゼはもともと体内に存在する物質であり、取り除くことができません。

AGA治療の分野では、その働きを阻害することがもっとも効果的とされています。

遺伝

遺伝

薄毛は遺伝することが判明しています。もっとも大きな要因となるのが、AGAとの関わりも深いホルモン受容体遺伝子です。

上記の通り、AGAはホルモン受容体がジヒドロテストステロンと結合することで発症・進行します。

ホルモン受容体の数は人によって異なります。その数が多ければ多いほど、AGAの発症リスクが高まるのです。

ホルモン受容体は遺伝子レベルで決まっていることから、薄毛が遺伝するケースも少なくありません。

遺伝子レベルの治療は未だ確立されていませんので、根本的な対策は不可能です。なお、詳しくは後述しますが、別の角度からのアプローチによって、遺伝による薄毛の治療も不可能ではありません。

ストレス

ストレス例

ストレスが薄毛につながることは、今や広く知られています。

一方で、ストレスによる原因の薄毛にもいくつかのパターンがあるのです。

薄毛の原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあります。

ホルモンは髪の毛と密接な関係にある物質です。そのため、ホルモンバランスが乱れると、薄毛を招く可能性があります。

そしてもうひとつが、交感神経への刺激によって血管が収縮し、頭皮の血行が悪化するパターンです。

髪はケラチンというタンパク質の一種によって大部分が構成されています。

ケラチンの生成に欠かせないアミノ酸やミネラル、ビタミンなどは血液によって頭皮まで運ばれているのです。

頭皮の血行不良が起これば、必然的に発毛や髪の成長が鈍化します。

食事・生活習慣

髪によい食事

食生活の偏りは、発毛や髪の成長に悪影響を与えることがわかっています。

例えば、タンパク質や亜鉛などのミネラルが不足するだけで、髪の毛の成長に歯止めをかけてしまうのです。

また、一見髪の毛とは関係がなさそうに思われる糖質も、不足してはならない栄養素のひとつとなります。

万が一不足すると、体内のタンパク質がエネルギーに変換・消費されます。近年では、ダイエットの観点から敬遠されがちな栄養素となっていますが、髪の成長のためにも、適量を摂取しましょう。
生活習慣の乱れも薄毛の原因となります。生活リズムが乱れると心身共にストレスを感じるため、心あたりのある方は今一度見直してみてはいかがでしょうか。さらに、発毛や髪の成長は睡眠中に行われるため、睡眠不足が薄毛を引き起こす可能性もあります。慢性的に睡眠不足という方は、特に注意しましょう。

外的要因

外的要因例

日常生活における外的要因は、頭皮環境の悪化を招きます。

例えば、パーマやカラーは直接的な薄毛の原因とはなりませんが、使用する薬剤には刺激の強いものも含まれます。

これらが頭皮に付着することで、部分的な炎症を引き起こす恐れがあるのです。

いうまでもなく、頭皮環境の悪化は薄毛リスクを大幅に高めます。

これから本格的な治療に取り組む予定の方は、可能な限りパーマやカラーは避けましょう。

使用するにしても、髪に優しい成分で出来たカラー剤などを使用しましょう。

身近なところに潜む外的要因として、紫外線にも触れておかなければなりません。

紫外線は長時間浴び続けると頭皮にダメージを与え、頭皮環境を悪化させます。

特に気をつけたいのが夏場です。

帽子を被るのがもっとも手軽な対策法ですが、長時間被り続けると頭皮が蒸れるため、かぶり続けるのは避けましょう。

このほか、ワックスなどの整髪料や刺激の強い石油系のシャンプーの使用など、日常生活にはさまざまな外的要因が潜んでいます。これらが主に招くのは頭皮環境の悪化ですが、一つひとつ対策を打つことが可能です。

髪の役割とヘアサイクル

髪は頭部を直射日光や暑さ寒さから守り、外部の衝撃から保護するクッションの役割を果たしています。

髪を含むすべての体毛は、伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい毛が生えてくるというサイクルをくり返します。

これをヘアサイクルといい、「成長期」「移行期」「休止期」の3期に分けられます。

ヘアサイクル

f:id:participantlink:20200830095240j:plain

成長期

毛の生えはじめから、成長が止まるまでの間 通常2~6年くらい
今生えている頭髪の85~90%

移行期

成長期から休止期に移行する過程の一時期 約2週間
今生えている頭髪の1%

休止期

毛根が退化してから脱毛するまでの期間 約3ヶ月間
今生えている頭髪の9~14%

休止期に入ると、毛包の長さ(毛根部分の長さ)は、成長期の2分の1から3分の1くらいになり、毛幹(見えている毛)は、皮膚表面近くまで押し上げられ、やがて脱毛します。

薄毛の主な原因

薄毛とは、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。

髪の本数を平均約10万本として計算すると、1日に50本から100本は自然に脱毛していると考えられますが、150本以上の状態が続くようなら、病的な抜け毛(異常脱毛)といえるでしょう。

f:id:participantlink:20200830095840j:plain

薄毛の原因としては、以下の4つの説があると一般的に言われています。

1. 血液循環不良説髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。

血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。

2. 男性ホルモン説遺伝的に男性ホルモンに影響される感受性を持つ人にみられます。

男性ホルモンの影響で、毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

3. 脂漏説皮脂が異常に多く分泌されると、毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害します。

4. 頭皮緊張説成長などにより、頭皮が突っぱって頭蓋骨と頭皮の間の血管を圧迫することにより、血流が悪くなって毛乳頭細胞の活動が低下するといわれています。

これらの4つのうちのどれかひとつが薄毛の原因とは限りません。複数の原因が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。

f:id:participantlink:20200830095634j:plain

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA)

男性ホルモンなどが主な原因で、軟毛化(毛の数は変わらなくても、太く長い毛が再生せず、細く短い毛に置き換わる)が進み、薄毛になる状態です。

軟毛化は、ヘアサイクルの成長期が短縮され、毛根が小さくなってしまうことによって起こります。

早い人では20歳代前半から始まります。ただ、男性が誰でも若くして薄毛になるわけではなく、遺伝的な素質に加え、ストレス、食事、生活習慣などの影響も大きいと考えられます。

なお、男性ホルモンは、髪は薄くする方向にはたらきますが、ひげや陰毛などは濃くする(硬毛化)方向にはたらくと考えられています。

脱毛の進行パターン脱毛は前頭部または頭頂部から起こることが多く、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな進行パターンがあります。

 

f:id:participantlink:20200830095534j:plain

男性型脱毛症/壮年性脱毛症の原因

発症の兆候頭皮や顔が脂っぽい、毛が細く柔らかい、細くて短い抜け毛が目立つ、といった兆候があると、男性型脱毛症(AGA)/壮年性脱毛症になりやすいといわれています。

早期の対策を行っていきましょう。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

ザガーロ(ディタステリド)の効果

ザガーロは、デュタステリドを配合したAGA治療薬です。ヘアサイクルを正常に整えて薄毛や抜け毛の改善効果が期待でき、プロペシアより高い発毛効果を得られると近年注目されています。

本記事ではザガーロについて、効果やほかの薬との違い、服用時の注意点を解説します。薄毛や抜け毛に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ザガーロ

AGA治療薬のザガーロとは

ザガーロは、グラクソ・スミスクライン社によって開発されたAGA内服治療薬です。韓国に次いで2番目となる2015年に、厚生労働省の承認を得て、日本でも販売が開始しました。現在ではトーワやサワイなど、さまざまなジェネリック医薬品が流通しています。

ディタステリド

元は前立腺肥大症

ザガーロは元々アボルブという名で、前立腺肥大症の治療薬として服用されていました。アボルブに含まれる有効成分デュタステリドが、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制する作用があることが発覚しました。AGA治療にも役立つのではないかと考えられるようになり、デュタステリドを主成分とするザガーロが開発、承認されました。

前立腺肥大症

主成分がデュタステリド

ザガーロでは、有効成分であるデュタステリドが主配合されています。日本皮膚科学会が発行する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」において、AGA治療におけるデュタステリド服用の推奨度はAランクでした。このことから、専門家もデュタステリドでのAGA治療を強く推奨していることがわかります。デュタステリドには、AGA発症の主な原因といわれるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を阻害する機能があります。薄毛の進行を遅らせるだけでなく、発毛や育毛を促す効果も期待できます。また、太くコシのある毛髪へと成長させる効果もあるため、頭部のボリュームアップも実感しやすいでしょう。

ジヒドロテストステロン

AGA治療薬ザガーロの主な効果

ザガーロには、還元酵素の一種である5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制する作用があります。髪の発毛サイクルを正常に整え、薄毛によって細くなった毛髪を太く強いものへと成長させる効果が期待できます。次の項目で、ザガーロの詳しい効果を解説します。

5αリダクターゼの働きを阻害

発毛効果

AGAの症状は、還元酵素の一種である5αリダクターゼと、男性ホルモンのテストステロンが結合することによって起こります。結合によってジヒドロテストステロンが生成され、毛乳頭細胞の男性ホルモンレセプターに取り込まれると、薄毛や抜け毛などの症状が発生します。ザガーロに含まれるデュタステリドには、5αリダクターゼを抑制する働きがあります。5αリダクターゼとテストステロンの結合を防ぎ、脱毛因子を減少させることによって、ヘアサイクルを改善して発毛や育毛を活性化します。なお、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在しますが、ザガーロに含まれるデュタステリドは、この両方の働きを制御することができます。

Ⅰ型とⅡ型

半年~1年で効果を実感できることが多い

ザガーロに限った話ではありませんが、AGA治療薬は基本的に即効性が低く、効果が出るまでに多くの時間を要します。ザガーロの場合は、最低でも半年は服用を継続する必要があります。ただし、AGAの進行具合が軽度な場合は、3か月程度で効果を実感できるケースもあります。反対に症状が進んでいるケースでは、効果が出るまで1年程度かかるといわれています。なお、1年以上服用を続けても効果を感じられない場合は、ザガーロが適合していない可能性が考えられるため、他の治療法へ切り替える必要があるでしょう。

ミノキシジル外用薬と併用でAGA治療効果が高まる

ザガーロは、ミノキシジル外用薬と共に使用することで治療効果が高まります。ミノキシジル外用薬は、頭皮に直接塗るタイプの薄毛改善治療薬です。毛髪を生成する毛母細胞を活性化させ、ヘアサイクルを正常に整える作用があります。ザガーロとミノキシジルはそれぞれ異なる作用を持っているため、組み合あわせて使用することで、AGAの改善効果をより実感できるでしょう。

半減期がある

半減期とは、代謝の科学的な反応により、薬の効果が半減する期間をいいます。半減期が短いことは、薬物が素早く代謝、排泄されることを意味します。反対に半減期が長い場合は、薬が長期間にわたり体内で作用することです。ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、約2週間の半減期があります。同じAGA治療薬のプロペシアの半減期が約6~8時間であることを考えると、ザガーロは長期間にわたって体内で成分が作用するため、その分効果を強く感じやすいといえます。

長期間服用しても耐性はつかない

ザガーロを長期間服用しても、薬剤耐性はつきません。薬を使い続けると細菌が持つ薬への抵抗力が高くなり、薬が効かなくなるケースがあります。たとえば、同じ頭痛薬を頻繁に服用すると、徐々に薬を飲んでも効果を感じなくなり、薬への耐性がついてしまうことがあります。これを薬剤耐性といいます。ザガーロは、服用を続けたとしても薬剤耐性がつくことはないため、長期間の治療でも安心して続けられるのが特徴です。

AGA治療薬ザガーロとプロペシアの違い

ザガーロと並ぶAGA治療薬として、プロペシアがあります。プロペシアは、世界初のAGA治療薬として知られており、有効成分としてフィナステリドが配合されています。次の項目で、両者の違いを解説します。

ザガーロはプロぺシアより強力

ザガーロとプロペシアは、どちらも5αリダクターゼの働きを阻害する作用を持っています。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類が存在します。プロペシアはⅡ型のみに作用しますが、ザガーロは両方の働きを抑えることができます。ザガーロの方が5αリダクターゼにおける効果範囲が大きいため、プロペシアよりも強い効果を発揮します。

服用目的

ザガーロはAGAを改善する目的で処方され、薄毛や抜け毛などの症状の悪化を防ぎます。一方プロペシアは、AGAの進行を遅延する目的で服用されます。症状を遅らせ、現状を悪化させないことが主目的であるため、根本から改善する場合は他の方法を取り入れる必要があります。

取り扱い方法

どちらも男性のみが服用できる治療薬であるため、女性や未成年の使用は認められていません。とくにザガーロの場合、経皮吸収されるほど配合成分が強力なため、カプセルから漏れ出た薬剤であっても女性や小児に触れさせてはなりません。万が一触れてしまった場合には、すぐに水と石鹸で洗い流しましょう。

AGA治療効果を得るためのザガーロ服用方法

ザガーロの治療効果を得るためには、用法容量を守って正しく服用することが重要です。ザガーロ治療薬には0.1mgと0.5mgの2種類がありますが、どちらを処方されても、1日1回1錠の服用ルールは変わりません。次の項目で、ザガーロの正しい服用方法を紹介するため、ぜひチェックしてください。

服用のタイミング

薬を飲むタイミングに、食前や食後などの決まったルールはありません。そのため、自身が飲みやすいと思う時間に服用するとよいでしょう。

服用時間

ザガーロを一度服用した後は、24時間以上の服用間隔を取る必要があります。そのため、朝起きてすぐ、夕食後など、大体の服用時間を自身の中で決めておくとよいでしょう。

飲み忘れた場合

ザガーロは、1日1錠を24時間以上の間隔を空けて服用します。飲み忘れた場合は、気付いたときに1日分の用量を服用してください。間違っても、薬が苦手なため2日に1回飲んだり、より効果を実感したいから1日に2錠服用したりするなど、自己判断で服用用量を操作するのは絶対にやめましょう。前日の分を飲み忘れたとしても、必ず1日1錠の用量を守って服用してください。

初期脱毛が起こる

ザガーロの服用をはじめると、初期脱毛が起こる可能性があります。これは、ヘアサイクルを正常に整えようと、体内の発毛作用を持つ因子が働くことによって生じる現象です。初期脱毛の症状には個人差があり、一気に大量の毛髪が抜けてしまう方もいれば、長期間に渡ってゆっくり抜けていくケースもあります。一般的には、服用を開始してから1か月程度で初期脱毛の症状があらわれることが多く、2~3か月経過したら、その後は徐々におさまります。ただし、人によっては症状が全くあらわれない方もいます。症状が出ないからといって薬の効果がないわけではないため、しばらく様子を見ることをおすすめします。間違っても、焦って服用を止めることだけはしないでください。

皮脂が減り頭皮が乾燥

ザガーロを服用することで皮脂が減り、頭皮が乾燥するケースがあります。ザガーロに含まれるデュタステリドは、酵素の一種である5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の働きを抑制する作用を持っています。そのなかでもⅠ型は、皮脂腺に多く分布しています。デュタステリドが5αリダクターゼⅠ型の働きを抑制することで、皮脂腺に何らかの障害が発生し、皮脂が減少する可能性があります。そのため、人によってはザガーロを服用することで、頭皮の乾燥を感じるケースもあるでしょう。

効果を実感できない方がいる

ザガーロを服用しても、効果を感じられない方もいます。そのような場合は、次の項目に当てはまらないか確認をしてみてください。

・AGAが原因ではない

・用法容量を守っていない

・服用を短期間でやめてしまった

・頭皮環境や毛髪のケアしていない

効果があらわれない一つ目のケースとして、AGAを原因とした薄毛ではない可能性があります。AGAが原因で薄毛や抜け毛が起こっている場合はザガーロで改善できますが、その他の病気や皮膚疾患が原因の場合は、改善が難しいでしょう。また効果が出ない原因として、薬の用法容量を守っていないケースもあります。決まった量を服用しなかったり、飲み忘れが多かったりする場合は、薬の効果を十分に得られない可能性が高いです。服用を短期間でやめてしまった場合も、効果を実感できないことが多いでしょう。なぜなら、ザガーロは効果が実感できるまでに半年~1年の期間を要するからです。乱れたヘアサイクルを正常に戻すために長期間にわたって服用を継続する必要があるため、途中で中断しては十分な効果を得られません。なお、ザガーロを正しく服用できていても、自身に合うシャンプーを使用していなかったり、栄養素を十分に摂れていなかったりする場合は、十分な効果があらわれない可能性があります。ザガーロだけに頼り過ぎず、普段の生活から健やかな毛髪が育つよう努力することが大切です。

献血できない期間がある

デュタステリドを含む血液が、女性や未成年に輸血される事態を防ぐために、ザガーロ服用中は他人への献血ができない決まりがあります。女性が妊娠している場合、生まれてくる赤ちゃんの生殖器の形成や発育に悪影響を及ぼし、健全な成長を阻害する可能性があります。ザガーロは半減期が約2週間と長いため、完全に血中から成分がなくなるまでは献血ができません。そのため、献血する際には、最低でも6か月以上服用を中止する必要があります。また、その後献血をおこなう場合でも、念のため医師に相談するとよいでしょう。

ほかの薬との飲み合わせ

ザガーロに併用禁忌薬はありませんが、併用時に注意すべき薬は存在します。飲み合わせの条件によっては、身体に何らかの悪影響が及ぶ可能性があるため、事前に把握しておくと安心でしょう。代表的な併用注意薬にCYP3A4阻害薬があります。具体的には、プロテアーゼ阻害剤や抗うつ薬で使用されるネファゾドン、制吐剤のアプレピタントなどが挙げられます。CYP3A4阻害薬とザガーロを併用すると、阻害薬の作用で有効成分デュタステリドの代謝が悪化し、血中濃度が上昇します。そうなると、腎機能低下の症状を招く恐れがあります。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

日本人男性の3人に1人が薄毛

薄毛は男性の深刻な悩みの一つで、日本人男性の3人に1人が薄毛です。

薄毛にはいくつかの原因が考えられますが、その中で主な原因はAGA(男性型脱毛症)です。

3人に1人は薄毛

AGAは進行性の症状であり、原因を理解した上で正しい治療が必要となります。

そんなAGAの原因について、この記事ではメカニズムや遺伝的要素など詳しく解説していきます。

AGAは進行性の男性型脱毛症

AGAとは、AndrogeneticAlopeciaの略で、男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)のことです。

男性型脱毛症とは、成人男性特有の進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部の毛髪が薄くなったりするのが特徴で、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと言われています。

AGAは治療せずに放置すると進行していきますので、早めの治療が大切です。

また、AGAは進行性であることが知られており、一度発症してしまうと自然に治ることは決してありません。

そのため、薄毛が気になり出した場合は、早めに治療を開始する必要があります。

AGA

AGA発症の原因

AGAは男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「II型5αリダクターゼ」が結合した「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛根に作用することで進行します。

通常のヘアサイクル(毛周期)は大きく「成長期」「退行期」「休止期」に分かれ、「成長期」において髪の毛は最も活発に育まれます。

通常は約1000〜2000日かけてヘアサイクルが1周しますが、AGAの発症でヘアサイクルが乱れると髪の毛の「成長期」が最短100日程度と極端に短縮されてしまうのです。

テストステロン

AGAのメカニズム

① 「テストステロン」と酵素の「II型5αリダクターゼ」が結合

② 「ジヒドロテストステロン(DHT)」が発生

③ 男性ホルモンレセプターが「DHT」をキャッチ

④ 脱毛因子「TGF-β」が増加

⑤ 「TGF-β」が毛乳頭細胞に退行期移行へのシグナルを発信

男性ホルモン

AGAの原因は2つの遺伝的要素

AGAの発症には様々な要因がありますが、中でも遺伝的要素による影響が大きいと言われています。代表的な要因は以下2つです。

・II型5αリダクターゼの活性度

・男性ホルモンレセプターの感受性

どちらか一方もしくは両方の要因を遺伝的に受け継いでいる場合、AGAを発症する可能性は高くなります。

AGAを発症するまでの流れ

II型5αリダクターゼの活性度

酵素の「II型5αリダクターゼ」は男性ホルモンの「テストステロン」と結合して原因ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成します。そのため、「II型5αリダクターゼ」の活性度が高い場合、AGAの原因ホルモンが過剰に生成されやすいので、AGAを発症しやすくなるのです。

「II型5αリダクターゼ」を活性化させる遺伝子は優勢遺伝と言われており、父親・母親のいずれかが遺伝子を持っている場合、遺伝する可能性が高くなります。

II型5αリダクターゼ

男性ホルモンレセプターの感受性

男性ホルモンレセプターはAGAの原因ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」をキャッチして、脱毛因子「TGF-β」を増加させます。

そのため、男性ホルモンレセプターの感受性が高い場合、DHTをキャッチして脱毛因子を増やしやすいので、AGAを発症しやすくなるのです。

男性ホルモンレセプターの感受性は隔世遺伝すると言われており、祖父母以前の世代の遺伝子が世代を超えて引き継がれる可能性があります。

つまり、両親が薄毛かどうかに関わらず、先祖に薄毛の方がいる場合に男性ホルモンレセプターの感受性を引き継ぐ可能性があるのです。

特に、母型の家系から遺伝することが多いと言われているため、母型の家系に薄毛の人がいると、その子孫はAGAになる可能性が高くなります。

AGA遺伝

AGA以外の脱毛原因3つ

男性が薄毛になる原因として一番多いのはAGAですが、それ以外の原因でも薄毛になる可能性はあります。

代表的な原因は以下3つです。

・ストレス

・食事・生活習慣の乱れ

・ホルモンバランスの乱れ

ストレス

長時間ストレスがかかるとホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌量が多くなって頭皮環境の悪化に繋がります。

頭皮環境の悪化は抜け毛に繋がるため、ストレスが原因となって薄毛になる可能性があります。強いストレスは自律神経のバランスを崩してしまうのです。

また、ストレスを受けると血管が収縮すると言われており、毛細血管への血流が悪くなる可能性があります。

頭皮には毛細血管が多く存在するため、血流が悪化すると薄毛へと繋がる可能性があります。

頭皮の血流は髪の毛に栄養を与えるだけでなく、代謝物を排出する重要な役割を担っているのです。

ストレス状態にある時に現れやすい兆候の代表を挙げておきます。

①全身症状

疲れやすい、体がだるい、気力がわかない など

②筋肉系症状

肩がこる、首がこる、手足がだるい、関節痛、偏頭痛がする など

③感覚器系症状

目が疲れやすい、めまいがする、多汗になる、音に対して過敏になる など

④睡眠障害

寝つきが悪い、眠りが浅い、早く目覚め再び寝付けない、夢ばかり見て寝た気がしない など

⑤循環器系症状

心臓がドキドキする、胸が痛くなる、脈がとぶ など

⑥消化器系症状

食欲不振、胃がもたれる、吐き気・嘔吐、よく下痢をする、便秘になりやすい など
このような兆候が現れ始めたら、要注意です。

ストレス

食事・生活習慣の乱れ

食事・生活習慣の乱れは、髪の毛の成長を妨げる要因となるため、薄毛に繋がる可能性があります。

髪の毛を作り出すためには栄養素が必要であり、特にタンパク質や亜鉛など特定の栄養素が重要な役割を担います。

これらの栄養素は食事から摂取する必要があるため、食生活が乱れると髪の毛の生成に必要な栄養素が損なわれ、髪の毛が充分に成長できなくなるのです。

また、睡眠不足などの生活習慣が乱れることで、頭皮環境の悪化に繋がる可能性もあります。

頭皮環境は髪の毛を育てる土壌であるため、健康な髪の毛には健康な頭皮が不可欠なのです。

食事・生活習慣の乱れ

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れるとヘアサイクルが乱れ、髪の毛が充分に成長する前に抜けてしまう可能性があります。

前述した通り、ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」に分けられ、通常は約1000〜2000日かけてヘアサイクルを1周します。

しかし、ホルモンバランスが乱れてヘアサイクルが乱れると、髪の毛は成長期からすぐに退行期へ以降して抜けていってしまうのです。

このホルモンバランスの乱れはAGAの要因にもなると言われています。

ホルモンバランスを整えるには「バランスの良い食事を摂る」「充分な睡眠時間を確保する」「適度な運動を行う」「腸内環境を整える」など、生活リズムを整えることが大切です。

ホルモンバランスの乱れ

医学的根拠に基づいたAGA治療

AGAは進行性の男性脱毛症であるため、治療をせずに放置すると髪の毛はますます薄くなっていきます。

進行度合いによりますが、AGAには医学的根拠に効果が認められた治療薬が存在するため、悩んでいる方は早めに検討しましょう。

代表的な治療薬は以下の3つです。

・フィナステリド

・ディタステリド

・ミノキシジル

AGA治療薬

AGA治療

フィナステリド

フィナステリドはAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑制し、AGAの進行を予防する効果があります。

AGAは男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「II型5αリダクターゼ」が結合した「ジヒドロテストステロン(DHT)」が原因となって進行しますが、フィナステリドには酵素の「II型5αリダクターゼ」を抑制する効果があるのです。

そのため、結果としてAGAの原因ホルモンであるDHTの生成を抑え、乱れたヘアサイクルを正常に戻す効果が期待できます。

フィナステリドの効果をいつから感じるかは個人差がありますが、少なくとも4~6ヶ月程度の継続服用が必要だと言われています。

継続服用による高い発毛効果は日本人男性を対象にした研究でも示されています。

フィナステリド

ディタステリド

デュタステリドは、AGA治療のために処方される治療薬の有効成分です。

もともと前立腺肥大症の治療のために開発された成分ですが、フィナステリドと同様に薄毛予防にも効果が期待できることがわかり、AGA治療薬として開発されました。

前立腺肥大症

デュタステリドは薬の成分で、前立腺肥大の治療薬では「アボルブ」、AGA治療薬では「ザガーロ」として発売されています。

AGAの症状は、還元酵素「5αリダクターゼ」の作用で、男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることで起こります。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、デュタステリドはこの両方に作用して、還元酵素の働きを食い止めます。

デュタステリドの作用でAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成が抑制され、薄毛の進行抑制や抜け毛予防の効果が期待できます。

デュタステリドが主成分として配合された治療薬はザガーロとアボルブの2種類です。

ザガーロはAGA治療のために処方される薬で、アボルブは前立腺肥大症の治療を目的として処方されます。

デュタステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬のアボルブに配合されていた成分です。

その副作用から抜け毛予防にも効果があることがわかり、AGA治療薬としてザガーロが開発されました。

ザガーロはAGA治療のために処方される治療薬で、デュタステリドが主成分として配合されています。

デュタステリドは脱毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する5αリダクターゼを阻害する働きがあります。

ザガーロは薄毛の進行抑制や抜け毛予防のための治療薬です。

薄毛の進行がかなり進んでいる場合や、発毛を目的とする場合はミノキシジルの併用が効果的です。

また、アボルブは、前立腺肥大症の治療のために処方される薬で、含まれる成分や用法用量はザガーロと同じです。

薬の名称が違うのは、治療目的や保険が適用されるかどうかを明確にするためです。AGA治療のためのザガーロは保険適用外です。

一方、アボルブは前立腺肥大症の治療のため、保険適用で処方してもらえます。

AGA治療を目的とする人が、前立腺肥大症と偽って保険適用でアボルブを処方してもらうことも考えられます。

同じ治療薬でも名前を変えているのは、そのような問題が起こらないためです。

また、AGAクリニックではザガーロを取り扱い、泌尿器科ではアボルブを取り扱うことが決められています。

フィナステリドとディタステリドの効果の違い

ミノキシジル

ミノキシジルは「血流促進」「毛母細胞の活性」「育毛・脱毛抑制」により発毛を促す効果があります。

・血流促進:頭皮の血管が拡張されて髪の毛の栄養や老廃物が運搬されやすくなる

・毛母細胞の活性:髪の毛を作る「毛母細胞」を活性化させて髪の毛を増やす

・育毛・脱毛抑制:髪の毛を作る「毛母細胞」の死滅を防ぐ

ミノキシジル配合のAGA治療薬には、内服薬のタブレット型と外用薬のローションタイプがあり、内服薬の方が発毛効果は高いとされています。

しかし、副作用のリスクから内服薬の国内承認は出ていません。

服用する場合はリスクを理解し、専門医による管理の元で行うようにしましょう。

外用薬は内服薬に比べて安全性が高く、国内で承認されています。

ミノキシジルの効果をいつから感じるかは個人差がありますが、少なくとも4~6ヶ月程度の継続服用が必要だと言われています。

ミノキシジル(外用薬)の継続使用による高い発毛効果は日本人男性を対象にした研究でも示されています。

ミノキシジル

5α-リダクターゼⅠ型とⅡ型との違い

・5α-リダクターゼⅠ型  

ほぼ全身の毛の毛乳頭に存在します。頭の場合は側頭部や後頭部等に存在し、女性の薄毛に多いです。

・5α-リダクターゼII型

頭皮・脇・髭・陰部等の毛乳頭に存在します。頭の場合は前頭部や頭頂部に存在し、男性の薄毛(AGA)に多いです。

5α-リダクターゼⅠ型とⅡ型との違い

ヘアサイクル(毛周期)の仕組み

ヘアサイクルは毛周期とも呼ばれ、発毛と脱毛を繰り返しています。

通常は2〜6年の周期で生え変わりますが、ヘアサイクルが乱れると周期が早まり、100日前後で抜けるようになります。

ヘアサイクルが乱れる原因は、ストレスや生活習慣、季節などさまざまです。

ヘアサイクルの乱れは薄毛を招く可能性があります。

そのため、ヘアサイクルの乱れの原因を明らかにして原因を取り除くことが薄毛の予防・改善につながります。

ここからは、正常なヘアサイクルと乱れたヘアサイクル、それぞれの生え変わりの流れについて見ていきましょう。

毛周期

正常なヘアサイクル

正常なヘアサイクルは、次の周期で発毛と脱毛を繰り返しています。

・成長期(早期)
・成長期(中期)
・成長期(後期)
・退行期
・休止期

髪の毛は、早期〜後期の成長期を経て退行期を迎えます。退行期は毛乳頭の活動が弱くなり、毛球部が徐々に小さくなる時期です。

やがて休止期を迎えて髪の毛の成長は止まり、脱毛して新たな髪の毛が生え変わります。

正常なヘアサイクルで休止期を終えた髪の毛は、ブラッシングやシャンプー時の軽い力で抜け落ちます。

日頃、ブラッシングなどで多少の髪の毛が抜けるのは自然な現象です。

正常なヘアサイクル

乱れたヘアサイクル

乱れたヘアサイクルは、次の周期で発毛と脱毛を繰り返します。

・成長期(早期)
・成長期(中期)
・退行期
・休止期

ヘアサイクルが乱れていると、後期成長期を迎えず、中期成長期からすぐに退行期へと移行。

髪の毛が十分に成長できず、100日前後の周期で抜けてしまうため、一本一本が細く柔かくなっていきます。

ヘアサイクルの乱れは薄毛を引き起こす可能性があります。

薄毛を改善・予防するためには、ヘアサイクルを正常に戻すことが重要です。

なお、「AGA」はヘアサイクルが乱れることによって抜け毛が進行する脱毛症の1つです。

乱れたヘアサイクル

ヘアサイクルが乱れると短く細い抜け毛が増える

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛が健康的に成長できません。

そのため、短く細い抜け毛が増えるようになったら薄毛のサインかもしれません。

薄毛が気になる方は、抜けた髪の毛の状態を確認しましょう。

抜け毛が短く細い、あるいは全体的に白っぽい場合は、ヘアサイクルが乱れているかもしれません。

また、通常髪の毛は1日あたり50〜100本ほど抜けます。

多少の抜け毛は自然なことなので心配する必要はありませんが、1日の抜け毛の量があきらかに多い場合もヘアサイクルが乱れている可能性があります。

毛の種類

ヘアサイクルの乱れを整えて正常に戻す方法

ヘアサイクルの乱れを整えて、正常に戻す方法には次の5つがあります。

・ストレスをうまく解消する

・栄養バランスの整った食事を心がける

・十分な睡眠をとる

・丁寧にシャンプーする

・発毛剤を使用する

正常なヘアサイクルに戻す

ヘアサイクルが乱れた状態が続くと、抜け毛が増えて薄毛の進行が進んでいきますので、早期に改善及び治療を行っていきましょう。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

フィナステリドとミノキシジルの効果の違い

フィナステリドとミノキシジルはどちらも薄毛の有効成分ですが、それぞれ効果が 異なります。

フィナステリドは抜け毛防止の効果があることから「守りの薬」、 ミノキシジルは育毛、発毛の効果があることから「攻めの薬」といわれます。

フィナステリドとミノキシジルの違い

フィナステリド

フィナステリド

フィナステリドはAGAの根本原因であるジヒドロテストステロンというホルモンの発生を抑える効果があります。

髪の毛は生成してから抜けていくまで通常2〜6年なのですが、ジヒドロテストステロンによって数ヶ月〜1年となってしまいます。

ジヒドロテストステロンの発生を抑えることで髪の毛の寿命が伸び、結果的に抜け毛が減ることになります。

そのため、フィナステリドは抜け毛防止の効果があるのです。

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させ、頭皮に栄養を送り込みやすくする効果があります。

また、最近の研究ではAGAが原因で小さくなった毛包の中の毛母細胞を活性化することで、育毛・発毛を促進する因子を増加させる効果もあることが分かりました。

このように、頭皮の血管を拡張や毛母細胞を活性化といったことから育毛・発毛の効果があります。

フィナステリドとミノキシジルのの費用

フィナステリドを含む治療薬

・プロペシア

費用:8,000円~10,000円/月

・フィナステリド 

費用:3,800円~5,000円/月

ミノキシジルを含む治療薬

 ・ミノキシジルタブレット(ミノタブ) 

費用:8,000円~10,000円/月

・ミノキシジル外用薬 

費用:5000円〜20,000円/月

フィナステリドを含む治療薬はほとんどが内服薬(ミノタブ)です。

代表的な治療薬としてプロペシアがあります。

また、これのジェネリック製品にあたるのがフィナステリド治療薬です。

一方、ミノキシジルには外用薬が一般的ですが内服薬(ミノタブ)もあります。

ミノキシジルの外用薬はドラックストアなどにおいている「発毛剤」です。

ただし、ドラックストアではなくAGAクリニックなどで処方または、個人輸入をすることにより、高い効果の期待できる外用薬もあり、商品のミノキシジルの含有率やメーカーによって費用にばらつきがあります。

また、ミノキシジルの内服薬(ミノタブ)は、外用薬より効果が高いとされています。

これらフィナステリドやミノキシジルの治療薬で治療していく場合には、「フィナステリドのみ」もしくは「フィナステリドとミノキシジルを併用する」といった方法になってくるため、予算や薄毛の進行状況に応じて、どちらかを決めていく必要があります。

フィナステリドとミノキシジルの副作用

フィナステリドの副作用

・性欲の減退

・勃起機能不全

・射精障害

・精液量の減少

ミノキシジルの副作用

・初期脱毛(外用薬)

・頭皮のかゆみ、アレルギー反応(外用薬)

・初期脱毛(内服薬)

・肝臓への影響(内服薬)

・多毛症(内服薬)

上記などの副作用として報告されています。

フィナステリドは男性器への副作用、ミノキシジルは血管や血圧への副作用が一般的にいわれています。

そのため、フィナステリドは男性胎児や思春期前の男子の外性器の発育に大きな影響を与えることを懸念してフィナステリドの適応は20歳以上の男性に限られており、妊婦または妊娠している可能性のある女性、授乳婦への投与は禁忌となっています。

ただし、フィナステリドによって性欲の減退、勃起機能不全、射精障害、精液量の減少などが認められたものはなく、ほとんどの症例で投与を中止することなく症状が消失しているようです。

ミノキシジルの場合は、血管や血圧に副作用が起きやすいものの、内服薬(ミノタブ)と外用薬で副作用の症状が異なるところがあります。

外用薬においては「頭皮の痒み」が一番多い副作用です。

ミノキシジルは血管拡張作用により頭皮や髪の毛に栄養を送り込むため、頭皮の血流が増加することで「痒み」を誘発するのです(温泉などに浸かった後に温まった手足に痒みを感じるアレと同じ)。

また、適正量を超えて過剰に使用することで、頭皮に吸収されずに残存した薬剤が原因で「痒み」を引き起こす場合もあるので、使い過ぎには注意が必要です。

内服薬(ミノタブ)に関しては、外用薬より細胞への浸透が良いため、副作用の出現の可能性は若干上がります。

よく起こる症状としては、最初の1~2ヵ月は初期脱毛がよくみられますが3ヶ月目からは発毛の効果を実感する方がほとんどです。

また、髪の毛以外の毛も生えてくるといった多毛症も副作用としてよく見られる症状です。

このように治療薬である以上、副作用のリスクはあります。

とはいえ、副作用の可能性は小さくあくまでも可能性の問題なので、全くもって副作用が出ない方が大多数です。

フィナステリドとミノキシジルの入手方法

フィナステリド、ミノキシジルはAGAクリニックで処方してもらうことが可能です。

フィナステリドは病院やAGAクリニックなどでしか入手が難しいのですが、ミノキシジルの外用薬はドラッグストアや通販で簡単に入手することができます。

ただし、AGAクリニックで処方されるものより、ミノキシジルの含有率が少なく効果も期待できません。

このようにミノキシジルの外用薬は効き目がいまいちといったデメリットはあるものの簡単にできるといったメリットがあります。

一方、ミノキシジルの内服薬(ミノタブ)は基本的にフィナステリドと同じく、病院やAGAクリニック、などでしか入手できません。

ただし、個人輸入で海外から取り寄せることで入手は可能です。

フィナステリドとミノキシジルどちらがいいのか

フィナステリドとミノキシジルでは、それぞれ効果が異なるため、どちらがいいということはありません。

ただし、AGA治療を始めるのであればフィナステリドの服用は必須となります。
その上で、ミノキシジルを併用するかを検討するようにしてください。

フィナステリドは抜け毛予防の効果があるため、いわばこれ以上薄毛を進行させない現状維持のための治療薬で、AGAの根本原因でもあるジヒドロテストロンの生成を抑えます。

一方、ミノキシジルは発毛や育毛を促進させる薄毛改善の治療薬です。

このように、フィナステリドで現状維持を保ちながら、ミノキシジルで改善を促していくことが重要になってきます。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

ミノタブは髪が生えすぎる

薄毛が気になる方や、AGA治療を行っているにも関わらず効果が実感できてない方は、ミノタブに関心を持たれると思います。

今回は、ミノタブの作用や外用薬との具体的な違い、ミノキシジルタブレットにある副作用のリスクなどを解説します。

発毛

ミノタブは髪が生えすぎる

ミノタブは、ミノキシジルの外用薬と比較すると、高い発毛効果があります。

外用薬が、頭皮の表面に作用して毛細血管を拡張させる一方、ミノタブは体の内側から作用し、毛細血管の根幹にある細動脈を拡張させます。

細動脈は、抵抗血管とも呼ばれ、血圧の恒常性を保つため普段は収縮している状態です。

しかし、ミノタブの作用によって、拡張されると毛細血管の血流も大幅に増加します。

ミノタブが、外用薬よりも髪が生えすぎると感じる理由は、強い血行促進作用によるものです。

ただし、ミノタブには強い効果がある反面、非常に可能性は低いですが副作用が発症するリスクもあります。

また、ミノキシジルタブレットは国内未承認薬であるため、薬の副作用による健康被害に対して年金や医療費の給付が受けられる医薬品副作用被害救済制度の対象になりません。

ミノキシジル内服薬と外用薬の違い

ミノタブの効果

・血管を広げて血流を改善する

・毛乳頭の細胞分裂を活発にする

ミノキシジルタブレットには、血管拡張による血流の改善から発毛を促す作用があります。

髪の毛が生えるメカニズムを交えつつ、ミノキシジルタブレットの発毛効果を解説します。

血管を広げて血流を改善するミノキシジルは、血管を拡張させ毛細血管がほとんどを占める頭皮に十分な血流を行き渡らせ、髪に必要な酸素や栄養が運ばれるのを手助けする成分です。

特に、ミノキタブはミノキシジルの経口摂取により成分を直接体内に取り込めるため、外用薬に比べて効果が顕著にあらわれやすいです。

ミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として開発されていましたが、服用者に発毛・多毛の副作用が認められ、発毛剤としての研究が進められました。

ミノキシジルの発毛効果が正式に認められ1985年にFDAから認可されて以来、世界各国でミノキシジルを有効成分とした発毛薬が広く用いられています。

毛乳頭の細胞分裂を活発にするミノキシジルタブレットは、頭皮の血流を良くして毛根にある毛乳頭での細胞分裂を活性化し、発毛を促します。

髪の毛は、毛乳頭にある毛母細胞が、血流に運ばれる栄養や酸素を材料に分裂を繰り返して、毛根から押し出されるように形成されます。

そのため、毛乳頭の、細胞分裂を活発にするミノキシジルタブレットは発毛に効果的です。

毛母細胞は、24時間常に増殖を繰り返しているため、多くの栄養と酸素が必要です。ミノキシジルタブレットから得られる、血流増加の効果は毛母細胞による毛髪の合成を促し、AGAにより乱れたヘアサイクルを整えます。

外用薬にも、血流改善による発毛効果がありますが、ミノキシジルタブレットの方が強い効果を得られます。

ミノキシジル効果

ミノキシジル外用薬からミノタブへ切り替えるタイミング

原則として、ミノキシジルによる治療は外用薬(通称「塗りミノ」)から始めます。

これは内服薬と比べて、外用薬の方が副作用のリスクを抑えられるためです。

ただし、外用薬で十分な治療効果を得られる人は限られます。

ミノキシジル外用薬を使用して4ヶ月が経過したら、ミノタブへの切り替えを検討してください。初期脱毛の期間を終えて、発毛効果を実感できるようになるのはミノタブを飲み始めて4ヶ月目以降が目安です。

4ヶ月経過しても初期脱毛の症状が現れない場合は、ミノタブへ切り替えましょう。

ミノタブの濃度

ミノタブは、一錠あたり2.5mg・5mg・10mgを含有したものが流通しています。

2.5mgでも効果を実感できる可能性は高いので、まずは2.5mgから飲み始めます。

効果や副作用・リスクを考慮して、5mg、10mgとミノキシジルの濃度を上げていくことをお勧めします。

ミノタブ濃度別

ミノタブの入手方法

ミノキシジル外用薬に比べると入手しづらい傾向にあります。

ミノタブの入手方法は、市販では購入することができないため、基本的には、個人輸入をして入手する方法が一般的になります。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

生え際がハゲてくるM字ハゲの理由と対策

生え際は、頭頂部よりもハゲが目につきやすいため、ハゲに気づきやすく薄毛が目立つ場所です。
では、生え際の薄毛トラブルはどうしたら改善できるかを見ていきます。 

生え際の薄毛の基準

f:id:participantlink:20190422180908g:plain

最近、前髪が決まらないなと思ったら、実は生え際がハゲて来た・・・なんてことはありませんか。
生え際は人それぞれなので、若い頃はそこまで気にならなかったという人も、いつの間にかハゲの仲間入りする方が多いです。
生え際ハゲとされる基準は生え際と頭頂線の長さが2cm以内だとAGAだと考えられます。
生え際が薄くなり、M字に後退することが多いです。
前髪のボリュームが減りまとまらない、ぺたんこになるなどの症状が表れてきます。

生え際が薄くなる理由

f:id:participantlink:20190422181002j:plain

まず、AGAが疑われます。
おでこや頭頂部など頭蓋骨が出っ張っている部分は、構造的に血流が滞りやすいと言われています。
加えて、長時間のデスクワークによる眼精疲労の蓄積がおでこの頭皮の筋肉をこわばらせ、さらに血流を悪くします。
すると髪の毛が生え変わるサイクルが乱れ、薄毛が進んでしまいます。
薄毛はヘアサイクルの乱れによって起こります。
現在のところ、以下の4つが大きく影響していると考えられています。

血行不良

血流が悪くなることで毛球の成長が鈍ったり、髪の毛を立たせる頭皮の筋肉が弱ったりして、抜けやすくなります。
髪の毛は、毛細血管から栄養を補給して成長するため、血流が悪くなると十分な栄養を得られなくなります。
血行不良になる原因はさまざまですが、そのうちのひとつに頭蓋骨による頭皮の圧迫があります。
人間の頭蓋骨は成人しても発達しますが、頭皮の成長は止まってしまいます。
すると成長を続ける頭蓋骨が頭皮を内側から圧迫し、頭皮がつっぱるように感じます。頭皮のつっぱりを感じたら血行不良の1つのサインです。

脂漏性皮膚炎

食生活が乱れたり、ストレスなどがたまると、毛穴に常在しているマセラチア菌が増殖し、毛穴から出てくる皮脂に含まれる成分を分解します。
その成分が、炎症の原因となる遊離脂肪酸(中性脂肪)となって肌を刺激します。
すると、皮膚のかゆみや赤みなどが起こります。
炎症が進んだ状態を放置すると、炎症は毛穴の奥まで進んでしまい、毛穴がダメージを受け、抜け毛の原因となります。

男性ホルモン由来物質

男性ホルモンのテストステロンが代謝によりジヒドロテストステロンという物質に変わると、ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、ヘアサイクルの成長期が短くなります。
成長期が短いと、細く短い毛しか生えなくなります。さらに、抜け毛も進行し、薄毛の状態となります。
毛乳頭細胞の受容体の感度が低い人はヘアサイクルの変化がなく、感度が高い人はヘアサイクルに変化が出ます。受容体の感度は体質の違いや遺伝によるものだと言われています。

紫外線

長時間紫外線に当たると、髪の毛の中に含まれる水分が失われ、強度が低下して切れやすくなります。
髪の毛は、自己修復能力をもっていないため、一度受けたダメージはそのまま残ってしまい、毛量の減少につながります。
薄毛になる理由は、これらの要因が複数影響していると言われています。

AGAとは

f:id:participantlink:20190422181150p:plain

AGAとは、AndroGenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」を意味します。
成人男性に発症する進行性の脱毛症のことをいい、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に細くなっていき、最終的には脱毛してしまうことで額が後退し頭頂部の地肌が見えるようになることが典型的な症状です。
AGAが原因の薄毛の場合、症状は進行性のため、一旦発症してしまうと効果的なケアをしない限り症状は進行し、薄毛が目立つようになっていきます。

生活習慣の悪化

f:id:participantlink:20190422181239g:plain

偏った食生活や、過度の飲酒・喫煙、ストレスによる自律神経の乱れ、不眠などの生活習慣の乱れは、栄養不足と血行不良で薄毛となります。
また、サプリなどで栄養だけを補ったとしても、血行不良では上手く頭皮や髪にまで栄養が届けることができません。

頭皮環境の悪化

f:id:participantlink:20190422181326j:plain

頭皮環境の改善への大きなポイントは、皮脂のコントロールです。
皮脂が多い原因として見直さなければならない生活習慣は2つ。食事とシャンプーの仕方です。
昨日の脂っこい食事の脂肪が直接、皮脂として分泌されるわけではありません。
しかし、脂質や糖質は体内で中性脂肪に変換されます。
偏った栄養状態の食事が続くことで、皮脂腺の働きが活発になり、頭皮の皮脂分泌は増えてしまうのです。
ビタミンや食物繊維が多い食事を摂るように気をつけ、余分な糖分・脂質を減らすように心がけることが大切です。
1ヶ月もすると、皮脂の分泌量が変わったことに気がつくはずです。
また、シャンプーの仕方にも注意が必要です。
皮脂の分泌が増えると、しっかりと落とそうと必死にゴシゴシと髪を洗うのは逆効果です。
皮脂は皮膚を守るために分泌されるものです。
皮脂が多いということは頭皮の環境が悪くなっているという証拠でもあるのです。
シャンプーの仕方が悪いと、頭皮を傷つけて頭皮環境を悪化させ、かえって皮脂の分泌を増やしてしまいます。
正しいシャンプーの仕方は、あくまでも優しく、頭皮を洗うことです。

生え際ハゲに効く食べ物

f:id:participantlink:20190422181400j:plain

生え際ハゲを食べ物から考えた場合、カリウム過多が考えられます。
カリウム過多は細胞をゆるめ、毛穴が開き、額の抜け毛に繋がるからです。
カリウムの多い甘いものやアルコールを控え、毛穴を締めるようにしましょう。
合わせて、ひじきや昆布などの海藻類や、梅干しなどもとりましょう。
薄毛対策には、体の血流が大切です。
血液の質をよくする玄米や海藻、ごまなどでビタミンやミネラルを取り入れることもおすすめです。
少しでも早く普段の生活を見直し、食習慣を改善するとよいでしょう。

 

※ハゲを最短(3ケ月)で生やすなら、下記2点の治療薬のみでOK!

(本当にハゲ頭から髪が生えてくるので、ハゲで悩んでるならすぐに実践すべき)

下記2点の守り(ディタステリド)と攻め(ミノキシジル)の治療薬を併用することが髪を生やすポイントとなる。 

因みに、守りの治療薬は、フィナステリド(プロペシア等)もあるが、ディタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果がある。

 

1、守りの治療薬のアボダード(服用最強のディタステリド)

oneclck.net

2、攻めの治療薬のフォリックスFR15(最強のミノキシジル15%)

oneclck.net

クリームタイプのフォリックスFR16という商品もあるが、

ローションタイプのフォリックスFR15のほうが断然オススメ!

 

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

生え際を早期に生やすにはミノタブが効果的

自分の顔は毎日鏡で見ているので、ちょっとした変化には気づきづらいです。

生え際の後退にはできるだけ早い対処が重要ですので、生え際の変化にいち早く気づくことが必要なのです。

生え際を早期に生やすにはミノタブが効果的になります。

f:id:participantlink:20200105184101j:plain

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)について

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)とは、ミノキシジルという成分を含んだ内服薬です。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血圧を下げる効果があるため、ミノタブはもともと高血圧の治療薬として開発されました。

しかし、その後ミノキシジルには発毛効果があることがわかったため、現在はAGA治療薬として使われています。

ミノキシジル

ミノキシジルの外用薬は、市販で購入できますが、内服薬であるミノタブは、通常は手に入りませんので、下記2通で入手する必要があります。

①クリニックで処方してもらう
②個人輸入(ネットで購入)する

ミノキシジルが作用するメカニズム

ミノキシジルは直接頭皮に塗るタイプのAGA治療薬です。

髪の毛の元となる毛包内の毛母細胞に直接働きかけ、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進します。ヘアサイクルの休止期に入っている毛母細胞を活性化させて新しい髪の毛の生育をサポートします。

また、成長期の毛母細胞に働きかけて髪の毛の成長を促す効果もあります。

ミノキシジルは、毛母細胞に対するこの2つのアプローチにより、「新しい髪の毛の生育」と「細く柔らかい髪の毛にハリとコシをもたらす」という効果を発揮するのです。

さらに、ミノキシジルは本来高血圧治療薬として開発された薬ですので、血管を広がる作用も持ちます。

健康的な髪の毛の生育には毛母細胞への十分な栄養と酸素が必須ですので、ミノキシジルはまさに髪の毛の生育に適した環境を作り出してくれるのです。

ヘアサイクル

ミノキシジルの効果が実感できるのまでには少なくとも4~6か月は継続して使用する必要があります。

一般的には1年間は様子を見ることが必要です。

使用を開始してすぐに効果が現れないからと、使用を中止せず、効果が現れるのを待つようにしましょう。

ミノキシジル内服薬と外用薬効果の違い

ミノキシジルの内服薬は外用薬より強い発毛効果があります。

理由としては、内服することで体内から直接ミノキシジルが働き、有効成分の吸収率が高くなるからです。

外用薬は頭皮に直接添付するため、皮膚や皮脂などによって吸収を阻害されてしまうので、吸収効率がどうしても落ちてしまいます。

その分、内服薬はミノキシジルの効果を最大限に活かすことができます。

併用

ミノタブとプロペシアとの併用

次に、プロペシアについてです。

プロペシアは、厚生労働省に許可を受けているAGA治療薬です。

そもそもプロペシアとは商品名であり、有効成分としてフィナステリドが含まれており、脱毛を防ぐ効果があります。

プロペシアに含まれるフィナステリドを体内に取り入れることで、ヘアサイクルの乱れを抑えることができ、結果的に抜け毛を防ぐのです。

ミノタブとプロペシアは、AGA治療において併用されることがとても多い組み合わせです。

そもそもミノタブとプロペシアでは働きが違います。

そこでミノタブとプロペシアの違いについて説明します。

つまり2つの違いを簡単にまとめると、ミノタブが発毛を促進するのに対し、プロペシアは抜け毛を防ぐことができるのです。

そのため両者を併用することで、薄毛治療において高い効果を得ることができます。

一般的なAGA治療は、この脱毛を抑制するプロペシアと発毛を促すミノキシジルを併用した治療法です。

併用

ミノタブを服用するタイミング

ミノタブを服用する時間によって効果に差があるとは言われていないので、特にありません。

ですが、AGA治療は継続が大事ですので、服用の習慣をつけるために自分で食後や寝る前など決めた時間に服用することを推奨します。

ミノタブの服用量について

ミノタブの量ですが、効果の効きやすさには個人差があるので一概には言えませんが、5mgから始めるのが望ましいです。

ミノキシジルを多く服用した方が、効果が得られるという証拠はありません。

むしろ、副作用のリスクが高まる恐れがあるので、1日に5mg以上服用することは控えてください。

ミノタブは飲み続ける必要があるか

ミノタブを服用している間は発毛効果が出ますが、服用をやめると再び脱毛が始まってしまいます。

そのため、ミノタブは基本的に飲み続ける必要があります。

※髪を生やす方法を公開中↓f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

発毛剤のザガーロとプロペシアのどう違い

プロペシアと同様にAGA(男性型脱毛症)治療薬として新たに注目を集めている新薬が、ザガーロです。

ザガーロの主成分「デュタステリド」は、男性特有の病気であるBPH(前立腺肥大症)の治療薬としても効果を発揮する薬です。

BPH(前立腺肥大症)の治療薬としては、「アボルブ」という名前になり、泌尿器科などで処方されています。

AGA(男性型脱毛症)治療薬のザガーロは、元々は5α-還元酵素阻害薬(5αリダクターゼ)としてBPH(前立腺肥大症)の治療用に研究・開発されていました。

日本ではアボルブカプセル錠が2009年に承認されました。

5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える効果がある薬です。

DHT(ジヒドロテストステロン) の生成を抑制することは、AGA(男性型脱毛症)にも効果が期待できると考え更に研究が進み、その結果としAGA(男性型脱毛症) 治療薬のザガーロが誕生し、2015年9月に承認されています。

今回はザガーロとプロペシアの違いについてみていきます。

 

f:id:participantlink:20190509222201j:plain

 

 

AGA(男性型脱毛症)の治療薬ザガーロ 

f:id:participantlink:20190509222251j:plain


ザガーロは、「男性におけるAGA(男性型脱毛症)」を適応症として承認され、ザガーロカプセル0.1mgとザガーロカプセル0.5mgの2種類が承認されています。

ザガーロは1日に1回1錠を服用し、半年以上の長期間服用し続ける必要がある薬です。

基本は0.1mgを服用しますが、必要に応じて0.5mgを服用していきます。

半年間服用し続けた結果、男性型脱毛症の原因となる抜け毛に大きく関与している頭皮のDHT(ジヒドロテストステロン) の濃度が40~52%減少したデータがあります。

頭皮のジヒドロテストステロンの濃度が下がると、男性ホルモンによる強制的な抜け毛がなくなり、強くて太い本来の健康的な髪の毛が増えていきます。

5α-還元酵素阻害薬のザガーロ

f:id:participantlink:20190509222336p:plain


プロペシアもザガーロも、1日1回1錠ずつ服用します。

どちらの薬も5α-還元酵素阻害薬で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎます。

プロペシアやザガーロを服用していくと、ヘアサイクルを正常に戻す事ができます。

 

f:id:participantlink:20190509222417j:plain


薬の効果で大きく違う点に、プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬であることに対して、ザガーロのデュタステリドは1型・2型両方共阻害します。

5α-還元酵素の1型と2型の比較

f:id:participantlink:20190509222446p:plain

5α-還元酵素1型

主に皮脂腺部分に多く存在する

5α-還元酵素2型

主に毛乳頭部分に多く存在する

 

この5α-還元酵素は人によって多い・少ないがあり、5α-還元酵素の活性を持つ遺伝子は優性遺伝することも分かっています。

これらの要因により、親が薄毛の場合、子どもも薄毛になりやすくなるのではと推測されています。

AGA(男性型脱毛症)の治療においては、毛髪に直結した部位に注目が集まりますが、上記の部位以外にも5α-還元酵素は、精巣や前立腺にも存在しています。

前立線の5α-還元酵素を阻害する結果、前立腺の肥大化を抑える効果が生まれてきます。

プロペシアとザガーロの副作用

 

f:id:participantlink:20190509222533p:plain


プロペシアとザガーロの主な副作用は、どちらもED(勃起不全)や性欲減退など、男性器に関連した症状が主な副作用となり、似たような症状となっています。

男性ホルモンは主に睾丸で生成されます。

この生成自体を抑える抗アンドロゲン剤と異なり、5α-還元酵素阻害薬は生成される男性ホルモン量は変わりませんが、より強力にパワーアップ(ジヒドロテストステロンに変換)されるのを防ぎます。

成長期の男児にDHT(ジヒドロテストステロン) が不足してしまうと、男性が男性らしい体つきに成長する事に大きく影響している男性ホルモンの力が弱まるため、生殖機能の成長に大きな悪影響が出ます。

そのため、成長期の子どもがザガーロなどの5α-還元酵素阻害薬を誤飲してしまうと、大きな問題になってしまいます。

プロペシアとザガーロの比較

 

f:id:participantlink:20190509222618p:plain

 

プロペシアの主成分フィナステリドは、5α-還元酵素2型の阻害薬として、AGA(男性型脱毛症)の治療で使われています。

ザガーロは1型と2型両方の5α-還元酵素を阻害します。

AGA(男性型脱毛症)治療においては、5α-還元酵素2型を主に阻害することで、頭頂部の抜け毛予防につながります。

特化型のプロペシアに対して万能型のザガーロとなり、どちらの薬もAGA(男性型脱毛症)治療においては効果的となっています。

ザガーロの主成分デュタステリドは、もともとはBPH(前立腺肥大症)の治療薬として開発されていた経緯もあって、AGA(男性型脱毛症)治療だけでなく、BPH(前立腺肥大症)の治療にも使わている点が大きく異なっています。

BPH(前立腺肥大症)の治療においては、前立腺で男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン) へと変換されることを防ぐため、50代で30%、60代で60%とも言われる男性なら極めて高確率で罹患するBPH(前立腺肥大症)のものを治療し、前立腺の肥大化を防ぐだけでなく長期間の服用で徐々に小さくしてくれます。

デュタステリドのBPH(前立腺肥大症)への効果

f:id:participantlink:20190509222655p:plain

ザガーロの主成分デュタステリドには、加齢とともに肥大化していく前立腺を縮める効果があります。

同じ5α還元酵素阻害薬のプロペシアにも同じ様な効果があるのではと言われていますが、2018年の時点では厚生労働省に適応症として認められていません。

日本泌尿器科学会においても、プロペシアの主成分フィナステリドを処方する場合は、適応症外のため保険適用外となっています。

デュタステリドは、中度~重度のBPH(前立腺肥大症)患者に、強く処方を勧められる薬となります。

この適応症の差が、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)の大きな違いと言えます。

ちなみにデュタステリドがBPH(前立腺肥大症)の治療薬として処方される場合は、日本国内では「アボルブ」という名前で販売されています。アメリカやイギリスなど欧米では「アボダート」という名前で流通しており、どちらも同じ薬です。

アボルブや欧米版のアボダートも、ザガーロと同じ1錠にデュタステリドが0.5mgもしくは0.1mg分が含まれているため、AGA(男性型脱毛症)治療でザガーロを服用している方は、長期間服用し続けていけば、将来的な前立腺肥大症のリスクも同時に軽減することができるのです。そのため、40代以降でAGA(男性型脱毛症)治療を検討している方は、長期間の服用で前立腺肥大症のリスクも軽減できるため、ザガーロの方がオススメと言えます。

また既に前立腺肥大化の治療でアボルブを服用している方は、AGA(男性型脱毛症)治療の効果も期待できるのです。

フィナステリドの可能性 

プロペシアの主成分フィナステリドは、BPH(前立腺肥大症)への治療効果について明確な研究結果が示されてはいないため、現時点では何とも言えないのが実情です。

しかし、ザガーロと同じ5α還元酵素阻害薬であることに変わりらはないため、薬を服用していない方よりは、少なからずの好影響を与えているのではと推測できます。

事実、海外ではBPH(前立腺肥大症)の治療薬としてプロペシアの主成分フィナステリドが承認されている国もあります。

プロペシアをBPH(前立腺肥大症)の治療目的で服用するのは、日本国内では適切な治療方法ではありませんが、AGA(男性型脱毛症) 治療目的で服用している方には、BPH(前立腺肥大症)への好影響も同時に受けれることができ、一石二鳥となります。

ザガーロとプロペシアの比較

f:id:participantlink:20190509222732j:plainプロペシアはAGA(男性型脱毛症) 治療でのみ承認されている

ザガーロはAGA(男性型脱毛症) 治療薬とBPH(前立腺肥大症)の治療薬としての効果も承認されている

アボダート 

oneclck.net

日本国内では、主成分デュタステリドの薬が、ザガーロにアボルブと2種類ありますが、海外ではアボダートのみです。どれも名前が異なるだけで、同じ薬です。

事実韓国では、AGA(男性型脱毛症)治療薬アボダート(AVODART)として日本よりも早く2009年に承認されています。

イギリスやアメリカでは、BPH(前立腺肥大症)に関した治療でのみ承認されています。

つまり、ザガーロもアボルブも名前が異なるためややこしいですが、日本国内においては保険適用の有無くらいしか違いがなく、同じ薬という認識で問題ありません。

アボダートをまとめ買いでお得 

ザガーロは医薬品の通販サイトではアボダート(アボルブ)という名称で販売されています。

この名称は、BPH(前立腺肥大症)の治療薬の名前ですが、主成分も含有量も全く同じとなるため、AGA(男性型脱毛症)治療薬ザガーロとして服用しても全く問題ありません。

医薬品の通販サイトで販売されているアボダートは、まとめ買いで安く購入できます。

プロペシアと同様に、ザガーロ(アボダート)も長期間の服用し続けないと、AGA(男性型脱毛症)治療にはつながりません。

本気でAGA(男性型脱毛症)治療を検討しているのであれば、まとめ買いによる購入が経済的です。

最低でも半年間は毎日継続して薬を服用していきましょう。

効果のあらわれ方もプロペシアと同様で、初期脱毛によって髪の毛の育毛サイクルを一度リセットさせてから、新たな活力を秘めた力強い髪の毛へと生え変わっていきます。

アボダートの個人輸入 

f:id:participantlink:20190509222825g:plain

ザガーロは日本国内では処方箋薬のため、医師の診察を受けないと購入できません。

しかし、ザガーロと同成分のアボダートであれば医薬品の通販サイトの利用で、手軽に安価でネットから注文できます。

個人輸入は一見難しそうに感じられますが、個人輸入代行サイトのオオサカ堂を利用すればとても簡単にフィンペシアを購入できます。

個人輸入代行サイトは購入者と薬の販売元を結んでくれる存在です。

言語の壁や複雑な手続きを取り払ってくれるため、一般的な通販と同じ感覚で欲しい商品を選ぶだけで購入可能です。

1、買い物カゴへ入れる
2、購入画面へ
3、フルネーム・住所・電話番号・性別などを入力
4、購入決定し、支払い方法を選択
5、決済したら発送通知を待つ
6、商品が自宅に届く

このようにごくシンプルな手順で購入可能です。
ひとつ気をつけておきたいのが、商品は海外から発送されるということです。
手元に届くまでに約5~10日 かかるので、薬の服用ペースを確かめたうえでゆとりを持って注文する必要があります。

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

ザガーロ(ディタステリド)の効果

ザガーロとはイギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)が開発したデュタステリドを有効成分とする男性型脱毛症(AGA)治療薬です。

日本では、2015年9月28日に厚労省から製造販売承認を受け、2016年6月13日に発売開始されました。

ザガーロとプロペシアの違いを比較フィナステリドを有効成分とするプロペシアに次ぐ第二のAGA治療薬として注目され、AGAの原因物質であるDHTの生成に必要な5α還元酵素のⅡ型しか阻害しないプロペシア(フィナステリド)に対してザガーロ(デュタステリド)はⅠ型とⅡ型の両方を阻害することで、よりDHTの生成の抑制が強く、治験で増毛本数が1.5倍という結果があることから効果の期待度の高さでも注目されています。

ザガーロは、プロペシアより作用する範囲が広いという特徴があるため、プロペシアを使用した際にあまり効果が得られなかった場合に推奨される薬です。

ザガーロ

ザガーロの効果

ザガーロの効果は、プロペシアと非常に似ています。AGA(男性の薄毛)発症の原因となるDHTを抑制し、脱毛を防ぎます。

さらに、薄毛の改善も認められているため、発毛効果も期待できるのです。

DHTは、テストロテンという男性ホルモンが、5α還元酵素によって変化したものです。5α還元酵素には、Ⅰ型とⅡ型があります。

ザガーロの主成分デュタステリドは、Ⅰ型とⅡ型の両方に対して効果があるため、より多くのAGAの原因に対し、改善が期待できます。

プロペシア効果

DHT

ザガーロ効果

ザガーロの効果と作用機序

AGAの原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)の産生を促す酵素Ⅰ型、Ⅱ型の両方に作用します。

一方でプロペシア(フィナステリド)はⅡ型のみに作用することから、ザガーロには効果の優位性があります。

販売元であるグラクソスミスクライン社は1日1回0.5mgカプセルの内服で従来の約1.5倍の発毛効果があると公表しています。

ザガーロの効果と作用機序

ザガーロは継続的な服用が必要

ザガーロは、飲み始めてすぐに効果が出る薬ではありません。

人によっては3ヵ月で効果が出る方もいますが、一般的には6ヵ月飲み続けて効果があらわれるものとされています。

そのため、飲み始めたばかりの方は、効果が出ていなくても心配する必要はありません。

また、デュタステリドは服用間隔を24時間空ける必要があるため、毎日同じ時間に服用する習慣を作りましょう。

スマートフォンのアラームを設定したり、リマインドアプリを使ったりして、決まった時間に服用することで、飲み忘れることなく継続的に服用できます。

さらに、ピルケースやお薬カレンダーなどを使用して、デュタステリドの服用状況を見える化することもおすすめです。

そのまま管理するよりも、服用したかどうかを判断しやすくなるので、飲み忘れや過剰服薬を簡単に防げます。

服用タイミングと残数のどちらも管理して、正しい方法で継続的に服用しましょう。

ザガーロとプロペシアとの違い

プロペシアは、フィナステリドを主成分とするAGA治療薬です。

ザガーロと似たはたらきがあるお薬ですが、プロペシアは5α還元酵素Ⅱ型には効果がありますが、Ⅰ型には効果がありません。

そのため、Ⅰ型が原因でAGAとなってしまっている方は、効果が期待できないのです。

また、ザガーロは育毛効果があると認めらていますが、プロペシアは、脱毛抑制効果にとどまります。

ただし、ザガーロのほうが効果も高く、新しい薬であるため、薄毛の治療費用は割高になってしまいます。

さらに、効果が高い分、プロペシアより副作用が発現しやすい点にも注意が必要です。

ザガーロとプロペシアの違い

ザガーロは発毛効果を期待できない

ザガーロは、薄毛の進行を抑制するという守りの効果が高い薬です。

抜け毛を防ぐ効果はありますが、発毛効果は期待できません。

ザガーロの役割は、薄毛の進行を予防して現在の毛髪を維持することにあります。

発毛効果を高めて毛髪を復活させたい方は、攻めのミノキシジルも併用すると効果を実感しやすいです。

ミノキシジル配合外用液は毛母細胞を活性化し、発毛への効果があり、頭皮の血管を拡張して血流を良くし、毛乳頭への栄養補給を助けることで、発毛を促進する治療薬です。

攻めと守り

ザガーロとミノキシジルとの併用で効果倍増

AGA治療薬の有名な成分に、ミノキシジルも挙げられます。

外用薬や内服薬、メソセラピーで利用されている成分で、発毛効果も期待されています。

ザガーロもミノキシジルも、AGAに効果があるお薬であることは変わりませんが、それぞれ作用機序が異なります。

ザガーロは、脱毛の抑制がメインであるのに対し、ミノキシジルは発毛効果も期待できる成分です。

そのため、ザガーロとミノキシジルを併用し、抜け毛を防ぎながら発毛することで、相乗効果があるとされています。

また、単品で利用するよりも、効果を実感できるのも早いことが期待できます。

ミノキシジル

ザガーロの副作用

ザガーロは、正しく服用すれば重篤な副作用が起こりことはほとんどありませんが、可能性はゼロではありません。

起こりうる副作用として、次のようなものが挙げられます。

・勃起機能不全(ED)
・性欲減退
・発疹
・抑うつ気分
・腹痛

勃起機能不全や性欲減退が気になる方が多いかもしれませんが、これらの副作用が起こる確率は17%程度のみです。

心配しすぎてしまうと心因性のEDとなってしまう可能性もあるため、気にしすぎないようにしましょう。

ザガーロの金額

ザガーロの平均価格は1か月あたり約12,000円です。

ザガーロの飲み方

ザガーロは、1日1回、水やぬるま湯で服用します。

食事の影響をほとんど受けないため、服用するタイミングは食前でも食後でも構いません。

効果を最大限得るためには、24時間おきに服用することが推奨されているため、できれば毎日同じ時間に服用するように習慣づけましょう。

飲み忘れ防止にもつながります。

ザガーロを服用できない方

ザガーロは、次の方は服用ができません。

・含有成分にアレルギーをおもちの方
・未成年者の方
・女性
・重度の肝機能障害のある方

ザガーロは、女性は服用できません。

とくに妊娠している方や妊娠している可能性のある方、授乳中の方は注意が必要です。

胎児や乳児の生殖器官の発育に悪影響を及ぼす危険があります。

皮膚からも吸収されてしまうため、ご家庭に女性がいる場合は、触れないように管理に気をつけましょう。

FAGA(女性の薄毛)の治療には、ミノキシジルやメソセラピーなどを利用しましょう。

ザガーロと同成分のアボダート

アボダートとは、ザガーロと同じくデュタステリドを主成分としている医薬品で製造販売元もザガーロと同じく英国に本社を置くグラクソ・スミスクラインGSK(GlaxoSmithKline plc)です。

世界102カ国以上で前立腺肥大症(BPH)の治療薬として承認を受けていますが唯一、韓国でのみAGA治療薬としても承認されています。

GSKが製造した正規品のアボダートであれば商品名が違うだけでザガーロは中身は全く同じ薬ではあります。

よってデュタステリドを主成分とする医薬品でAGA治療の適応が認められているのは日本(ザガーロ)と韓国(アボダート)の2カ国のみということになります。

日本国内では2009年に前立腺肥大症(BPH)の治療薬として発売されたものがデュタステリド0.5mg含有のアボルブ、2016年にAGA治療薬として発売されたのがデュタステリド0.1mgと0.5mgと含有量が2種類あるザガーロ、商品名と用途が違うだけで、どちらもデュタステリド0.5mg含有したものであれば中身は同一の医薬品です。

これを海外だとアボダートという製品名で発売しているだけなのです。

アボダートは個人輸入を行えばザガーロより安価で手に入れることができます。

hagelink.jp

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain

育毛・発毛ランキング
育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

※髪を生やす方法を公開中↓

f:id:participantlink:20190422175559p:plain


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村